安倍晋三の検索結果

骨のある野党は現れるか?

2017/03/17  10:13

衆議院の解散をめぐる憶測が、ふたたびマスコミをにぎわしている。 小池百合子・東京都知事の率いるグループが7月の都議選で躍進すれば、国政への影響も避けられず、そ…

解散総選挙という「シャンシャンパーティー」

世界の流れは変わった。

2017/03/10  10:22

基本的に、政治というものは、国ごとの単位で論じられる。日本は自民党と民進党が二大政党だし、アメリカには共和党と民主党がある。イギリスは保守党と労働党だ。それぞれの国…

ポスト安倍時代に始まる日本の「トランプ革命」

教育には「思想」があるもの

2017/03/03  11:57

学校法人「森友学園」をめぐる問題が、安倍政権を揺るがすスキャンダルへと発展している。ここまで安定した支持率を誇ってきた安倍晋三首相は、自民党の総裁任期の延長をやすや…

「教育勅語」も「はだしのゲン」も、思想教育であることに変わりはない

4年後、8年後も今と同じなら困る

2017/02/22  08:30

トランプ米大統領を相手にしての日米関係は、当初、懸念されていたよりも、はるかに順調な滑り出しを見せている。 3日に来日したジェームス・マティス国防長官は、尖閣…

トランプ時代の日米外交、「尖閣と基地」からどこまで行くか?

日本の首相なのに

2017/02/06  10:34

経済政策とは、国のなかで「誰を大切にするか」という問題でもある。規制を緩和して企業家を有利にするのか、社会保障を手厚くして弱者を大切にするのか。関税と補助金で農家を…

「アメリカ・ファースト」を実践する安倍首相

どうなる日米関係

2016/12/12  12:09

安倍首相がペルーの首都リマで開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力)に参加する前に、17日にニューヨークの「トランプ・タワー」を訪れ、米国の次期大統領トランプ氏と…

安倍首相のトランプ氏との会談についての意義はない

新しい世界秩序の試金石

2016/11/25  17:46

来年1月にホワイトハウスを去るオバマ米大統領の後継者は、アメリカにはいない。次期大統領は、反移民と反自由貿易というレッテルがすっかり定着しているドナルド・トランプ氏…

オバマ米大統領の”後継者”は、メルケル首相と安倍首相?

「話が違うじゃないか」

2016/11/24  13:01

アメリカの次期大統領であるドナルド・トランプ氏と17日に会談した安倍晋三首相は、「ともに信頼関係を築いていくことができると確信の持てる会談だった」と語り、トランプ氏…

安倍・トランプ会談はうまくいったが、外務省は大丈夫か?

12月までの宿題

2016/11/23  13:00

安倍晋三首相はAPEC首脳会合中に、ペルーのリマで、ロシアのプーチン大統領と会談した。同首相は、念願である北方領土問題の解決と平和条約の締結に向けて、12月にプーチ…

15回目の安倍・プーチン会談――日本は何を取るのか

対中戦略のピースとして

2016/11/21  13:14

ペルーのリマで19日から行われているAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会談は、オバマ米大統領にとって最後の外遊先である。オバマ氏は各国の首脳らと別れのあいさつ…

トランプ氏当選で宙に浮いたTPP――「温存しておく」という現実路線

独裁よりも小選挙区が問題

2016/11/01  08:28

ときどき誤解されがちだが、政党というものは、公のものではあっても、国の機関ではない。選挙で勝利して国会で政策を議論して実現させるための私的な団体である。だから、政党…

自民党の総裁任期が「3期9年」までに――何が本当の問題なのか

フィリピンを引き留めるために

2016/10/30  08:00

フィリピンのドゥテルテ大統領が、中国に続いて日本を訪問した。 就任以来、オバマ米大統領を「あばずれの息子」といった汚い言葉でののしるなど、アメリカに対する反対…

人権外交はどこまで"得"か――ドゥテルテ大統領をきちんと迎えた安倍首相

泰平の眠り?

2016/10/03  12:45

政府は「女性の活躍」を後押しする政策を、成長戦略の旗印のひとつとして推進している。すでに、2020年までに女性管理職を3割にする方針が示されているが、安倍晋三首相が…

自衛隊の特殊部隊は「吉田沙保里レベルでないと無理」という現実――どこまで「女性の活躍」?

民間が第一という教訓

2016/08/16  15:12

安倍晋三内閣の支持率は、おおよそのところ50%前後(参考① ② ③ ④)。どの部分に焦点を当てるかによって、肯定的にも否定的にも評価することは可能だ。安全保障で「中…

安倍内閣の歴史問題での成果を考える

働き方改革?働かない改革?

