ワールド

すでに10年服役。78歳。

2017/05/12  10:50

1996年12月、リマの日本大使館がテロ組織によって占拠された事件から、今年で21年目を迎えることになる。占拠から127日経過して最終的に残った72日人の人質が解放…

アルベルト・フジモリ元大統領の恩赦は実現するか

絶対的君主「スルタン」の誕生?!

2017/05/05  10:17

4月16日のトルコで実施された国民投票は行政府の首長、国家の元首、与党の党首、閣僚任命権、議会解散権、司法の過半数の人選権などの権利が全て大統領に付与されることを承…

独裁体制を固めるトルコのエルドアン大統領

「意図的に」勘違い

2017/05/04  16:00

アメリカ大統領と言えばUFO情報、UFO情報と言えばアメリカ大統領なのだが、トランプ大統領には、これというUFO談がない。歴代大統領には様々な逸話があって膨大な研究…

米政府、エイリアン(外国人)による犯罪被害者のためのホットラインを開設→予想通りの結果に

市長の理想論にホテル業界大激怒

2017/05/01  08:10

ヨーロッパではフランスと並ぶ世界で屈指の観光国であるスペインの昨年の観光客は7500万人。スペインの中でバルセロナは最も訪問客の多い都市となっている。昨年は3000…

年間3000万人の観光客が訪れるバルセロナでホテル建設禁止例?!

映画のような現実の汚職劇

2017/04/30  16:33

ブラジルそしてラテンアメリカの政治指導者を巻き込み、ラテンアメリカ全域に波紋のごとく広がった汚職事件「ラヴァ・ジャット(Lava Jato)」の真相が少しづつ明らか…

ブラジル元大統領、逮捕まで秒読みか

EUに余力があるか

2017/04/27  10:08

かつて、ユーゴスラビア社会主義連邦が存在していた西バルカン半島で紛争が再発する可能性が強まっている。その理由は、およそ20年前の紛争終了後に、西バルカン諸国が期待し…

西バルカン諸国の紛争が再燃する恐れ

一石三鳥の魅力的な提案

2017/04/26  15:02

メキシコは空軍の主力戦闘機の更新が必要とされている。F-5はもう古くなっているからだ。それに関心を示したのがプーチン大統領のロシアである。そこでロシアが提案して来た…

アメリカの裏庭であるメキシコで、ロシア戦闘機を生産?

留学生への影響は?

2017/04/25  08:10

今回は、ドイツの大学での授業料について書いてみようかと思います。以前この記事で少し述べたように、ドイツでは高等教育も含めて、私立の学校や大学に通わない限り基本的に教…

ドイツでも学費がかかるように~バーデン・ヴュルテンベルク州での決定について

ある意味で有言実行

2017/04/21  10:11

アメリカが6日に実施したシリアの空軍基地に対する空爆は、トランプ米政権がどのような考え方を持っているかを見極めるうえで、示唆に富む攻撃だった。 シリアへの攻撃…

「オバマ時代」の終わりを宣言した、トランプ米政権のシリア攻撃

物事をどこから考え始めるか

2017/04/02  19:24

昨年の国民投票で、欧州連合(EU)からの離脱を決めたイギリスの交渉の前途は多難である。 EUに対して、29日に正式に離脱を通告したイギリスは、ここから、2年間…

ぶつかり合う「幸福とは何か」――イギリスのEU離脱から

日本はまだマシ

2017/03/29  10:28

歴史とは皮肉なもので、フジモリ氏が日本に亡命した時に彼の身柄の引き渡しを日本政府に要請したのは当時のペルーのアレハンドロ・トレド大統領であった。その彼が今度は、同国…

ラテンアメリカ最大の汚職事件の全貌が明らかになりつつある。

トランプ大統領ならどう答える?

