2016/09/27    13:00

有事に備えるドイツ政府――国民に5日分の飲料水と10日分の食料の備蓄を勧告

ドイツ政府は今後テロリストによる攻撃が増えることを非常に警戒している。8月に政府は国民に、「5日分の飲料水と10日分の食料」の備蓄をしておくようにと勧告した。冷戦以後、政府がこのような緊急事態に備えて備蓄を要請したことは一度もなかった。さらに、政府は国民に、「十分な現金も持ち合わせておくように」とも伝えた(「El Confidencial」)。

ヨーロッパのリーダー国であるドイツのメルケル政権が問題として受け止めているのは、テロリストからの脅威、難民危機、ロシアからの脅威、英国のEU離脱決定などである。今回の備蓄の勧告は、特にテロリストからの攻撃を警戒しての事前の備えであるように思える。9月10日付「SPUTNIK」はトーマス・デメジェール内務相が、攻撃可能テロリストが国内に少なくとも520人いる、と語ったことを報じた。
 
これまで、ヨーロッパで最大規模の難民を受け入れたドイツではあるが、その割にはドイツ国内でのテロ事件は隣国のフランスに比較して少ない。しかし、ドイツ政府は今後、テロリストの攻撃が増える可能性があると見ている。その攻撃には飲料水の毒物による汚染もあると考えているという。そして、国全体にカタストロフィーを引き起こし、食料の配給網などに支障をきたす可能性があると政府は推測している。
 
今年3月にベルギーのブリュッセル空港を襲ったテロ攻撃があった。実行犯のテロリストは当初ベルギーが持っている二つの原子力発電所の爆破を狙っていたというのが明らかとなっている。ドール発電所はオランダとの国境3㎞の地点に位置し、ティアンジュ発電所はオランダのマーストリヒトまで60㎞、ドイツのアーヘンまで70㎞の距離にある。この原子炉が損傷すれば放射能はただちにオランダとドイツにまで波及する。
 
それを恐れたドイツ政府は4月に、ベルギー政府にこの2カ所の原子力発電所の操業を中断するように依頼したが、拒否されたという。ドイツ政府はベルギーのテロ対策はお粗末であるというのは知っている。それをベルギー政府は承知してのことか、全国民にヨード剤を配布することを決めている。オランダも1500万人を対象にヨード剤を用意する計画だという(「el Robot Pescador」)。

またドイツでも原子力発電所に不安材料が投げかけられている。ドイツ南部のグンドレミンゲン原子力発電所のコンピューターシステムがウイルス「W32Ramnit」に感染していることが4月に発覚。例えば、これに感染しているコントロールシステムだと遠距離から操作が出来て、原子炉の燃料棒を動かすことも可能になるという。テロリストがそれを操作する可能性も生まれることになる。

それと同時に、NATOによるロシアとの対立が強まれば、将来的には核戦争を引き起こす可能性も秘めている。テロ防止対策とロシアとの核戦争の可能性を考慮した上で、ドイツ政府が打ち出したプランは、国内の治安維持と防衛力の増強のための軍事力の強化である。

その意味で、倹約で知られるドイツ政府ではあるが、これから15年間に軍事予算を15%増やして、1300億ユーロ(14兆3000億円)を投入して武装強化に充てるとしている。また、5年前に廃止となった徴兵義務を復活させる考えももっているようだ(「El Confidencial」)。

またメルケル首相は党内で党首としての求心力を失いつつあるが、ヨーロッパで彼女に代わるリーダーは今のところ不在である。メルケル首相は8月にわずか1週間でヨーロッパの17か国の首脳と会談をもち、英国のEU離脱が決定したあとのEUのあるべき姿を各国首脳と個別に協議したという。

そして、難民問題ではトルコが要求しているトルコ人の査証なしでのヨーロッパへの入国はEU加盟国が受け入れる可能性はなく、その代償はヨーロッパへのトルコからの難民の大量流入が再び起きることが懸念される。その為、Bプランの構築が必要だ、という要望が加盟国内で次第に高まっている(「El Confidencial」)。

TOP NEWS

解明されてきた真相

2017/08/30  12:24

どうしてバルセロナでテロが発生したのか。

今そこに危機があるのに

2017/08/25  08:00

地球外からの攻撃に人類は一致団結できるか

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

ACCESS RANKING

1

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

2

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

5

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?

6

「自由」の意味が問われている

出生率の低下で、イスラム化が進むヨーロッパ

7

赤本はあるけど、予備校には通えない

”目標”を突破せよ!・・・防大受験最前線

8

「国防」の二文字に集約された、学生たちの本気

防大の「開校祭」に行ってきた

10

知性の復活を表したラファエルロの代表作

有名な「アテナイの学堂」のテーマは、サムシング・グレート?

1

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

3

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

7

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?

8

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

10

「自由」の意味が問われている

出生率の低下で、イスラム化が進むヨーロッパ

2

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

6

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?

7

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

10

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想