By. Julia. Y
2015/07/10    21:05

就活の開始時期を統一することの問題点

今年から就活の開始時期が実質後ろ倒しになりましたが、時期を変えたところで良いことは一つもないように思います。

むしろ卒論を書き始める時期と重なり、私のように大学院入試を受ける者は就活との両立不可能となりました。それでも春には両立しようとしていましたが、あまりにもやることが多く今度は大学の勉強ができなくなると思い、諦めました。

また留学という観点からも後ろ倒しは愚かな判断だったと思います。
文部科学省による「若者の海外留学を取り巻く現状について」によると、就活の時期を考えて留学を断念する人が多いようです。このデータは去年のものですが、就活時期が日本社会全体で固定されているせいで下手に長期留学できないという状況は今年も変わらないと私は思います。

「グローバル人材」なる者が一定割合企業で求められているというのに、就活の開始時期を考慮して留学できないとなるとそれこそ本末転倒です。

そもそも他の先進国にはない新卒一括採用が間違っていると思います。
社会全体で将来の職業に直結する実習制度やインターンシップが充実し、人によって卒業時期や就職時期が違って当然という多様性が日本で認められることを願ってやみません。それを受け入れられないのに「グローバル人材」を求めるのならお門違いです。

TOP NEWS

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

中身を見て判断すべきでは

2017/06/14  08:02

聖書の一句を載せる与党~政教分離の意味とは

ACCESS RANKING

2

『ハムレット』などでおなじみの世界の文豪をつ

シェイクスピアに大きな影響を与えた思想とは

3

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

4

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

5

「自由」の意味が問われている

出生率の低下で、イスラム化が進むヨーロッパ

9

赤本はあるけど、予備校には通えない

”目標”を突破せよ!・・・防大受験最前線