ヘルメス・トリスメギストスの検索結果

キリスト教を相対化する眼

2016/03/21  13:00

カンポ・デ・フィオーリ広場(花の広場)に建設されたブルーノ像。 ジョルダーノ・ブルーノ(1548-1600)は南イタリアに生まれたドミニコ会の修道士であり…

ブルーノは「西洋中心主義」の最初の批判者の一人だった

「イデア論」について

2016/01/09  17:00

ヘルメス・トリスメギストスは紀元前3世紀~後3世紀頃の人物とされていますが、ヘルメス・トリスメギストスが書いたとされる「エメラルド・タブレット」が、プラトン(前42…

プラトンに影響を与えた「エメラルド・タブレット」

トト神はギリシャから来た?

2015/12/05  17:00

古代エジプトの神話では、知恵を司ると言われるトト神が登場します。エジプトの神話である以上、トト神は一般にエジプト人の神のように思われています。しかし本来は、エジプト…

国境をまたぐ神話――エジプトのトト神とヘルメス

古代の神話を学ぶ奥深さ

2015/11/19  06:00

ギリシャ神話にも登場する有名な「ヘルメス」ときくと、羽のあるサンダルを履いてケリューケイオンの杖を持っているヘルメスの姿が一般的です。このヘルメス神は、繁栄・発展・…

古代の神話を学ぶ奥深さ――「同一人物」でも性格が違う?

エジプトルーツとギリシャルーツ

2015/07/02  10:00

ギリシャ神話の医神アクレピオス像。   見た目の似ている、アクレピオスの杖とケリュケイオンの杖の違いをご存知ですか?   エジプトでは、古来から…

アクレピオスの杖とケリュケイオンの杖との違いとは

聖地は2つもあった

2015/04/25  08:00

エジプトに2つも「ヘルメスの町」があったことをご存知ですか?   一つは上エジプトと下エジプトの中間点にあった「ヘルモポリス・マグナ」というところで、現在のエル…

ヘルメス思想の聖地エジプトにあった「ヘルメスの町」をご存知ですか?

ヘルメス文書の著者は本当にいたか?

2015/04/24  15:35

『ヘルメス文書』を書いたとされるヘルメス・トリスメギストスは、一般的には伝説の人物と言われていますが、アウグスティヌス(354-430)は彼を実在の人物と考えていた…

ヘルメス・トリスメギストスは実在していた?

ヘルメス思想の広まりはイスラム教徒がヘルメス文書を守っていたことによる

2015/02/07  14:00

ヘルメス思想は、15世紀にフッチーノによって『ヘルメス文書』が翻訳され、それに伴い一気にラテン世界に大流行したと一般に言われています。背景には、「ヘルメス・トリスメ…

イスラムの力によって、イタリア・ルネサンス以前にラテン世界で大ブレイクしていたヘルメス思想

ヘルメス思想にさかのぼる魔法の系譜

2015/01/22  14:00

シェイクスピアとヘルメス思想との関係を論じた前回に続き、今回からは一つひとつの作品に焦点をあてて紹介していきたい。 『テンペスト』は「嵐」という意味で、161…

​『テンペスト』に見る本物の魔術シェイクスピアが描いた魔法の世界

『ハムレット』などでおなじみの世界の文豪をつくったのはヘルメス思想だった

2015/01/19  14:00

シェイクスピアとヘルメス思想 シェイクスピア(1564-1616)は、イギリスの劇作家、詩人であり、文学史上不朽の人間像を創造した人物である。   そして、シ…

シェイクスピアに大きな影響を与えた思想とは

現代科学も医療も、基をたどればヘルメス思想

2015/01/17  14:00

ヘルメス思想とは、『ヘルメス文書』に見られる「オカルト哲学」のことである。オカルトとは、「隠された」あるいは「密教の」という意味がある。また、「人知の及び難い自然の…

ヘルメス思想とは何か「オカルト」の本当の意味とは

聖典『エメラルド・タブレット』とは何か

2014/12/21  13:00

「引き寄せの法則」がブームとなっているが、この原点はヘルメス思想の『エメラルド・タブレット』にある。ヘルメス思想とは、ヘルメス・トリスメギストスによる思想のことで、…

引き寄せの法則その基になったヘルメス思想

TOP NEWS

解明されてきた真相

2017/08/30  12:24

どうしてバルセロナでテロが発生したのか。

今そこに危機があるのに

2017/08/25  08:00

地球外からの攻撃に人類は一致団結できるか

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事