2017/03/17  08:20

やっぱり、言えないのか・・・。 また1つ「大統領UFO発言史」に新たな1ページが刻まれた。 現職大統領や元大統領、大統領候補など著名人をゲストに呼んでは…

ブッシュ元大統領…UFO機密は墓場まで持っていく

「貿易戦争」も手段のひとつ

2017/03/11  08:30

アメリカのトランプ政権が、自身の掲げる貿易政策の見直しへと、歩みを進めている。 1日に議会に提出した通商政策についての年次の報告書では、世界貿易機関(WTO)…

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

世界の流れは変わった。

2017/03/10  10:22

基本的に、政治というものは、国ごとの単位で論じられる。日本は自民党と民進党が二大政党だし、アメリカには共和党と民主党がある。イギリスは保守党と労働党だ。それぞれの国…

ポスト安倍時代に始まる日本の「トランプ革命」

民意に沿っていない独立運動

2017/03/06  11:15

スペイン・カタルーニャ州の地元の二つの政党「カタルーニャ民主集中(CDC」と「カタルーニャ共和主義左翼(ERC)」の連合が政権に就いているのであるが、この政府による…

スペイン・カタルーニャ州から優良企業が続々と撤退しているのはなぜか。

前年比60倍に急増

2017/03/03  13:05

英国でEU離脱(Brexit)が決まってから、これに関係した話題は尽きることがない。最近の話題は英国に住むユダヤ人の間でポルトガルの国籍取得の申請者が急増していると…

英国のユダヤ人がポルトガル国籍取得に向かっている。

言葉どおりの成果をあげられるか

2017/03/02  18:00

ドナルド・トランプ米大統領は28日、連邦議会の上下両院合同会議で初めて演説を行った。1兆ドル規模のインフラ投資などの政策を表明した今回の演説は、同氏が進めるアメリカ…

「トランプ革命」の見取り図を示した議会演説

ルターもビール好きだった

2017/03/02  15:38

度々取り上げてきました宗教改革者ルターと、今回はビールの関係について書いてみようと思います。 この記事でも述べたように、今年は宗教改革500周年ということで、…

宗教改革者ルターとビールの関係

れっきとした有名大学の講座

2017/02/25  08:30

満場一致の中で一人違うことをシレっと言ってのけると、日本では「調和を乱す」罪で大変なことになる。言う内容にもよるけど、学者がUFOなどを真面目に語ったら、物笑い…

嘲笑されても平気どや顔でUFO学を教える先生に、書く記者たち

中東和平合意へ最後の賭け

2017/02/24  10:37

米国でトランプ大統領が誕生するや、それを待ち望んでいたかのように、イスラエル政府は僅か2週間余りでパレスチナ領土に入植地に6000戸の住宅の建設を許可した。8年間の…

オバマ大統領(当時)が昨年12月に安保理決議2234号を棄権した理由

予告どおりの激しい対立

2017/02/21  09:36

就任から1カ月と経たない間に、ドナルド・トランプ米大統領が窮地に立たされている。中東やアフリカの7カ国を対象とした入国禁止令に対して、裁判所が執行差し止めの判断をく…

トランプ擁護論から見えてくる、アメリカ政治の主導権争い

メキシコの主張

2017/02/08  08:30

メキシコから流入する不法移民の米国への入国を防ぐのが目的だとして、トランプ大統領は1月25日、選挙公約の一つであるメキシコとの国境3200㎞に壁を建設する大統領令に…

「国境の壁」費用負担断固拒否のメキシコ大統領

メキシコ移民の不安

2017/02/07  08:30

米国に在住するメキシコ人による本国への送金額が急増している。その理由は、大統領選挙戦中にトランプ氏が「米国とメキシコの国境に壁を建設する。その費用はメキシコ政府に負…

在米メキシコ移民から本国への送金が急増

国境管理は国家の権利

2017/02/02  10:51

ドナルド・トランプ米大統領が、テロ対策を名目に署名した大統領令に対して、世界中から非難の声が上がっている。大統領令は、テロリストが流入する恐れがあるとする中東やアフ…

「アメリカは移民の国」決めるのは誰?

ミレニアム・ファルコン?!

