2015/09/10    13:00

兄弟ゲンカから生まれた商品

日常生活の中で、誰もが不満に思うことはあるものです。

「これって不便だな。もっと、こうなればいいのに」など、
あなたも思わずつぶやいたことがあるのではないでしょうか?

愚痴や不満をつぶやいただけならば、
それは、ただの不愉快な出来事で終わってしまいます。

ビジネスマンであるならば、その不満が、
「ひょとすると商売の種に化けるのではないか?」と、
いつも発想する習慣を持ちましょう。

松下幸之助さんは若い頃、アイロンを使いたい姉と、
本を読むために電灯を点けたい妹が口論している姿を見て、
二股ソケットの商品化を思い付いたそうです。

大正時代は電気の供給口が一つしかなく、
「それでは不便だ」という生活の不満を解消するために、
大ヒット商品が生まれたわけです。

現代の社会でも似たような話として、
幾つもヒット商品の事例が思い浮かぶのではないでしょうか。

生活を見渡せば、
私たちは「不満」から生まれた商品やサービスに、
ずらりと取り囲まれているのです。

取るに足りない小さな不満であっても、
毎日の生活の中で、それが解消されるならば、
お客様は喜んで使ってくれるはずです。

今日あなたが、何かに不満を感じたならば、
「しめた! これは飯の種になるかもしれないぞ!」と思い、
忘れないようにメモしておきましょう。

そうすれば感情が苛立つこともなく、
なおかつ、貴重な飯の種も得られて、まさに一挙両得です。

不満はアイデアの宝庫なのだと思いましょう。
 

(筆者のブログより転載しました。)

TOP NEWS

すでに10年服役。78歳。

2017/05/12  10:50

アルベルト・フジモリ元大統領の恩赦は実現するか

物事をどこから考え始めるか

2017/04/02  19:24

ぶつかり合う「幸福とは何か」――イギリスのEU離脱から

絶対的君主「スルタン」の誕生?!

2017/05/05  10:17

独裁体制を固めるトルコのエルドアン大統領

「学校を選ぶ自由」を認めるべき

2017/04/21  10:38

教育の自由

それでもまだまだ少数

2017/04/02  19:49

変わろうとする学校

ACCESS RANKING

3

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

4

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

6

プーチンとネタニヤフの取り決め

ロシアとイスラエルの軍事衝突は回避できるか

8

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

10

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?