IMF(国際通貨基金)の検索結果

紙幣の価値が「重さ」で決まる

2016/12/22  13:54

最近のベネズエラ通貨ボリバルは1ドルの対価は、5000ボリバルという桁違いの高額になっている。高騰を続けるべネズエラのインフレの深刻な度合いを示すものだ。 最…

ハイパーインフレでもクーデターが起きないベネズエラ

来年にも政権交代?

2016/12/07  10:00

ポピュリズム政党のシリザ(Syriza)が2015年1月に政権に就いてから、ゼネストは最近5か月で4回行われた(「El Mundo」)。   4回目のゼネストで…

ゼネストが5カ月に4回起きたギリシャ――支持を失うポピュリスト政権と国民の苦しみ

世界版マイナンバー?

2016/05/12  10:46

パナマ・ペーパーに対する施策で一番やってはいけないのが、『国際的に税金を取り立てる仕組みを作ること』です。オフショア金融センターで資金を運用することがいかに倫理道徳…

「パナマ文書」問題が生み出す国際的な徴税システムの恐ろしさ

米中の対立の中で次の世界秩序が生まれる キッシンジャーやドラッカーの考察から考

2014/12/08  07:00

今日は、中国の「野望」から始めて、少し抽象的な話をしたいと思います。21世紀がどんな時代になっていくのか、そうした大きなお話です。   台頭する中国は何を目指し…

私たちは、実に面白い時代に生きている。

インド外交理解のカギとは?

2014/11/15  07:00

強大化する中国の軍事力を念頭に、インドは近年、日米などと安全保障上の関係を強化しています。しかし、中国とロシアとも上海協力機構(SCO)などを通じて協力姿勢を取って…

インドはアメリカの一極支配を崩し、超大国を目指す

慰安婦問題を世界に広げた朝日新聞

2014/11/14  11:00

シリーズ・反日の虚人 ー 3分でわかる慰安婦問題の本質その2 「反日の虚人 — 3分でわかる慰安婦問題の本質」の第2回をお送り致します。 プレゼンテーシ…

シリーズ・反日の虚人—3分でわかる慰安婦問題の本質その2

TOP NEWS

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

中身を見て判断すべきでは

2017/06/14  08:02

聖書の一句を載せる与党~政教分離の意味とは