イスラム国(IS、ISIS、ISIL)の検索結果

世界の流れは変わった。

2017/03/10  10:22

基本的に、政治というものは、国ごとの単位で論じられる。日本は自民党と民進党が二大政党だし、アメリカには共和党と民主党がある。イギリスは保守党と労働党だ。それぞれの国…

ポスト安倍時代に始まる日本の「トランプ革命」

国境管理は国家の権利

2017/02/02  10:51

ドナルド・トランプ米大統領が、テロ対策を名目に署名した大統領令に対して、世界中から非難の声が上がっている。大統領令は、テロリストが流入する恐れがあるとする中東やアフ…

「アメリカは移民の国」決めるのは誰?

EU加盟は遠のく一方

2016/07/19  19:06

トルコのクーデターが未遂に終わったが、エルドアン大統領の自己クーデターという憶測もある。 トルコではいつクーデターが起きるか、昨年後半より政治アナリストの間で…

トルコのクーデターは、エルドアン大統領の自己クーデター?

クルド人問題がカギ

2016/04/25  08:00

トルコの将来を最も左右するのは、クルド問題の行方である。 シリアで反政府派として戦っているクルド人部隊である人民防衛隊(PYD)とトルコ政府は対立している。そ…

トルコでクーデターが起きる可能性が取り沙汰されている

対岸にはテロの巣窟

2016/02/06  17:00

2026年の完成を目指して建設中のサグラダ・ファミリア。 最近アラブ諸国とヨーロッパにイスラム国が編纂したビデオが流布された。スペインでは通信社『euro…

「イスラム国」のビデオで、テロの標的になっているスペイン

シリア問題でも発言

2016/01/24  10:15

ヨルダン王国のラーニア王妃。パレスチナ人で、クウェート生まれ。 中東で目立たないが同地域の政情の均衡に要の役目をしている国がある。周囲を6カ国(パレスチナ…

中東の「要」のヨルダンの「要」はパレスチナ出身の王妃

ロシアとトルコの駆け引き

2015/12/21  17:00

戦闘爆撃機のSu-24。 11月24日に起きたトルコ空軍によるロシア戦闘機Su-24を撃墜したことが発端になって、11月15-16日のトルコで開かれたG2…

イスラム国の原油を日本が輸入している可能性

日本が支援をするための条件

2015/12/06  13:00

「歴史戦」という言葉は、かなり広がりを見せている。慰安婦問題などを使って、日本の国際的な信用を傷つけようという中国や韓国の動きに対抗していく取り組みのことだ。しかし…

​「イスラム国」問題の最終解決を考える

安全か自由か

2015/12/01  08:00

11月13日にフランスのパリで起きた過激派イスラム国の犯行によるとされる同時多発テロは死者130人、負傷者350人以上という結果になった。この規模のテロ事件は200…

フランス、テロを警戒して3000人を常に監視

アクションを起こし認め合うことが大事

2015/11/19  08:00

Facebookのトリコロールが様々な議論を呼んでいるようです。 私は単に「哀悼の意」を示すつもりで参加しましたが、「無国籍派」だとか、 「単にお祭り騒ぎで哀悼…

トリコロール論争を考える

テロと拉致

2015/11/17  19:05

フランスのパリで13日に起きた同時多発テロでは、イスラム過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出しています。   「イスラム過激派によるテロ」と言われれば、日本で…

朝鮮半島の「イスラム国」とどう向き合うか

素早かったFacebook

2015/11/16  14:07

フランスのパリで、「イスラム国」による痛ましいテロ事件がありました。犠牲になられた方々に、心から哀悼の意を捧げます。   日本でも多くの人々が、Facebook…

プロフ画像をトリコロールにしたみんなの関心をどう生かせるだろう――パリのテロ事件に思う

経済力かテロの原因か

2015/11/11  15:00

多くのシリア難民は近隣諸国に避難している。内戦のシリアから難民として出国した者はこれまで450万人いるという。その行き先の内訳は、トルコ190万人、ヨルダン63万人…

難民受け入れのメリットとリスク――ドイツの例から

順番あべこべでは?

2015/07/22  19:17

21日の閣議で了承された今年度の「防衛白書」は、南シナ海や東シナ海で海洋進出を続ける中国の行動に懸念を表明する内容となった。またイラクやシリアで活動を続けている「イ…

防衛白書「News23」は日本を戦争に巻き込む「イスラム国」が中国よりも危険と考えた?

ウクライナや「イスラム国」の問題で高まる不確実性

2015/03/07  17:00

世界の主要国で空母配備を増強する動きが広がっている。軍の機動力を高めて安全保障と自国権益を確保するためだ。 その背景には、ロシアのウクライナ南部クリミア編入や…

空母を増やす各国「積極的平和主義」の日本はどうする?

