2016/09/05    13:00

マザー・テレサ、カトリック教会の「聖人」に

「コルカタの聖人」として知られ、貧しい人々の救済活動に一生を捧げたマザー・テレサがカトリック教会の「聖人」に列せられ、4日には列聖式が行われた。バチカンのサンピエトロ聖堂の前で行われた式典には世界中から多くの信徒が出席し、マザー・テレサとともに救済活動を始めた12人の修道女のメンバーの顔もあった。
 
1910年にアルバニアで生まれたマザー・テレサは、1950年にインドのコルカタのスラム街で貧しい人たちの救済活動を始めた。修道会「神の愛の宣教者会」を設立し、ホスピスや支援施設を開設して活動を展開。当初、12人で始めた活動は、現在では139カ国にまで広がっている。マザー・テレサが今回、列聖されたのは、1997年の死去から19年という異例の早さでのことだった。フランシスコ法王が貧者の救済を全面に掲げている中での列聖という背景はあるにせよ、生前から「聖人」と呼ばれ、信徒の模範を示してきた彼女の功績がうかがえる。
 
「聖人」に列せられるためには、2つの奇跡を起こしたと認定される必要がある。今回、マザー・テレサについては、彼女への祈りによって腫瘍が消えたとされるインド人の女性と、脳腫瘍が回復したブラジル人男性の2つの事例が、奇跡と認定された。
 
このインド人の女性は、マザー・テレサの一周忌の日に、痛みに耐えながらも教会にたどり着くと、掲げられていたマザー・テレサの肖像から、光が差してくるのが見えたという。めまいと震えを覚えた彼女はその場に座って祈りを捧げた。すると、激しい痛みでそれまで不眠状態が続いていた彼女はその晩、不思議と自然に眠りに就くことができ、腫瘍も治ってしまったというのだ。
 
女性は英BBCの取材に対して、「多くの人はこのことを信じないかもしれません。でも、他の人が信じるかどうかにかかわらず、私には信仰があり、そして私は治ったのです」と証言している。実際にマザー・テレサの聖人としての力がこうした奇跡を起こしたのかについては、確認のしようがない。しかし、一つ言えるのは、マザー・テレサがそれほどの篤い信仰を集める、偉大な人物だったということだろう。
 
マザー・テレサの活動に関しては、会計処理や独裁者からの献金、カトリックへの改宗を強制させた問題などをめぐって、批判する声も根強い。しかしこうした声も、彼女がそれだけの影響力のある事業をこの世においてなしたということの裏返しなのかもしれない。

TOP NEWS

骨のある野党は現れるか?

2017/03/17  10:13

解散総選挙という「シャンシャンパーティー」

政治に情けは不要?

2017/03/17  09:53

「石原たたき」という小池都知事の政治センス

たとえ周回遅れでも本格議論を

2017/03/14  08:20

北朝鮮は日本にとっても”核問題”

北朝鮮にとっては絶好のチャンス

2017/03/13  11:21

大統領の弾劾は、韓国の「終わりの始まり」か?

「貿易戦争」も手段のひとつ

2017/03/11  08:30

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

世界の流れは変わった。

2017/03/10  10:22

ポスト安倍時代に始まる日本の「トランプ革命」

トランプ大統領ならどう答える?

2017/03/17  08:20

ブッシュ元大統領…UFO機密は墓場まで持っていく

ACCESS RANKING