2015/05/20    20:00

リアル南京市民の証言!「虐殺なんて見たことも聞いたこともない」



南京陥落時、南京市内で母親が旅館業を営んでいたという女性に、当時のお話を伺いまし­た。

Aさんのお母さんは、佐賀県出身の日本人。
18歳の時、昭和12年頃から南京の下関(シャーカン)に兄夫婦らと移住し、旅館を経­営していました。

南京へ通信兵として徴兵されてきたお父様と結婚。
昭和18年に、Aさんが生まれ、Aさんは家族で終戦の翌年まで、南京で暮らしていまし­た。

Aさんのお母さんは、南京陥落時から昭和21年まで、9年間、南京で暮らしていました­が、虐殺のようなことは見たことも聞いたこともないと、はっきり話していました。

それどころか、経営する旅館の従業員は全員が、南京に住む中国人で、敗戦で日本へ引き­揚げる時には「日本兵がいなくなると南京の治安が悪くなる。帰らないでくれ」と、皆に­止められたといいます。

TOP NEWS

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

中身を見て判断すべきでは

2017/06/14  08:02

聖書の一句を載せる与党~政教分離の意味とは

ACCESS RANKING