2016/08/04  17:16

第三次安倍改造内閣が発足した。   今回の組閣では、「ポスト安倍」の筆頭格と目される石破茂氏が、「財務相か外相なら残ってもいい」と啖呵を切って閣外に出た。記者会…

内閣改造と、アベノミクスの不確かな未来

左翼系学者の挑戦と限界

2016/07/24  13:33

『「安倍一強」の謎』 牧原出・著 朝日新聞出版 本体780円+税       民主党政権が終焉し、政治の世界では「安倍…

【習慣新書】『「安倍一強」の謎』(朝日新書)

野党対策で膨らむ予算

2016/06/04  08:00

自民党の高村正彦・副総裁は、消費税の増税を先送りする方針を、30日に安倍晋三首相から聞いた時に、次のように述べて反論したという(5月31日 朝日新聞)。   「…

必要なのは、アベノミクスの再定義――「何でも屋」経済政策でいいのか

トランプ氏ら、ずらり?

2016/05/27  13:15

伊勢志摩サミットの陰の主役が中国だったことは間違いない。   首脳宣言には、南シナ海での中国の威圧的な行動を念頭に海洋安保について触れ、「法に基づく主張」「力や…

来年からのサミットで、日本の首相の真価が問われる

核サミットの隠れた成果

2016/04/18  08:00

4月1日と2日、ワシントンで開催された核セキュリティーサミットにおいて、アルゼンチンのマクリ新大統領が待望していた安倍首相との会談が実現した。 日本では両首脳…

アルゼンチンのマクリ大統領が望んでいた安倍首相との会談が実現

税金は誰のもの?

2016/03/31  12:14

安倍晋三首相が、10%への消費税率引き上げを再度、延期するのではないかという観測が強まっている。5月18日に発表される1~3月期のGDP速報値も踏まえ、同月26日、…

増税のためにドカンと経済対策?――政府の頭を換えなければ、景気は良くならない

中華思想から法の支配へ

2015/11/04  06:00

ソウルで行われた一連の首脳会談の報道に接する中で目を引いたのは、「メンツ」に細かく気を配る韓国の姿だった。韓国は、中国の李克強首相を朴槿恵大統領との夕食会付きの公式…

安倍首相の「脱亜入欧」外交を示した日中韓首脳会談

敵は結局、財務省

2015/09/30  10:00

言魂の力というのは、確かに存在する。目標をつねづね口に出していれば、その確固たるイメージに向かって、現実が進んでいくことがある。いっとき流行った、いわゆる「引き寄せ…

アベノミクスの第2ステージは、失敗を認めるところから始まる

“独裁”の原因を考える

2015/09/22  10:00

安倍晋三首相の任期満了に伴う自民党総裁選が8日午前に告示された。野田聖子前総務会長が立候補を模索していたが、立候補に必要な推薦人20人を確保できず断念。安倍氏以外に…

【社説読み比べ】安倍首相が自民党総裁に再選「ポスト安倍」は不在なのか?

SEALDsの皆さんへ

2015/09/20  11:00

幼児は太鼓を叩くのが好きです。大声で奇声を発するのが好きな子もいます。 最近国会前で太鼓を叩いていた子達は幼児ではないみたいですが、「民主主義って何だ」と奇声…

太鼓を叩いていた子達に「民主主義」と「民主主義の敵」を教えよう

歴史問題の本丸は皇室

2015/09/14  08:00

「安倍談話」について、私は以前、「村山談話」から20年でかなり前進したという言い方もできるが、「日本は侵略国家だった」という大枠が変わっていないという意味では、「村…

安倍談話の「宿題」を考える中国・韓国の「歴史攻勢」から、この国を守るためには?

「安保反対」の盲点

2015/07/28  12:19

思想家の鶴見俊輔氏が、このほど亡くなった。「九条の会」の呼びかけ人の1人に名前を連ねていたということもあり、「彼なら安保法案の審議について何を言うだろうか」と惜しむ…

安保法案「先の先の」大戦の教訓を考える岡崎久彦氏を偲び

「礼讃」と呼ばずして、何と呼べば

2015/07/25  18:22

安全保障関連法案が参院で審議入りするのを控え、国会前では24日、反対派の団体らが抗議活動を行った。同日夜のニュース番組では、日本テレビの「NEWS ZERO」、テレ…

報ステ、News23による、粘り強い「安保反対」へのエールをご覧ください

産経・読売は強気の論調

2015/07/14  13:00

日韓の国交正常化から今年で50年。東京とソウルで開催された6月22日の記念式典には、安倍晋三首相と朴槿恵大統領がそれぞれ出席し、お互いに友好ムードを演出して、「未来…

【社説読み比べ】日韓国交50周年関係悪化は自然の成り行きか、朴政権の「正しい歴史認識」のせいか

このやり方は韓国メディア?

