2016/10/25    12:29

スペイン・バルセロナへのテロ攻撃の噂と、”歓迎論”

歴史的にイスラムと関係の深いスペインがイスラム国(IS)による次のテロ攻撃の標的になっているという噂が広まっている。スペインの中でも第一に狙われている都市はバルセロナである。そして、バルセロナ市内でその一番の攻撃の対象になっているのがサグラダ・ファミリアだという。バルセロナの建築家アントニオ・ガウディー作のサグラダ・ファミリアはバルセロナを象徴する作品である。その象徴を破壊するのが彼らの目標だとされている。

しかし、このテロ攻撃を歓迎する意見がひとつ注目を引いている。その意見というのは、仮にバルセロナでテロ攻撃が起きた場合、それは、カタルーニャの独立運動を阻止することに繋がるということなのである。バルセロナが首府のカタルーニャ州は現在独立運動たけなわである。カタルーニャ州政府は住民投票を実施し、ブリュッセルのEU本部とも接触して独立の為の支援を要請している。そして、カタルーニャ大使館まで設けて政治的な動きも見せている(「el Robotpescador」)。

しかし、テロ攻撃を受ければカタルーニャ州だけではテロ組織と戦うことは出来ない、そしてスペイン中央政府の協力が必要となる。カタルーニャ州には自治州警察が存在してはいるが、州警察にはテロと戦い、撲滅させるだけの情報力も組織力も持ち合わせていない。しかも、カタルーニャが独立しようとしているのと同じように、州警察も独立性を保とうとして、スペイン国家警察(CNP)とスペイン治安警察(Guardia Civil)、さらにはスペイン軍隊と協力する姿勢にも欠ける。よって、国際テロについての情報などは州警察のレベルでは十分に手に入れることはできない。もちろん、スペインの諜報機関にあたる国家情報センター(CNI)からの情報入手も彼らでは困難である。

一方のスペイン国家警察と治安警察は長年バスクの独立を訴えてテロ活動をしていたETAとの戦いの経験から、特に治安警察のテロについての情報力は非常に高いレベルにあると国際的にも評価されている。そこで、テロ攻撃を実際に受けると、州警察ではそれに対処する能力に欠けることが表面化する。そして、独立支持派の市民もそれを認識するようになる。そこで、国家警察と治安警察が州政府の要請によってカタルーニャでテロ撲滅に動く。それを見たカタルーニャの市民は独立が果たして意義あるものか問うようになる、というのである。

更に、カタルーニャの独立に反対する動きは隣国のフランス政府でも見ることが出来る。即ち、仮にカタルーニャが独立すれば、スペインとの国境を挟んでフランス側のペルピニャンを中心とする地方がそれに呼応してフランスから独立しようとする動きが生まれる可能性があるというのである。それはフランス政府の望むところではない。

同様にEUもカタルーニャの独立は望んでいない。EUが望んでいるのはヨーロッパ合衆国の建設であって、既に加盟している国から分離独立して新しく国家となってEUに加わることは望んでいない。そしてEU委員会の姿勢はカタルーニャの問題はスペイン中央政府とカタルーニャ州政府との間で解決して行くべきだという考えである。

では、何故カタルーニャ州でテロ攻撃の可能性が高いのかという理由は、170万人のイスラム人が住むスペインで、カタルーニャ地方が一番多くイスラム人が在住しているからである。その数は40万人。イスラム寺院も268存在しているという。しかも、カタルーニャで過激化する可能性のあるイスラム人が9837人いると予測されている(「ABC」)。

そして、テロ攻撃までの基盤になっているのが地中海を挟んだ対岸のリビアである。リビアは二つの政府が存在してはいるが、対立を繰り返し、それに武装組織が加わって混沌とした様相を呈している。そのような無政府状態の隙間を縫ってのテロ組織の構築にはもってこいの場所である。更に、その延長線上にある他のマグレブ3か国、チュニジア、アルジェリア、モロッコもテロの巣窟となっている。

TOP NEWS

解明されてきた真相

2017/08/30  12:24

どうしてバルセロナでテロが発生したのか。

今そこに危機があるのに

2017/08/25  08:00

地球外からの攻撃に人類は一致団結できるか

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

ACCESS RANKING

1

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

3

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

8

指揮官である首相の参拝は中曽根首相以降、朝日

靖国神社に参拝する防大生

9

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?

10

赤本はあるけど、予備校には通えない

”目標”を突破せよ!・・・防大受験最前線

1

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

6

指揮官である首相の参拝は中曽根首相以降、朝日

靖国神社に参拝する防大生

8

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

9

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

10

次世代の党、杉田水脈議員の国会質問が素晴らし

専業主婦は怠け者なのか?