2017/04/17    11:17

どこからみてもUFOそのもの、ついに地球もやった…か?

地球にだって、2次元航行するUFOはもうある。(ここ

地球人の護衛付UFOですら地上を走行してもいる。(笑える映像はここ

そしてついに3次元航行できるUFOが地球でも開発された。

 
 2次元飛行UFOの船と同じイタリアのピエルパオロ・ラザリー二氏のデザイン。UFOならぬIFO(identified flying object)という名前だ。つまり未確認ではなく確認済みの飛行物体。人が2人搭乗できて1時間飛行可能、最大時速200㎞が出せる。
 
人の乗れるドローンなのだが、形を変えたヘリコプターのようなものだろうか。緊急時は、コックピットが切り離され、パラシュートで降りることができる。

これが開発されたら、UFO目撃数が間違いなく増え、UFO調査のチェックリストにも載ることになるだろう。
 
本当は、4次元航行しないとUFOとはいえないのだが、この壁がまだ厚い。
 
これで、水上、地上、空中移動は確保できた。あとは時間と空間を超えるのみだ。誰が最初にやってくれる?
 

 

TOP NEWS

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

中身を見て判断すべきでは

2017/06/14  08:02

聖書の一句を載せる与党~政教分離の意味とは

ACCESS RANKING

1

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

3

『ハムレット』などでおなじみの世界の文豪をつ

シェイクスピアに大きな影響を与えた思想とは

4

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

5

「自由」の意味が問われている

出生率の低下で、イスラム化が進むヨーロッパ

9

赤本はあるけど、予備校には通えない

”目標”を突破せよ!・・・防大受験最前線