2014/10/30    18:00

【現地ルポ】香港デモはアジアの民主主義を守るための戦い

北京政府によって民主主義が危機にさらされている香港では、9月末から学生らのデモ活動が続いている。10月上旬、政府庁舎付近のデモの現場を訪れた。

「君たちはヒーローぶってデモをやっているが、これは法律違反だ。スクールバスが止まって、私の子供も学校に行けずに困っている!」

香港の中心部・金鐘(アドミラリティ)の政府庁舎近く。香港に20年以上暮らしているという白人ビジネスマンがデモ隊のテント前で声を上げると、瞬く間に学生らの人垣ができ、議論は白熱した。

香港での民主化デモは、一晩に数万人が参加するまでに拡大した。しかし、幹線道路の占拠が長引き、バスの運行や商店の営業に支障が出ているとの不満も噴出。経済損失の賠償を求める動きすらある。
そうした中で、学生らは路上で寝泊まりするなどして平和的な訴えを続けており、支援の輪も確実に広がっている。

占拠された道路で、「宿題、タダで教えます」と書いた段ボールを置いて座っていた男性に声をかけた。彼は、香港在住の作家ジェイソン・ングさん(下写真)。「集まっている人々は、とても紳士的で穏やかです。食料を分け合うといった助け合いの精神には、素晴らしいものがあります」と話した。ングさんは、著作の講演で得たお金を、物資を必要とする学生のために寄付するという。
 

 

「北朝鮮式」の選挙を決めた共産党への嫌悪

「雨傘革命」と名付けられた今回の大規模デモの争点は、本当の意味で民主的な選挙が実現するかどうかだ。
香港は2017年の行政長官選で、有権者全員が参加する制度を導入する予定だった。だが北京政府は8月、「一人一票」の投票と引き換えに、親中派が占める「指名委員会」が選んだ人物しか立候補できない仕組みにすると発表し、骨抜きを図った。これに反発した学生らが、「真の民主主義の実現」を目指して、デモ活動を始めたのだ。

香港の街頭には、「北韓式普選を変えたい?」という横断幕が掲げられていた。党が選ぶ人物しか出馬できない北朝鮮の議会選と一緒だという皮肉だ。
 

「今日の香港は明日の台湾」

民主主義の実現を目指す学生らの運動は、海外メディアも連日大きく取り上げ、国際的な関心を集めた。海外からデモに参加している人も少なくない。

政府庁舎近くで出会ったスイス人男性のローマン・レイさんは、「このデモが国際的な運動だと示せたらと思っています。共産党支配が香港にまで及べば、学生たちが親になるころには、とても恐ろしい未来になってしまいます」と語った。

レイさんは路上で、「アンブレラ」という曲をギターで弾き、拍手を集めていた。隣で歌うのは、「中国本土に住んでいるが政府は嫌い」と言うアメリカ人女性のキャサリン・ケイスさん。民主主義を守るために立ち上がった香港の
若者を支援する人々が、各地から集まっているようだ。

香港との連帯感が芽生えているのが、3月に中国とのサービス協定に反対する学生運動が起きた台湾だ。中国の習近平・国家主席が9月、香港と同じ「一国二制度」で台湾を統一することを示唆したことで、現地では反発が広がった。香港をめぐる北京政府の動きに対して、台湾では「今日の香港は、明日の台湾」という危機感が生まれた。

親中派として中国本土との経済統合を加速させてきた台湾の馬英九総統も、香港のデモを支持する考えを表明。10月1日には首都・台北で、香港との連帯を訴える4千人の学生運動も開かれた。
 

民主的な中国実現へ日本人も支援を

香港政府は選挙制度の撤回を認めず、一方的な強制排除にも乗り出しており、デモが成功する可能性は低いと見られる(10月中旬時点)。だが今回の運動は、香港と台湾が連携して中国共産党への抵抗運動を展開する発火点となる可能性もあるだろう。

前出のングさんはこう述べる。

「もしこの運動が成功すれば、北京の体制が崩壊へ向かうでしょう。そうなったら、私の愛する香港という場所からそれが起きたことを、誇りにしたい」

軍備拡張を背景に東アジアをのみ込もうとする中国の覇権主義を放置すれば、香港や台湾だけでなく、日本を含む東アジア全体の民主主義が危機にさらされることになる。香港の学生は今回、東アジア地域の人々を代表して戦ってくれたと言える。

清朝を倒した辛亥革命では、主唱者として「三民主義」を掲げる孫文を支援した日本人が、影の立役者となった。アジアの平和を願う彼らの精神を受け継ぎ、現代の日本人も、民主的な中国の実現に向けて、支援の手を差し伸べるべきだ。そう強く感じた。

TOP NEWS

骨のある野党は現れるか?

2017/03/17  10:13

解散総選挙という「シャンシャンパーティー」

政治に情けは不要?

2017/03/17  09:53

「石原たたき」という小池都知事の政治センス

たとえ周回遅れでも本格議論を

2017/03/14  08:20

北朝鮮は日本にとっても”核問題”

北朝鮮にとっては絶好のチャンス

2017/03/13  11:21

大統領の弾劾は、韓国の「終わりの始まり」か?

「貿易戦争」も手段のひとつ

2017/03/11  08:30

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

世界の流れは変わった。

2017/03/10  10:22

ポスト安倍時代に始まる日本の「トランプ革命」

トランプ大統領ならどう答える?

2017/03/17  08:20

ブッシュ元大統領…UFO機密は墓場まで持っていく

ACCESS RANKING

3

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

6

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

7

「貿易戦争」も手段のひとつ

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

8

御用学者も心配ナノヨ、もっと権力強めなきゃ!

アジアインフラ投資銀行はやはり張り子の虎だった(爆笑)

10

考え得る最悪の事態とは

国交断絶に向かう日韓とその備え