2015/06/10  20:51

戦後70年を迎える今年、安倍晋三首相が夏に向けて準備を進めている「安倍談話」の内容に注目が集まっている。テレビ各局はこの話題についてどのような視点から報道しているの…

「ハト派重鎮2人」村山元首相、河野・元衆院議長を持ち上げたTBS

「謝れば済む」の誤り   

2015/05/13  15:00

安倍晋三首相の米議会での演説が、日米同盟の強化を鮮烈に印象付けたことは間違いない。オバマ米政権は、ここまで日本に対して素っ気ない態度を取ってきたが、日米は今回の首相…

安倍首相の演説は歴史問題でプラスだったかマイナスだったか

内政干渉と“外政干渉”

2015/05/13  06:54

内政干渉という言葉はある。しかし、「外政干渉」という言葉は使わない。自国の国益を損なうような動きを他国がした場合に、抗議するのは当然のことだからだ。 しかし、…

韓国国会、安倍首相の演説を糾弾いっそ韓国人を官邸のスピーチライターにしては

日本の国防を担う沖縄

2015/04/14  07:00

これまで約4カ月間、沖縄県側との会談を拒んできた首相官邸がついに折れた格好で、菅義偉官房長官が5日に沖縄県を訪れ、翁長雄志沖縄県知事と初の会談を開いた。 翁長…

【社説読み比べ】「粛々と」は、上から目線?政府vs.沖縄県

まるで「売り言葉に買い言葉」

2015/04/07  07:00

朝日新聞は時折、散文や詩のような社説を載せることがあるが、3月29日の社説は特に目を引いた。メディアが、「第4権力」と呼ばれるようになって久しいが、その第4権力のト…

安倍首相は、「けたたましいクラクションを鳴らして激走する自動車」?「暴走」のイメージを広めたい左寄りメデ

Which is More Dangerous to Japan, Its O

2015/03/30  09:00

Discussion on national security legislation is underway. Based on the agreement wi…

Watching TBS’s “Sunday Morning”: Worrying about the SDF Going Out

イスラエルのネタニヤフ首相に続いて安倍首相も演説 同盟国を重視する共和党外交

2015/03/30  07:00

次のアメリカの大統領選挙までは、まだ1年半以上もある。まだ候補者が出馬表明をする時期でもない。しかしアメリカ政界ではすでに、外交の分野で政権交代に向けた準備が始まっ…

安倍首相がアメリカ議会で演説へ「オバマ後」へ準備を進める共和党

次々とゲストが印象操作コメント

2015/03/27  13:00

安保法制についての議論が続いている。政府は与党内での合意をもとに5月にも法案を閣議決定し、今国会中の成立を目指している。安保法制には、集団的自衛権の行使を容認する昨…

TBS「サンデーモーニング」を観る自衛隊の暴走は心配、でも中国の軍拡は素通り

戦時中に戻ってアメリカと組みたい中国が日本を封じ込める

2015/01/23  13:00

今日から、3回に分けて連載します。まずは第1回目です。 韓国系アメリカ人らが「日本軍による慰安婦20万人強制連行」といった説を広めていることに対して、間違いを…

天皇陛下を処刑したい中国の“野望”に気づけ(上)「日本はファシスト国家」と叫ぶ習近平の本心

米国で暗躍する中韓ロビーのロールモデルって?

2015/01/20  11:00

今回は米国クイーンズ地区のホロコースト記念館慰安婦常設展示のお話をさせていただきます。 首相、ホロコースト博物館でスピーチ「歴史修正主義者」の払拭狙う イス…

イスラエル訪問の安倍首相の真意とは何か?

紅白で中継された年越しライブでヒトラーの変装 紫綬褒章をオークション?

