2016/11/09    15:33

ロシアに新たに制裁は必要か

ロシアの人道を無視した止むことのないシリアのアレッポへの空爆で、EU加盟国の間ではロシアへの追加制裁を科すべきか否かが問われていた。しかし、10月20日のブルッセルでのEU首脳会議で9時間の議論の末に追加制裁をしないということなった。
 
そもそもEUが制裁に踏み切ったのは、ウクライナ紛争でのロシアによる親ロシア派への支援、そしてロシアが独断的にクリミアを併合したことが動機となった。当初、ウクライナ紛争を仕掛けた米国からの圧力もあって、EUは「経済」よりも、「政治」を優先してロシアに制裁を科したのであった。2年が経過した今、制裁による効果はないばかりか、EU加盟国の損害は甚大なものになっている。
 
昨年7月発行と幾分古い「Sputnik Mundo」によると、この制裁によるEUの損出額は1090億ユーロ(12兆円)、250万人の雇用の喪失と報じていた。そして、最もその被害が大きいのはドイツで、299億ユーロの損出、50万人の雇用喪失と伝えた。
 
また、同月・別日付の同紙(「Sputnik Mundo」)では、EU加盟国の国ごとの損出額と雇用喪失者数が報じられた。それによると、損出額の上位5か国はドイツ、イタリア、フランス、英国、スペイン、雇用喪失者数の上位5か国はドイツ、イタリア、スペイン、フランス、英国という順になっている。損出額及び雇用喪失者数でトップのドイツは昨年7月の時点で損出額299億ユーロ(3兆3000億円)、50万人の雇用喪失となっている。なお、多大の被害を受けたギリシャが記載から漏れている。
 
今年2月の同紙(「Sputnik Mundo」)では、制裁によるドイツは100万人以上が雇用喪失と報じた。
 
このような厳しい状況に置かれているドイツがロシアに対して新たに制裁を科そうとしているのである。特に、メルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)の多くの議員がそれを支持しているというのである。しかし、新たに制裁を科そうとすれば来年の総選挙でメルケル首相は致命的な敗退を期すのは明白であると「ターゲスシュピーゲル」紙が警告している。しかし、また、メルケル首相本人も制裁を科すことにはもう関心が薄くなっていると言われている(「Sputnik Mundo」)。
 
一方、連立政権を組んでいる社会民主党のシュタインマイヤー外相は新たに制裁を科すことには反対を表明している。また、「デア・シュピーゲル」誌は「2014年夏から続いているロシアへのクリミア併合、ウクライナ紛争によって科された制裁は2017年1月まで継続される。しかし、シリアの情勢から見て制裁を更に強硬なものにする必要があるのであろうろか?」と読者に疑問を投げかけた(「Sputnik Mundo」)。
 
同外相は、「シリア住民の置かれている状況が制裁によって改善されるとは思えない」しかも、「スイスで米ロが協議を重ねている現状では制裁を科す意味は薄い」と見ているのだ(「El Pais」)。
 
むしろ、外相は同党のガブリエル副首相兼経済エネルギー相と同様に制裁を徐々に解除して行く方向にもって行きたいとしている。この二人の姿勢は来年の総選挙を睨んだものでもあると思われる。制裁を徐々に解除する方向にもって行くことはロシアを前に一つの勝利となり、社会民主党への左派系や右派の国民からの支持を集める要因になると考えているようだ。それは、裏を返せば、メルケル首相の政党への支持者が減少することを意味するようになる(「Sputnik Mundo」)。
 
メルケル首相は移民問題で中央ヨーロッパそして東欧のEU加盟国からの支持を失い、経済政策面ではポルトガル、スペイン、イタリア、ギリシャがドイツ主導の緊縮策に従う意向がないことを見せ始めている。一方、彼女の党内では制裁追加への圧力もかかっている。孤立を益々強いられているメルケル首相である。

TOP NEWS

解明されてきた真相

2017/08/30  12:24

どうしてバルセロナでテロが発生したのか。

今そこに危機があるのに

2017/08/25  08:00

地球外からの攻撃に人類は一致団結できるか

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

ACCESS RANKING

1

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

2

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

5

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?

6

「自由」の意味が問われている

出生率の低下で、イスラム化が進むヨーロッパ

7

赤本はあるけど、予備校には通えない

”目標”を突破せよ!・・・防大受験最前線

8

「国防」の二文字に集約された、学生たちの本気

防大の「開校祭」に行ってきた

10

知性の復活を表したラファエルロの代表作

有名な「アテナイの学堂」のテーマは、サムシング・グレート?

1

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

3

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

7

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?

8

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

10

「自由」の意味が問われている

出生率の低下で、イスラム化が進むヨーロッパ

2

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

6

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?

7

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

10

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想