2015/04/22    15:00

アジアインフラ投資銀行はやはり張り子の虎だった(爆笑)

中国の学者がAIIBに対してかなり正確な言及

中国が目指す欧米や日本が主導する世界銀行および国際通貨基金(IMF)に対抗するとの狙いは、最終的に全て無駄になる(笑

大紀元からです。

かなり面白いです。

米国サウスカロライナ大学の謝田教授はこのほど、中国共産党政権が主導する「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)について、中国語週刊誌「新紀元」(423期)に評論を寄稿した。

いいたいことは3つ

1、ドイツ、イギリスなどが入るということは、中国の思惑を、「透明性」という錦の御旗で破壊する可能性がある

2、AIIBの出資比率はGDPにより決められるが、そもそも中国のGDP自体が信用できないので、最初から揉めるだろう(爆)

3、AIIBには中国の否決権がないので、中国主導では簡単には動かない

1について具体的には下記のように記されています。

イギリス、ドイツ、フランスなどの西側諸国がAIIB加入時に中共に十分の面子を与えたが、銀行の構造、組織および運営など具体的な事項になると、欧州主要国の加入を後悔することになる。

なぜなら、アジアの数カ国だけが参加するなら、他の国より大部分の出資比率を持つ中共はAIIBを海外版の中国建設銀行のように、意のままに運営することができる。

しかし西側諸国が入ってくると、銀行内部の構造や運営ルールについて「ロバート議事規則」にしたがって進行するなど、理事会での議席、貸出の透明性、環境保護、人権などに関する条件を求めるからだ。

イギリス、フランス、ドイツやオーストラリアなど各国政府は環境保護の点では譲歩しない。あるいは譲歩する勇気がないと言ってもいい。各国の環境保護団体は、政府の行動を見逃さないからだ。

なるほど。

2つめは

2、AIIBの出資比率はGDPにより決められるが、そもそも中国のGDP自体が信用できないので、最初から揉めるだろう(爆)

詳しくはこちら。

『AIIB覚書き』では、創設メンバー国の国内総生産(GDP)に応じて出資比率が決められる。

ふんふん

その次にはインド、ドイツ、フランス、韓国、イギリス、イタリアなど。しかし、中国GDPの信ぴょう性について絶えず問われており、現在の中国首相でさえ中国GDPデータは信用できないと認めている。

この嘘に基づいた出資比率の決定だから、AIIBは創立当初からトラブルが起きそうだ。もし将来、中共の嘘が見破られた時、他の国々はどのように対処するだろうか。

勉強になります。あとで揉めるっちゅうことね。

3つめ

3、AIIBには中国の否決権がないので、中国主導では簡単には動かない

当初AIIBには否決権が中国にあったのですが、米国の盟友であるイギリスやフランス、ドイツを加入させるために中国の否決権(案件が嫌なら拒否するということね)を削ったということですね。

これがどれだけ大きな意味を持つかは私にはわかりませんが、下記のように記されています。

中共の目的はIMFでの発言権を強め、IMFのガバナンス構造を改革することにある。

それと同時に米国に対して、人民元の特別引き出し権(SDR)構成通貨としての採用を支持することと、中国企業が米国での投資条件や中国のハイテク技術の輸出規制を緩和するを求め、米国を強く意識したものだ。

しかし中共は自らAIIBの否決権を放棄した。このことは、米国盟友であるイギリスやフランス、ドイツを加入に踏み切らせたきっかけとなった。AIIB創立に関わる情報提供者によると、中共が否決権を放棄したことの代わりに、オーストラリアがAIIBに加入した。

このことから、世界経済力が「2位」と称される中共の影響力は米国に全く及ばない、ということが明白になった。米国の覇権的地位に対抗するはずだが、道のりは長い。

うーん。難しいんですが、要は本当に中国に力があれば拒否権も持てたはずなんだけど、たくさんの国に入ってもらうために大切な権利を削ったということですね。
この3つがあるがゆえに、


AIIBは単なる張り子の虎なのだ!!

ということなんですね。

わかります。

よろしければシェアお願いいたします。

TOP NEWS

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

中身を見て判断すべきでは

2017/06/14  08:02

聖書の一句を載せる与党~政教分離の意味とは

ACCESS RANKING

1

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

3

『ハムレット』などでおなじみの世界の文豪をつ

シェイクスピアに大きな影響を与えた思想とは

4

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

5

「自由」の意味が問われている

出生率の低下で、イスラム化が進むヨーロッパ

9

赤本はあるけど、予備校には通えない

”目標”を突破せよ!・・・防大受験最前線