2015/01/12  13:00

戦後70年の節目にあたる今年は、日本が戦った先の大戦をどう考えるかという歴史観をめぐる議論が活発化しそうだ。「侵略者である日本は、アジア各国に謝罪すべきだ」という立…

戦後70年の夏へ桑田佳祐さん、「C調言葉」にはくれぐれもご用心ください。

安倍首相を「右翼」と呼ぶアメリカとの間でのバランス感覚

2015/01/10  07:00

「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」   これは、広島の原爆死没者慰霊碑に刻まれている、有名な言葉です。戦後70年の節目にあたる今年、安倍晋三首…

「過ち」を繰り返さぬために戦後70年目の安倍談話に「先の大戦への反省」

麻生財務相の「内部留保の企業は守銭奴」発言は適切か

2015/01/08  13:00

日本には、企業の味方はもはやいないのでしょうか。   こう言うと、不思議がられるかもしれません。日本は資本主義の国ということになっていますし、安倍晋三首相の進め…

企業の味方はどこにもいない?自民党と共産党が組む、“奇妙な連立”

安倍政権の暴走を戒める朝日、毎日、日経に対し、成長戦略の意義を説く読売

2015/01/07  07:00

2015年が明けた元旦の各紙の社説は、朝日と毎日、日経が、「戦後70年の節目」をテーマにして、日本を取り巻く国際関係について論じている。特に、朝日は“文学的”な抽象…

【社説読み比べ】グローバリズムとナショナリズム「安倍談話」に釘を刺す各紙

民主主義の質を担保するには、メディアを多様化する必要がある

2015/01/05  17:00

師走の衆院選では、自民党が事前の予想通り圧勝を収め、自民党の独り勝ちが続き、戦後の日本社会において強い影響力を持ち続けてきた左寄りのメディアは、悔しい思いをしている…

自民の圧勝で、ねじ曲がった報道は減るか

消費税を5%に戻す方が得策 一過性のバラマキでは、継続的な経済成長は見込めない

2014/12/31  13:00

消費税引き上げ以来、長引いている景気の低迷を和らげるために、政府が追加の経済対策に乗り出す。政府は、景気を下支えするための3.5兆円規模の経済対策を、27日の臨時閣…

商品券を撒いたら、景気は本当に良くなるのか?政府経済対策追加で3.5兆円

働く女性が増えればGDPは上がる でも国民の幸福は増えるか?

2014/12/27  13:00

安倍晋三首相は成長戦略の一環として、「女性の活躍」を掲げており、女性管理職の割合を3割に引き上げるといった目標を打ち出しています。しかし、「女性の活躍」でスポットラ…

専業主婦が支えた戦後働く女性が増えたら、本当に国民は幸せなのか?

「1強多弱」をけん制する各紙

2014/12/19  17:00

衆院選は予想通りの自民党の圧勝。どこの党にも追い風が吹かない「無風の選挙戦」の結果、自民党は公明党との連立で衆院の2/3を超える議席を得た。しかし、この圧勝で本当に…

【社説読み比べ】自民党は信任されたか?アベノミクス建て直しを急げ

主婦業を虚しいルーティンだとするフェミニズムも、働く女性ばかり応援する安倍内閣

2014/12/18  14:00

ジェンダー(性的役割分業)という言葉を使って、男女間の不平等が問題視され始めたとき、専業主婦の家庭内での仕事は「シャドウ・ワーク」と名付けられました。   日本…

専業主婦の仕事は「シャイニング・ワーク(光り輝く仕事)」だ!

選挙権を持たない在日韓国人が語る選挙の大切さ 14日に衆院総選挙の投開票

2014/12/13  07:00

今日は、当たり前の話をします。「選挙に行くのは、大事なことですよ」という、単純な、でもとても大切なお話です。   早いもので、衆院選は今日が「最後のお願い」の日…

「私の代わりに、選挙に行ってください」選挙権のない、とある在日から、日本の皆さんへ

自民圧勝で次は憲法改正か バラマキと増税の経済ではリスクも

2014/12/10  13:00

各紙の情勢調査によれば、14日に投開票される衆院選は、自民党の圧勝に終わる可能性が高い。   9日付の産経新聞は、自民党が単独で衆院議席の3分の2となる317議…

自民単独で2/3を超す勢い憲法改正に弾み?

TOP NEWS

骨のある野党は現れるか?

2017/03/17  10:13

解散総選挙という「シャンシャンパーティー」

政治に情けは不要?

2017/03/17  09:53

「石原たたき」という小池都知事の政治センス

たとえ周回遅れでも本格議論を

2017/03/14  08:20

北朝鮮は日本にとっても”核問題”

北朝鮮にとっては絶好のチャンス

2017/03/13  11:21

大統領の弾劾は、韓国の「終わりの始まり」か?

「貿易戦争」も手段のひとつ

2017/03/11  08:30

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

世界の流れは変わった。

2017/03/10  10:22

ポスト安倍時代に始まる日本の「トランプ革命」

トランプ大統領ならどう答える?

2017/03/17  08:20

ブッシュ元大統領…UFO機密は墓場まで持っていく