2017/04/17    11:17

どこからみてもUFOそのもの、ついに地球もやった…か?

地球にだって、2次元航行するUFOはもうある。(ここ

地球人の護衛付UFOですら地上を走行してもいる。(笑える映像はここ

そしてついに3次元航行できるUFOが地球でも開発された。

 
 2次元飛行UFOの船と同じイタリアのピエルパオロ・ラザリー二氏のデザイン。UFOならぬIFO(identified flying object)という名前だ。つまり未確認ではなく確認済みの飛行物体。人が2人搭乗できて1時間飛行可能、最大時速200㎞が出せる。
 
人の乗れるドローンなのだが、形を変えたヘリコプターのようなものだろうか。緊急時は、コックピットが切り離され、パラシュートで降りることができる。

これが開発されたら、UFO目撃数が間違いなく増え、UFO調査のチェックリストにも載ることになるだろう。
 
本当は、4次元航行しないとUFOとはいえないのだが、この壁がまだ厚い。
 
これで、水上、地上、空中移動は確保できた。あとは時間と空間を超えるのみだ。誰が最初にやってくれる?
 

 

TOP NEWS

EUに余力があるか

2017/04/27  10:08

西バルカン諸国の紛争が再燃する恐れ

物事をどこから考え始めるか

2017/04/02  19:24

ぶつかり合う「幸福とは何か」――イギリスのEU離脱から

一石三鳥の魅力的な提案

2017/04/26  15:02

アメリカの裏庭であるメキシコで、ロシア戦闘機を生産?

「学校を選ぶ自由」を認めるべき

2017/04/21  10:38

教育の自由

それでもまだまだ少数

2017/04/02  19:49

変わろうとする学校

「確認済み」飛行物体

2017/04/17  11:17

どこからみてもUFOそのもの、ついに地球もやった…か?

ACCESS RANKING