WSJは自縄自縛と批判 NYTは戦争を招くと批判

2015/03/03  07:00

オバマ米大統領は、いわゆる「イスラム国」に対する軍事行動の承認を求める決議案を、議会に提出している。オバマ政権はこれまで、「イスラム国」に対して空爆で対応してきたが…

手を縛られたガリバーか、次なる戦争の入り口かオバマ大統領の「イスラム国」対策に賛否両論

「イスラム国」問題は元をたどればイラク戦争 

2015/02/26  07:00

来年に控える米大統領選は現時点で、「クリントン家」対「ブッシュ家」の争いという構図が、有力なシナリオの一つになっている。ブッシュ家からの3人目の大統領を狙う共和党の…

「3人目のブッシュ大統領」に付きまとう「イラクの影」

軍人よりもお友達、戦略よりも国内世論を重視する大統領の外交政策の行方は

2015/02/25  07:00

アッシュトン・カーター前国防副長官が17日、オバマ政権で4人目となる国防長官に就任した。イラクやシリアで勢力を広げるいわゆる「イスラム国」の問題や、ウクライナに介入…

カーター新国防長官は「どうせ影響力ない」「お友達内閣」になったオバマ政権はレガシーを残せるのか

イスラムに言及しない過激派対策の会議で問題は解決するのか

2015/02/23  07:00

オバマ米大統領が19日にワシントンで開いた、過激派対策のサミットでは、60カ国以上の閣僚らが出席。いわゆる「イスラム国」のテロ行為を非難した上で、若者らが過激派の宣…

エジプト大統領「イスラム教には宗教改革が必要だ」オバマ大統領の“配慮”は問題解決につながるのか

グローバルスタンダードや植民地主義を欧米は反省できるか

2015/02/10  14:00

シリアやイラクで勢力を広げる、いわゆる「イスラム国」の台頭を受けて、アメリカを軸としたテロとの戦いが、再び本格化している。   日本も蚊帳の外で見ているわけには…

オバマ大統領「キリスト教徒だって十字軍をやった」と発言イスラム・テロの解決に必要な「歴史を見る目」

安倍首相の演説の検証を求める朝日と毎日 一国平和主義への後退に警鐘を鳴らす読売

2015/02/09  14:00

「イスラム国」に拉致された日本人の人質が2人とも殺害され、事件は最悪の結末となった。それを受けて、日本国内では、民主党や共産党をはじめ、安倍晋三首相の言動を追及する…

【社説読み比べ】「イスラム国」邦人人質殺害事件からの教訓

ブッシュを批判したオバマは、同じ間違いを繰り返す?

2015/02/04  07:00

いわゆる「イスラム国」の問題ですっかり影が薄くなってしまったが、シリアをめぐっては2011年から続く内戦をいかに終わらせ、アサド政権を退陣させるかという問題も残った…

シリア問題で戦略を示せずにいるオバマ大統領「ISILを破壊する」と「アサドは退陣せよ」をどう両立するのか

佐藤優氏の秀逸な解析!?

2015/01/28  17:00

「イスラム国」はネットを駆使したコミンテルン 佐藤優氏の秀逸な解析!? なるほど、コミンテルン、国際組織としての位置付け。しかしなぁ.. 夕刊フジ…

「『イスラム国』はネットを駆使したコミンテルン」は正しいのか?

人質事件を政争に使う野党 日本だけ「テロとの戦い」に参加しないという選択肢はな

2015/01/27  17:00

イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループが、シリア北部で昨年から消息が分からなくなっていた湯川遥菜さんと後藤健二さんとみられる2人の日本人の殺害を予告する…

イスラム国の日本人人質事件噴き出す「巻き込まれ」論に注意

イスラム国人質事件 「自分の身は自分で守る」自覚が国家としての態度を形作る

2015/01/23  10:00

昨日、「戦争は戦争」というタイトルで記事を投稿しましたが、私がなぜ「邦人救出」とか「自己責任」とかいうありきたりな議論に与しないのかということについて少し補足が必要…

覚悟をするということ

プラスチック憲法でいつまで国外と対峙できるのか?

2015/01/21  18:16

イスラム国殺害予告 「身代金は払えない」自民党高村総裁 この時点での毅然とした対応は、やはり正しいのだと思います。 米国やイギリスが明確にテロリストとの…

​イスラム国殺害予告「身代金は払えない」自民党高村総裁の担保は何か?

ついにこの日が来た

2015/01/21  18:07

イスラム国(IS)が日本人二人を人質にとって、二億ドルの身代金を要求したというニュースを耳にした時、「ついにこの日が来たか」という感慨を抱きました。今回の記事は、こ…

戦争は戦争

「シャルリー・エブド」を機に考える 本当は寛容な宗教

2015/01/20  15:00

フランス週刊誌のパリ本社への襲撃事件以来、イスラム教が問題視されている。 確かに、暴力事件は許せる行為ではないが、理由もなく襲撃するはずはない。 その背…

イスラム教にもヘルメス思想が流れていた

「シャルリー・エブド」襲撃で仏首相が「対テロ戦争」を宣言

2015/01/18  17:00

「テロとの戦い」を掲げたブッシュ米大統領が、不人気な2つの戦争を残して退陣してから5年。世界は再び、「テロとの戦い」へと戻りつつある。 きっかけは、テロリスト…

ブッシュの退場から5年「テロとの戦い」を再び始める欧米

ムハンマドの過激な風刺はどこまで許されるのか?

