2015/04/03    07:00

​相手の顔を見て話す

世の中には、歯に衣を着せずに物事を言う人がいます。
 
あなたの近くにも、そうした人はいるでしょうし、
あなた自身が、そうかもしれません。
 
昔の頑固オヤジみたいに、
その言葉に教育的な指導が入っているならば、
それはそれで必要とされる人物だと思います。
 
しかし、そうした気持ちはなく、
自分の好き嫌いだけで感じたことを、
そのまま言葉に出してしまう人もいます。
 
自分は裏表のない正直な人間なのだと、
本人は思っているかもしれません。
 
でも、その結果、相手の心を傷つけてしまうだけならば、
もっと言葉に注意が必要ではないでしょうか。
 
そうした人の傾向として、
相手の顔を見て話していない場合が多いものです。
 
キツいことを言っているのが自分でも分かっているので、
本能的に目を合わせられないのです。
 
もし、自分は不用意に人を傷つけてしまうことが多い、
と反省している人は、
意識して相手の顔を見て話してみましょう。
 
自分が発した言葉で、相手の表情が曇ったならば、
相手を傷つけたのだと、はっきりと分かります。
 
普通の神経の持ち主ならば、
厳しいことは、なかなか言えなくなってくるはずです。
 
「人の顔を見て話せ」と言われますが
これは礼儀作法としての意味合いだけではありません。
 
相手が喜んでいるのか、悲しんでいるのか、
人の気持ちを知って話すためにも必要なのだと、
理解しておきましょう。
 

※ 筆者のブログから転載しました。

TOP NEWS

EUに余力があるか

2017/04/27  10:08

西バルカン諸国の紛争が再燃する恐れ

物事をどこから考え始めるか

2017/04/02  19:24

ぶつかり合う「幸福とは何か」――イギリスのEU離脱から

一石三鳥の魅力的な提案

2017/04/26  15:02

アメリカの裏庭であるメキシコで、ロシア戦闘機を生産?

「学校を選ぶ自由」を認めるべき

2017/04/21  10:38

教育の自由

それでもまだまだ少数

2017/04/02  19:49

変わろうとする学校

「確認済み」飛行物体

2017/04/17  11:17

どこからみてもUFOそのもの、ついに地球もやった…か?

ACCESS RANKING