2016/11/23    13:00

15回目の安倍・プーチン会談――日本は何を取るのか

安倍晋三首相はAPEC首脳会合中に、ペルーのリマで、ロシアのプーチン大統領と会談した。同首相は、念願である北方領土問題の解決と平和条約の締結に向けて、12月にプーチン氏を地元の山口県に迎えて交渉する予定で、今回の会談はその地ならしの意味合いがある。
 
日本側はロシアとの経済協力に向けた8項目の案を示しており、今回の会談ではその進捗状況について意見が交わされた。プーチン氏は「よい計画だ」と評価したという。
 
素直な目で見ると驚かされるのは、安倍首相とプーチン氏との会談は、第1次安倍政権を含めると、これで15回目になるという事実だ。両首脳がこれだけの数の会談を重ねていることは、領土問題や平和条約といった慎重な交渉を要する重要テーマが日ロ間に横たわっていることの表れともいえる。その一方で、逆の見方をすれば、15回も会っても交渉はいまだに実を結んでいないと言うこともできる。
 
これだけ交渉が複雑化している理由の一つは、交渉の優先順位が見えにくくなっていることもあるだろう。日本にとって北方四島は「固有の領土」だが、ロシア側は先の戦争の結果、手に入れた土地だという認識である。それはつまり、日本が戦争も辞さないほどの姿勢で臨まなければ、四島をロシアに返還させることは理屈から言って難しいということを意味する。だから、あくまでも交渉による四島返還にこだわっている限り、北方領土も返ってこなければ、平和条約も結べない可能性が高い。
 
一方で、中国に対するけん制のためにロシアとの関係強化が必要なのだということになれば、優先順位は変わってくる。
 
実際のところ、日本が国家戦略として「何を取るのか」を決めなければ、安倍首相とプーチン氏との会談が50回目になっても100回目になっても、交渉が実を結ぶ望みは薄いだろう。12月に山口県でプーチン氏を迎える時には、安倍首相の肚のうちにその答えがあるかどうかが問題になる。

TOP NEWS

解明されてきた真相

2017/08/30  12:24

どうしてバルセロナでテロが発生したのか。

今そこに危機があるのに

2017/08/25  08:00

地球外からの攻撃に人類は一致団結できるか

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

ACCESS RANKING

2

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

4

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?

5

「自由」の意味が問われている

出生率の低下で、イスラム化が進むヨーロッパ

6

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

7

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

10

指揮官である首相の参拝は中曽根首相以降、朝日

靖国神社に参拝する防大生

3

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

5

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

6

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?

8

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

2

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

5

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

6

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

7

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?