2015/01/13  13:00

フランスで起きた連続テロ事件は、「国内でのテロ計画をいかに防ぐか」「表現の自由と宗教への寛容性とのバランスをどう保つか」という課題を示したものと言える。 週刊…

「言論の自由」か「ヘイトスピーチ」か仏週刊誌テロが示す寛容な社会を創る難しさ

サウジが石油を減産しない理由 国内産業と安全保障から考える

2014/12/23  17:00

原油価格が下落しているようです。原油価格はOPECバスケットで1バレルあたり56.30ドルまで下落しました(12月18日現在)。OPECバスケットは、ここ2週間ほど…

サウジアラビアの試練

オバマ政権はイラン核交渉で外交成果を得られるか イスラム国がカギになる?

2014/12/12  17:00

11月24日が期限になっていた、イランの核開発をめぐる同国と米英独仏中露との交渉は、来年の7月1日まで期限が延長になった。今後の交渉を進める上でのひとつの課題は、イ…

アメリカがイランと組むワイルド・カード?イランがイラク領内で空爆

ヘーゲル国防長官も懸念 オバマ大統領はシリアでイスラム国とアサド大統領の両方を

2014/11/30  17:00

イスラム教過激派組織「イスラム国」の掃討を目指すアメリカは、イラクとシリアで空爆を行っている。 しかし、シリアはアサド大統領側と反体制派との内戦の真っ最中で、…

二匹のウサギは追えるのかシリアで二正面作戦を迫られるオバマ大統領の曖昧な戦略

オバマ政権の中東政策は、更迭より構想が必要

2014/11/25  19:00

オバマ米政権は残り2年の任期を残して、間もなく4人目の国防長官を迎えることになる。オバマ大統領が24日の記者会見で、ヘーゲル国防長官の辞任を発表したためだ。中間選挙…

ヘーゲル国防長官は、「生贄」?

ウイグルはイスラム国と無関係

2014/11/18  15:00

国際ウイグル人権民主財団・日本全権代表 トゥール・ムハメット氏が、イスラム国(ISIS)とウイグルの関係について、見解を発表しました。中国共産党は、ウイグル人による…

イスラム国(ISIS)についての見解【ウイグルチャンネル#9】

共和党から「弱腰大統領」への突き上げは必至

2014/11/16  17:00

イラクやシリアで勢力を広げているイスラム過激派組織「イスラム国」については、米軍の空爆だけでは掃討できないという声が強まっている。今度は、米軍トップの口から地上軍の…

イスラム国対策米軍制服組トップが地上軍派遣の可能性に言及

イスラム国対策で戦力の逐次投入

2014/11/11  07:00

イラクやシリアで勢力を拡大する過激派組織「イスラム国」に対する米軍の空爆作戦が始まって、8日で3カ月が経った。しかし、同組織の勢いは衰えを見せず、シリア北部まで影響…

オバマは本気なのか?

宗教を装った殺人集団の実態

2014/11/06  07:00

イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」が、イラク西部のアンバル県で、同じスンニ派だが同組織に敵対するアルブニムル族を襲撃し、これまでに女性や子供を含む322人…

イスラム国見せしめに部族虐殺

プロパガンダの脅威、日本も標的

2014/10/09  12:36

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に戦闘員として参加する若者が増えており、国際的な問題となっている。その脅威が日本にも無縁でないことが、このほど明らかになった…

「イスラム国」に参加しようとした北大生ら聴取

自国に戻ってのテロに警戒高まる

2014/10/03  13:43

多くのムスリム人口を抱えるアジア圏と、イラク・シリアで勢力を広げている武装組織「イスラム国」(IS)との関係が緊密になっている。 フィリピンでは武装組織「アブサヤ…

アジアから流入するイスラム国の戦闘員

TOP NEWS

骨のある野党は現れるか?

2017/03/17  10:13

解散総選挙という「シャンシャンパーティー」

政治に情けは不要?

2017/03/17  09:53

「石原たたき」という小池都知事の政治センス

たとえ周回遅れでも本格議論を

2017/03/14  08:20

北朝鮮は日本にとっても”核問題”

北朝鮮にとっては絶好のチャンス

2017/03/13  11:21

大統領の弾劾は、韓国の「終わりの始まり」か?

「貿易戦争」も手段のひとつ

2017/03/11  08:30

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

世界の流れは変わった。

2017/03/10  10:22

ポスト安倍時代に始まる日本の「トランプ革命」

トランプ大統領ならどう答える?

2017/03/17  08:20

ブッシュ元大統領…UFO機密は墓場まで持っていく