2014/10/29    00:31

リーダーに「ふさわしくない人」の条件から、リーダーの条件とは何かを考える

P.F.ドラッカー。

5年ほど前に、『もしドラ』(『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』)がベストセラーになって、その名が広く知られましたが、ビジネスパーソンや経営者には古くから愛読されています。

筆者もドラッカーを尊敬し、愛読する一人です。

今回は、ドラッカーのリーダーシップ論について書いてみたいと思います。

まずドラッカーが定義するマネジメントの役割は、
 

【使命】 組織の目的と使命を定義する
【顧客の創造】 仕事を生産的にし、働く人々に成果をあげさせる
【貢献】 社会的影響力を管理し、社会的責務を遂行する

 
この3つです。
これらを遂行するうえで重要なのが「リーダーシップ」となります。
 
リーダーシップの定義は古今東西さまざまです。
リーダーシップの源泉として「先見性」については異議を唱える人はいないでしょう。
何といっても先を見通す能力は組織において一歩先を教え導く力となります。
また「未来への希望(善きことが起きる期待感)、他者を納得させる客観的過去の実績(生き方も含む)」という定義もあります。
あるいは「逃げるなかれ、責任回避するなかれ、言い訳するなかれ」という定義も素晴らしいリーダーシップの定義です。
 
ではドラッカーの定義はどのようなものでしょうか?
 
実はドラッカー自身はリーダーシップのみを論じた書籍を残しておりません。
このため「リーダーシップの資質に欠ける人」とのドラッカーの言葉をご紹介させていただき、逆説的にドラッカーのリーダーシップ論について考えてみたいと思います。
 

-ドラッカーが「リーダーの資質に欠ける」と考えたリーダー像-
 
1. 人の強みよりも弱みに焦点を合わせる
2. 「その人ができること」よりも「その人ができないこと」に注目する
3. 当事者ではなく評論家としての振る舞いをする
4. 「何が正しいか」よりも「誰が正しいか」が気になる
5. 真摯さよりも頭の良さを重視する
6. 有能な部下を恐れる
7. 自らの仕事に高い基準を設けない

 
それぞれに対するドラッカーのコメントは大変手厳しく、
 
1~3. 「真摯さに欠ける」
4. 「それは堕落であり、組織全体を堕落させる」
5. 「人として未熟だからだ」
6. 「人として弱い。できる部下に脅威を感じることが明らかな者をリーダーにしてはならない」
7. 「やがて組織の人々に、仕事に対する侮りを生む」
 
と語っていますので、ドラッカー流リーダーシップは、これらの項目を真逆に実践できれば良いと言えそうです。
 
ドラッカーは大変広く深い観点から社会や物事の本質を洞察します。
そしてそれらの洞察を禅の公案のように短い一転語にまとめて普遍的な原理原則として導き出します。
このためその短い文章からは、東洋的な「悟り」に近いものさえ感じます。
結論を端的に述べるので、途中の思考プロセスについては読む人それぞれが思索しないとなかなか腑に落ちません。
この点で一般的なビジネス系の著述家とは一線を画していますし、ドラッカーが自らを「経営学者」とは名乗らず、「社会生態学者」と名乗る所以でもあると思います。

以下、関連するドラッカーの文章をご紹介いたします。
 

≪What is Leadership?≫

The foundation of effective leadership is thinking through the organization’s mission, defining it and establishing it, clearly and visibly. The leader sets the goals, sets the priorities, sets and maintains the standards. 『Managing for the Future』
 

≪リーダーシップとは何か≫

成果を出すリーダーシップの基礎は、組織の使命を考え抜き、明確に、かつ、目に見える形で定義し、確立することである。リーダーとは、目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である。 『未来企業』

 
 

≪The Responsibility of Helping Your Subordinates Get the Most out of Their Strengths≫
 
To focus on weakness is not only foolish; it is irresponsible. A superior owes it to his organization to make the strength of every one of his subordinates as productive as it can be. But even more does he owe it to the human beings over whom he exercises authority to help them get the most out of whatever strength they may have.   『The Effective Executive』
  

≪部下の強みを生かす責任≫ 

弱点に目を向けることは、愚かであるばかりでなく、無責任である。上司は、組織に対して、部下一人ひとりの強みを、できるかぎり生産的にする義務を負っている。しかし、それ以上に、上司は、自分が権限を行使しているところの部下し対して、彼らが、自らの人間としての強みを、それが何であれ、最大限に生かす手助けをする義務を負う。
『経営者の条件』


(参考書籍:『ドラッカー先生のリーダーシップ論』 ウィリアム A コーン著、橋本碩也訳)

TOP NEWS

解明されてきた真相

2017/08/30  12:24

どうしてバルセロナでテロが発生したのか。

今そこに危機があるのに

2017/08/25  08:00

地球外からの攻撃に人類は一致団結できるか

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

ACCESS RANKING

1

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

2

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

8

指揮官である首相の参拝は中曽根首相以降、朝日

靖国神社に参拝する防大生

9

赤本はあるけど、予備校には通えない

”目標”を突破せよ!・・・防大受験最前線

10

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?

1

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

6

指揮官である首相の参拝は中曽根首相以降、朝日

靖国神社に参拝する防大生

8

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

9

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

10

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?