2017/01/25  10:01

アメリカ、ニューメキシコのロズウェルのように地面にUFOが墜落するのなら、海の底にだってUFOが落ちているかもしれない…という北欧発の話題が人気だ。   201…

バルト海に眠るは・・・UFO・・・?

トランプ大統領の施政に注目

2017/01/24  10:24

先日のトランプ大統領の就任演説は素晴らしい演説であったとは思います。しかし、トランプ大統領の施政によってアメリカが偉大になるかと言われれば、表面上は偉大になるかもし…

アメリカを真に偉大にするためには―トランプ大統領の就任演説によせて―

政治の仕事とは何か

2017/01/23  17:34

アメリカのドナルド・トランプ新大統領が20日に行った就任演説は、一部の人にとっては、規格外の常識外れで、世界の新たな時代の「危険な船出」を告げるものに聞こえたかもし…

トランプ米大統領の就任演説に学ぶ、日本国憲法の欠陥

国民のための政治をできるかどうか

2017/01/22  12:00

さて、1月20日にトランプ大統領が就任演説を行います。私は就任演説を待って記事を書くつもりでしたが、状況が変化する兆しがないので、掲載されるのは就任演説後になる可能…

トランプ大統領の危うさ

イギリスとインドのカレーな関係

2017/01/19  08:30

英国でインド人社会がEU離脱(Brexit)を支持しているのはあまり知られていない。しかも、EU離脱が意味するものは、移民の入国の自由を制限するものであるから、イン…

英国のEU離脱に英国インド人社会が支持を表明している

「宇宙」報道ステーション?

2017/01/17  08:25

  「大統領になったらUFOの情報開示をする」と公言していたヒラリー・クリントンが大統領選で敗退して、UFO研究者やファンたちはガッカリムードなのだが、一言でUF…

紛争中の国境上空にUFOあり日本も要注意

貧困国につけこむ中国

2017/01/13  10:34

2013年にニカラグア運河の建設プロジェクトが世界の注目を集めた。当初から、このプロジェクトの背後には中国が関係していると噂されていた。着工は2014年と発表された…

ニカラグア運河は計画倒れになる公算が強くなっている

トランプ大統領とマスコミの攻防戦

2017/01/11  08:30

アメリカでは20日にドナルド・トランプ政権が発足する。就任式の参加者は100万人規模になる見通しだが、就任に反対するデモ隊も数十万人にのぼりそうで、厳戒態勢での船出…

​「民主主義ってこれだ!」と叫ぶ若者が、アメリカでも大活躍

キッシンジャー元国務長官の献策を生かせるか

2017/01/10  12:52

反エスタブリッシュメントを掲げて大統領選挙に立候補したトランプ氏。貧富の格差などに不満を募らせていた市民が彼にその是正を求めて票を投じた。彼らの支持を集めてトランプ…

「トランプ人事」、真の狙いは?

あらゆる建設ルートを模索中

2017/01/06  09:05

ヨーロッパにおけるロシアからの天然ガスへの依存度は35%。その一方、ロシアにとってヨーロッパへの天然ガスの輸出は同国の全輸出量の54%を占めている。(EL ESPA…

天然ガスの供給で今後もヨーロッパ支配を狙うロシア

真珠湾の次は?

2017/01/03  10:32

安倍晋三首相の慰霊のための真珠湾訪問は、見方によっては不思議な行動に見える。 純粋に「慰霊」をしたいというなら、官邸にほど近い靖国神社に真っ先に行ってもいいも…

「次は南京で慰霊を」と言われたら、安倍首相はなんと答えるのだろう。

マスコミの集団ヒステリー

2017/01/01  00:00

年の初めにする予想は、たいていが外れると相場は決まっている。 中国が崩壊するだとか、朝鮮戦争が再発するだとか、あるいは第三次世界大戦が勃発するだとか、はたまた…

2017年、マスコミ大パニック――トランプ大統領に右往左往?

シリア内戦を超える死者

2016/12/30  12:26

ブラジルはラテンアメリカで最も経済力を持っている国である。しかし、人口の4分の1にあたる4,580万人が極度の貧困層で、国から手当を貰って生活しているというのが現状…

ブラジルの貧困と多発する犯罪

「ムスリム狩り」?

