By. Julia. Y
2015/07/10    21:05

就活の開始時期を統一することの問題点

今年から就活の開始時期が実質後ろ倒しになりましたが、時期を変えたところで良いことは一つもないように思います。

むしろ卒論を書き始める時期と重なり、私のように大学院入試を受ける者は就活との両立不可能となりました。それでも春には両立しようとしていましたが、あまりにもやることが多く今度は大学の勉強ができなくなると思い、諦めました。

また留学という観点からも後ろ倒しは愚かな判断だったと思います。
文部科学省による「若者の海外留学を取り巻く現状について」によると、就活の時期を考えて留学を断念する人が多いようです。このデータは去年のものですが、就活時期が日本社会全体で固定されているせいで下手に長期留学できないという状況は今年も変わらないと私は思います。

「グローバル人材」なる者が一定割合企業で求められているというのに、就活の開始時期を考慮して留学できないとなるとそれこそ本末転倒です。

そもそも他の先進国にはない新卒一括採用が間違っていると思います。
社会全体で将来の職業に直結する実習制度やインターンシップが充実し、人によって卒業時期や就職時期が違って当然という多様性が日本で認められることを願ってやみません。それを受け入れられないのに「グローバル人材」を求めるのならお門違いです。

TOP NEWS

すでに10年服役。78歳。

2017/05/12  10:50

アルベルト・フジモリ元大統領の恩赦は実現するか

物事をどこから考え始めるか

2017/04/02  19:24

ぶつかり合う「幸福とは何か」――イギリスのEU離脱から

絶対的君主「スルタン」の誕生?!

2017/05/05  10:17

独裁体制を固めるトルコのエルドアン大統領

「学校を選ぶ自由」を認めるべき

2017/04/21  10:38

教育の自由

それでもまだまだ少数

2017/04/02  19:49

変わろうとする学校

ACCESS RANKING

3

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

4

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

6

プーチンとネタニヤフの取り決め

ロシアとイスラエルの軍事衝突は回避できるか

8

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

10

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?