2016/10/29    23:02

日本ハムが10年ぶり日本シリーズ制覇――大谷は”死せる孔明”?

◆プロ野球・日本シリーズ 第6戦(広島・マツダスタジアム)

広島 4―10 日本ハム


今シーズンのプロ野球、最後の試合、大谷翔平は打席に立たず、マウンドにも上がらなかった。

だが、今日の試合で日本ハムが勝った最大の要因は大谷だったかもしれない。

初回の初球からもつれにもつれ、両ベンチが早め早めに策を打つも試合を決めることができず、4-4の同点で迎えた8回表。日ハムは二死から粘り、満塁のチャンスをつくる。打席には4番の中田。

ここで、ベンチの栗山監督は動く。代打でも代走でもない。ネクストバッターズサークルに大谷を立たせた。そう、立たせた、だけだ。

しかし、投手との二刀流ながら今季22本塁打を放った天才打者が次に控えているとなれば、マウンドにいる方は気が気でない。中田との勝負に集中すべきところで、集中しきれない。結局、ジャクソンはストライクが入らず、押し出しのフォアボールに中田がガッツポーズ。日本一を決める勝利打点になってしまった。

しかも、大谷は代打で登場せずに、次打者は投手のバースがそのままバッターボックス。もしジャクソンが関西弁を話せたら、「打たないんかい!」と突っ込んだかもしれない。すっかり拍子抜けしたのか、バースの適時打、続くレアードの満塁弾で一気に6点のリードがついた。

「死せる孔明、生ける仲達を走らす」ーー。微妙に意味は違うようで、そんな言葉を思い出した。出場していない大谷の「影」が、試合を決めたのだとすれば、本当に野球というのは奥深い。

TOP NEWS

骨のある野党は現れるか?

2017/03/17  10:13

解散総選挙という「シャンシャンパーティー」

政治に情けは不要?

2017/03/17  09:53

「石原たたき」という小池都知事の政治センス

たとえ周回遅れでも本格議論を

2017/03/14  08:20

北朝鮮は日本にとっても”核問題”

北朝鮮にとっては絶好のチャンス

2017/03/13  11:21

大統領の弾劾は、韓国の「終わりの始まり」か?

「貿易戦争」も手段のひとつ

2017/03/11  08:30

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

世界の流れは変わった。

2017/03/10  10:22

ポスト安倍時代に始まる日本の「トランプ革命」

トランプ大統領ならどう答える?

2017/03/17  08:20

ブッシュ元大統領…UFO機密は墓場まで持っていく

ACCESS RANKING

3

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

5

「貿易戦争」も手段のひとつ

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

8

赤本はあるけど、予備校には通えない

”目標”を突破せよ!・・・防大受験最前線

9

プーチンとネタニヤフの取り決め

ロシアとイスラエルの軍事衝突は回避できるか

10

指揮官である首相の参拝は中曽根首相以降、朝日

靖国神社に参拝する防大生

3

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

6

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

7

「貿易戦争」も手段のひとつ

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

8

御用学者も心配ナノヨ、もっと権力強めなきゃ!

アジアインフラ投資銀行はやはり張り子の虎だった(爆笑)

10

考え得る最悪の事態とは

国交断絶に向かう日韓とその備え