2016/12/29  12:25

オランダ自由党のウィルダース党首(右)。 現在、ヨーロッパでは極右政党への支持者が増えている。ヨーロッパの景気の低迷に加え、中東やアフリカからの移民・難民…

オランダの首相候補は移民ぎらい

ユーロ崩壊が近付いている?

2016/12/28  12:24

ユーロ通貨の寿命はあと5年以内と予測している人物がいる。英国の資金管理専門会社バーンブラエ・グループのメロン会長だ。   彼は英国がEU離脱を決定することを予測…

​今のヨーロッパは1930年代の金融危機が起きる直前にとてもよく似ている

ドイツのクリスマス

2016/12/27  12:22

今回はドイツのクリスマス、特にアドベントカレンダーについて少しまとめてみたいと思います。 ドイツのクリスマスは24日(聖夜), 25日(第一クリスマス), 2…

アドベントカレンダー~日本に広まるのはもうすぐ?

悲劇の国の行方は?

2016/12/26  13:59

トランプ氏が米国の次期大統領になることが決まって、自国の存亡を非常に懸念している国がある。その国とはウクライナである。   ポロシェンコ大統領はヒラリー・クリン…

プーチンびいきのトランプ米大統領が就任すると、ウクライナはどうなるか

プーチンとネタニヤフの取り決め

2016/12/23  13:55

シリア内戦でロシアの武力介入は止むことなく、配備される戦闘機も増えている。ロシア艦隊もそれに加わった。 現在の中東におけるロシアは上昇を続ける輝ける星のような…

ロシアとイスラエルの軍事衝突は回避できるか

紙幣の価値が「重さ」で決まる

2016/12/22  13:54

最近のベネズエラ通貨ボリバルは1ドルの対価は、5000ボリバルという桁違いの高額になっている。高騰を続けるべネズエラのインフレの深刻な度合いを示すものだ。 最…

ハイパーインフレでもクーデターが起きないベネズエラ

皇太子の改革はどうなるか

2016/12/21  13:51

中東政治の専門家ティエリー・メイサン氏は今年1月に彼のブログ「Red Voltaire」で、サウジアラビアが2年以内に破綻の危機に直面せねばならなくなると述べた。 …

サウジアラビアは2年以内に財政破綻の危機を迎える

キューバの未来はどうなるか

2016/12/19  13:49

キューバの首都・ハバナの旧市街。 「生きている間、常に自分の主義を貫いた。考えた通りに生き、考えていることの為に生きた」   この様に語ったのは、11…

キューバでは貧困が多いのに、フィデル・カストロは富豪だった

最大の課題は社会保障費

2016/12/16  12:19

これまで、レーガン大統領に関する記事を何回か連続して寄稿してきましたが、これにはちょっとした理由があります。 ロイターの「トランプ次期大統領はレーガン後継者か…

トランプ大統領はレーガン大統領を超えられるか

どうなる日米関係

2016/12/12  12:09

安倍首相がペルーの首都リマで開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力)に参加する前に、17日にニューヨークの「トランプ・タワー」を訪れ、米国の次期大統領トランプ氏と…

安倍首相のトランプ氏との会談についての意義はない

シンクタンクとは

2016/12/11  12:13

今回の記事では、シンクタンク(Think-Tank)という摩訶不思議な組織について、ある一人のイギリス人の生涯から書いていきたいと思います。 シンクタンクほど…

自由の擁護者――あるイギリス人の生涯

その日は近い?

2016/12/10  10:00

(クリンゴン語 wikipediaより) 11月11日にアメリカで封切られた映画『アライヴァル』が、さっそく話題になっている。突如やってきたUFOに対応す…

宇宙語の研究はもうじき始まる?――大学に「外国語学部宇宙語学科Θ☆Ψ語専攻」ができる日は?

来年にも政権交代?

