イスラム教の検索結果

世界の流れは変わった。

2017/03/10  10:22

基本的に、政治というものは、国ごとの単位で論じられる。日本は自民党と民進党が二大政党だし、アメリカには共和党と民主党がある。イギリスは保守党と労働党だ。それぞれの国…

ポスト安倍時代に始まる日本の「トランプ革命」

国境管理は国家の権利

2017/02/02  10:51

ドナルド・トランプ米大統領が、テロ対策を名目に署名した大統領令に対して、世界中から非難の声が上がっている。大統領令は、テロリストが流入する恐れがあるとする中東やアフ…

「アメリカは移民の国」決めるのは誰?

「ムスリム狩り」?

2016/12/29  12:25

オランダ自由党のウィルダース党首(右)。 現在、ヨーロッパでは極右政党への支持者が増えている。ヨーロッパの景気の低迷に加え、中東やアフリカからの移民・難民…

オランダの首相候補は移民ぎらい

対岸にはテロの巣窟

2016/02/06  17:00

2026年の完成を目指して建設中のサグラダ・ファミリア。 最近アラブ諸国とヨーロッパにイスラム国が編纂したビデオが流布された。スペインでは通信社『euro…

「イスラム国」のビデオで、テロの標的になっているスペイン

日本が支援をするための条件

2015/12/06  13:00

「歴史戦」という言葉は、かなり広がりを見せている。慰安婦問題などを使って、日本の国際的な信用を傷つけようという中国や韓国の動きに対抗していく取り組みのことだ。しかし…

​「イスラム国」問題の最終解決を考える

西洋よりも進んでいたイスラム医学

2015/03/05  07:00

血液循環説を発見したのはセルベート(1509-53)といわれていますが、その3世紀も前にアブル=ハサン・アリー・イブン・アン=ナフィース(1202-88)によって発…

血液循環説の本当の発見者はアラビア人

イスラムに言及しない過激派対策の会議で問題は解決するのか

2015/02/23  07:00

オバマ米大統領が19日にワシントンで開いた、過激派対策のサミットでは、60カ国以上の閣僚らが出席。いわゆる「イスラム国」のテロ行為を非難した上で、若者らが過激派の宣…

エジプト大統領「イスラム教には宗教改革が必要だ」オバマ大統領の“配慮”は問題解決につながるのか

中世が「暗黒時代」だったのはヨーロッパだけ イスラム文明は栄えていたことを忘れ

2015/01/31  07:00

テロの問題など、「イスラム教」は誤解されやすいと思いますが、「イスラム文明」も正しく評価されていないのではないかと思います。   最近までは、「暗黒の中世」とい…

イスラムは誤解されていないか?西欧の歴史観にごまかされないようにしよう

「シャルリー・エブド」を機に考える 本当は寛容な宗教

2015/01/20  15:00

フランス週刊誌のパリ本社への襲撃事件以来、イスラム教が問題視されている。 確かに、暴力事件は許せる行為ではないが、理由もなく襲撃するはずはない。 その背…

イスラム教にもヘルメス思想が流れていた

ムハンマドの過激な風刺はどこまで許されるのか?

2015/01/13  13:00

フランスで起きた連続テロ事件は、「国内でのテロ計画をいかに防ぐか」「表現の自由と宗教への寛容性とのバランスをどう保つか」という課題を示したものと言える。 週刊…

「言論の自由」か「ヘイトスピーチ」か仏週刊誌テロが示す寛容な社会を創る難しさ

TOP NEWS

すでに10年服役。78歳。

2017/05/12  10:50

アルベルト・フジモリ元大統領の恩赦は実現するか

物事をどこから考え始めるか

2017/04/02  19:24

ぶつかり合う「幸福とは何か」――イギリスのEU離脱から

絶対的君主「スルタン」の誕生?!

2017/05/05  10:17

独裁体制を固めるトルコのエルドアン大統領

「学校を選ぶ自由」を認めるべき

2017/04/21  10:38

教育の自由

それでもまだまだ少数

2017/04/02  19:49

変わろうとする学校