2017/03/17    08:20

ブッシュ元大統領…UFO機密は墓場まで持っていく

やっぱり、言えないのか・・・。

また1つ「大統領UFO発言史」に新たな1ページが刻まれた。

現職大統領や元大統領、大統領候補など著名人をゲストに呼んでは、UFO機密の存在を真正面から斬り込むことで有名な、アメリカABCのトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ」。

3月2日、司会のジミー・キンメル氏は、ジョージ・ブッシュ元大統領をゲストに、またもやストレートに”尋問”してくれた。



キンメル氏:「あなたが大統領だったとき、UFO機密文書に触れましたか?」
ブッシュ元大統領:「多分」(イエスでもノーでもない)「娘たちも全く同じことを聞いたよ」
キンメル氏:「その内容を娘さんたちに話すことを許されていたんですか?」
ブッシュ元大統領:「ノー」
キンメル氏:「もう大統領じゃないのだから、好きなようにできますよね」
ブッシュ元大統領:「確かに。でも君には何も言わないぞ」(会場ドッと沸く)
キンメル氏:「国民に公表できないようなスゴイ秘密が本当にあるんですね」
ブッシュ元大統領:「そうだ」
キンメル氏:「それを90歳とかになったら書きませんか?」
ブッシュ元大統領:「ノー」

最初に、ハッキリとUFO文書を見たとは断言しなかったが、おおむね「UFOのびっくりするような機密があって、それを見たけど死んでも言わない」ということなんだろう。元々、彼の著書のプロモーションのための番組出演だったのだが、キンメル氏は大統領やその周辺の人には必ずUFO機密について正面から斬り込んでおり、今回もこの質問は期待されていたはずだ。オバマ前大統領やクリントン元大統領が過去にこの番組に出演したときも同様の質問をされ、はぐらかした返答をしたのに比べると、今回の返答はUFO機密の存在を認めたと受け取れるだろう。

トランプ大統領ならどう答えるだろう。ストレートな物言いをするトランプ大統領だが、国益を考えるならハッキリとは言えないはずだが。どういう斬り返しをするのか見てみたいものだ。


 

TOP NEWS

EUに余力があるか

2017/04/27  10:08

西バルカン諸国の紛争が再燃する恐れ

物事をどこから考え始めるか

2017/04/02  19:24

ぶつかり合う「幸福とは何か」――イギリスのEU離脱から

一石三鳥の魅力的な提案

2017/04/26  15:02

アメリカの裏庭であるメキシコで、ロシア戦闘機を生産?

「学校を選ぶ自由」を認めるべき

2017/04/21  10:38

教育の自由

それでもまだまだ少数

2017/04/02  19:49

変わろうとする学校

「確認済み」飛行物体

2017/04/17  11:17

どこからみてもUFOそのもの、ついに地球もやった…か?

ACCESS RANKING