2016/12/07  10:00

ポピュリズム政党のシリザ(Syriza)が2015年1月に政権に就いてから、ゼネストは最近5か月で4回行われた(「El Mundo」)。   4回目のゼネストで…

ゼネストが5カ月に4回起きたギリシャ――支持を失うポピュリスト政権と国民の苦しみ

危険な独中の接近

2016/12/05  08:00

最近になって、中国がドイツ企業を積極的に買収するのを目の当たりにしているドイツでは自国の産業の発展に多大のマイナス影響を及ぼすのではないか懸念されている。   …

中国のドイツ企業買収に待ったをかけたガブリエル副首相

NAFTAとメキシコ農業

2016/11/30  11:08

米国の次期大統領にトランプ氏が就任するが、米国のTPP(環太平洋経済連携協定)からの撤退はほぼ確実と見られている。その理由を同氏は、米国人労働者の為の経済発展を図り…

トランプ氏が選挙中、不法移民について言わなかったこと

新しい世界秩序の試金石

2016/11/25  17:46

来年1月にホワイトハウスを去るオバマ米大統領の後継者は、アメリカにはいない。次期大統領は、反移民と反自由貿易というレッテルがすっかり定着しているドナルド・トランプ氏…

オバマ米大統領の”後継者”は、メルケル首相と安倍首相?

日産のイギリス生産の背景

2016/11/25  13:03

英国に進出している日産は英国で生産量において最大の自動車メーカーになっている。ところが、英国がEU離脱を決定したことを受けて、英国で生産される同社の車がヨーロッパ大…

イギリスがEUから離脱すれば、EUへの輸出に関税がかかる?

「話が違うじゃないか」

2016/11/24  13:01

アメリカの次期大統領であるドナルド・トランプ氏と17日に会談した安倍晋三首相は、「ともに信頼関係を築いていくことができると確信の持てる会談だった」と語り、トランプ氏…

安倍・トランプ会談はうまくいったが、外務省は大丈夫か?

経済再生への決意

2016/11/23  17:46

安倍晋三首相がアベノミクスを再点火させるための起爆剤と位置付けていた、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)が風前のともしびとなっている。アメリカのドナルド・トラン…

トランプ氏「1つ規制をつくったら、古い規制を2つ撤廃する」

12月までの宿題

2016/11/23  13:00

安倍晋三首相はAPEC首脳会合中に、ペルーのリマで、ロシアのプーチン大統領と会談した。同首相は、念願である北方領土問題の解決と平和条約の締結に向けて、12月にプーチ…

15回目の安倍・プーチン会談――日本は何を取るのか

トランプ相場の先に

2016/11/22  18:00

8日にアメリカ大統領選が行われる前のニューヨーク株式市場は、ヒラリー・クリントン氏が有利と見られれば株価が上がり、ドナルド・トランプ氏に有利な情報が出れば下がるとい…

トランプ減税、アベノミクスのモデルになるか

対中戦略のピースとして

2016/11/21  13:14

ペルーのリマで19日から行われているAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会談は、オバマ米大統領にとって最後の外遊先である。オバマ氏は各国の首脳らと別れのあいさつ…

トランプ氏当選で宙に浮いたTPP――「温存しておく」という現実路線

オバマ戦略のほころび

2016/11/19  14:01

オバマ大統領は歴代の大統領の中では政治執務の経験が浅いまま大統領になったということで、官僚組織と軍事組織を掌握する能力に欠けていた。しかも、彼の外交の根底にあるのは…

シリアで後手にまわったオバマ政権――ペンタゴンとCIAの対立も

BRICSの要?

2016/11/18  13:56

現在のBRICSは、ロシアが天秤役になって、その両側に中国とインドがいてロシアが両国のバランスを取っているという形になっている。中国はロシアとの連携を基盤に新シルク…

インドと中国のあいだでバランスを取るロシア

元ビジネス仲間の組み合わせも

2016/11/16  14:19

トランプ次期米大統領の「元」ビジネスパートナーである、アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領。 米国の次期大統領に、予想を覆してドナルド・トランプ氏が就任…

​どうなる?トランプ次期アメリカ大統領の外交――不安を抱くラテンアメリカ

独紙の記事から

2016/11/12  10:00

以前、この記事で宗教改革やルター所縁の都市ヴィッテンベルクについて述べました。ハロウィンで盛り上がる10月31日は宗教改革記念日でもあり、ドイツでは毎年何らかの形で…

【ベルリンから】来年は宗教改革500周年――現代人が宗教改革に思うこと

EUパスポートが使えなくなると。。。

2016/11/11  18:30

Brexitの決定を受けて、シティーで営業活動をしている金融業者の誘致を狙ってフランクフルトとパリが積極的に動いている。一方の英国では、Brexitによって英国で営…

イギリス銀行協会の会長が大手銀行の移転を警告――ブレグジットの余波つづく

安倍首相の交渉力は?

2016/11/09  16:42

現地時間の8日に投開票が行われたアメリカ大統領選は、事前の世論調査の結果を覆し、共和党のドナルド・トランプ氏が当選した。トランプ氏はフロリダ州など勝敗を決するとされ…

トランプ氏が米大統領に当選――問われるマスコミのあり方

自身の首を絞める欧州

2016/11/09  15:33

ロシアの人道を無視した止むことのないシリアのアレッポへの空爆で、EU加盟国の間ではロシアへの追加制裁を科すべきか否かが問われていた。しかし、10月20日のブルッセル…

ロシアに新たに制裁は必要か

UFOウォッチャーが見た大統領選

2016/11/08  15:23

  あの超常現象ドラマ「Xファイル」の名作の再放送が始まった。第1話はエイリアン・アブダクション。今のところ、どう時間をやりくりして見るかが一番の問題だ。   …

UFOも注目(!)の米大統領選――「宇宙の平和」の鍵を握るのはどっち?

「移動の自由」後の未来

2016/11/07  18:01

Brexitを食い止めるべき動きが生まれている。保守党、労働党、自由民主党のBrexitに反対する議員が纏まって、政府がリスボン50条をEUに通達する前に、議会で事…

イギリスの試練はこれから始まる

メール問題でいつものすり替え

2016/11/04  16:27

アメリカ大統領選がいよいよ今月8日に迫る中、共和党のドナルド・トランプ氏が巻き返しを見せている。民主党のヒラリー・クリントン氏が、国務長官時代に私的なサーバーを使っ…

「メディアはヒラリー推し」見破っているアメリカ国民

中国をけん制するパートナー

2016/11/03  13:25

10月15~16日に、インドの都市ゴアでBRICSの首脳会議が開催された。インドとロシアの個別のトップ会談ではロシアからインドへミサイルシステムS-400の供給やヘ…

モディ首相によるインド外交の変化と、日印関係の重要性

意外とパワフル?

2016/11/02  13:23

10月20日にベルギーの首都ブルッセルで開かれたEU首脳会議で、ロシアによるシリアのアレッポへの非人道的な止むことなき空爆に対して、追加制裁の是非が議論された。独、…

ヨーロッパの”女帝”メルケルさえ恐れない、イタリアのレンツィー首相

南北に分けるという発想

2016/10/31  13:16

2012年にメルケル首相が発言している「2速度の欧州」というプランがある。中欧及び北欧と南欧では経済構造が異なり、発展の仕方も違う。それを二分割した経済ブロックにし…

ユーロ通貨は終焉に向かっている

さて、北方領土は・・・?

2016/10/29  13:12

フォークランド諸島に生息するキングペンギン。 日本が北方四島の領土回復に参考になる出来事がつい最近起きた。英国とアルゼンチンの間で領有権を争っているフォー…

アルゼンチンとイギリス、フォークランド沖合の共同開発で合意

そもそも、時代遅れ?

2016/10/26  12:31

今年いっぱいで国連事務総長を退任する潘基文(パン・ギムン)氏の後任に、ポルトガル元首相で前国連難民高等弁務官のアントニオ・グテーレス氏が就任することに決まった。 …

国連の存在意義が問われている――新しい事務総長の船出は順調か

カタルーニャの行く末

2016/10/25  12:29

歴史的にイスラムと関係の深いスペインがイスラム国(IS)による次のテロ攻撃の標的になっているという噂が広まっている。スペインの中でも第一に狙われている都市はバルセロ…

スペイン・バルセロナへのテロ攻撃の噂と、”歓迎論”

ワンフレーズで180度変わる意味

2016/10/24  14:21

ノーベル文学賞を受賞したアメリカのシンガーソングライター、ボブ・ディラン氏が受賞について沈黙を続けている。この沈黙は不快感の表れなのか、それとも何か別の意味があるの…

ノーベル賞に沈黙のボブ・ディランは「無礼で傲慢」か、それとも「彼らしい」のか

移民受け入れの難しさ

2016/10/22  13:00

現在のEUはドイツとフランスの主導で機能している。米国オバマ大統領とロシアのプーチン大統領との間でバランスを取りながらEUの代表として渉りあえるのはメルケル首相だけ…

メルケル首相の去就

メイ首相の主張

2016/10/20  15:09

英国がEU離脱を決めた後、ドルとユーロに対してポンドはそれぞれ17%と19%と下落している。ポンドへの不信は今後も続くことが予想される(「EL MUNDO」)。 …

イギリスのEU離脱までの道のりは、まだまだ遠い

輸出に加え、北朝鮮対策も

2016/10/19  12:50

ハバナの旧市街 安倍首相が9月に国連総会出席の後、日本の首相として初めてキューバを訪問したことは日本でも報道された。キューバ革命の推進者だったフィデル・カ…

なぜキューバとの関係が大事なのか――安倍首相の訪問の目的は何だったか

偏向でなくて、何なのか。

2016/10/18  16:34

米大統領選の本番まで1カ月を切る中、共和党のドナルド・トランプ候補は、「自分はスターだから女性に何でもできる」と過去に発言したとされるテープが流出したことで、ますま…

トランプのスキャンダルは3日で103分、ヒラリーはたったの8分――米大手テレビ局の報道時間

トルコと欧ロとの距離感

2016/10/17  13:35

7月にトルコで起きたクーデター未遂は、トルコの今後の外交の方向転換を促す機会となった。 その中でも、特に注目されるのが、トルコは今後も北大西洋条約機構(NAT…

トルコは今後もNATOに加盟し続けるのか?

問われる安全保障

2016/10/14  12:17

EU軍の創設は昨年からユンケルEU委員長を始め、特にドイツとフランスが軸になってこの必要性を表明していた。しかし、それにいつも反対していているのが英国である。英国の…

イギリスのEU離脱が、EU軍創設の動きを加速させた

シェアハウスもトレンド

2016/10/12  15:14

Frankfurter Allgemeine Zeitungの記事によると、ここ数年でドイツ都市部の家賃が急激に上がっているようです。打撃を受けているのは学生であり…

ベルリンの住宅事情――家賃の急激な上昇、それでも日本よりはマシ?

最も醜い選挙戦の裏返し

2016/10/11  14:29

アメリカの大統領は、2期務めたら、辞めなければならない。第二次世界大戦を戦ったフランクリン・ルーズベルト大統領は、かつて4選を実現したが、さすがに長すぎたために、「…

早くも惜しまれるオバマ米大統領――2期目で最高の支持率

東部の混乱の行方は?

2016/10/10  13:29

ロシアの軍港であるセヴァストポリの黒海艦隊。 ロシアは既にクリミアに対空ミサイルシステムS-300を含め、最新兵器と40000人から成る軍隊を駐留させてい…

ロシアへの抵抗を続けるウクライナ

国際関係のバランスについて

2016/10/07  13:31

内戦が5年にわたって続いているシリアをめぐっては、このほど、停戦合意がふたたび崩壊した。和平に向けた取り組みは、これまでに少なくとも17回を数えるが、今回も実を結ぶ…

「日本をシリアにしないために」――平和でない状態から、平和を考える

依然として高い殺人件数

2016/10/05  13:25

メキシコは世界で犯罪件数の多さではトップクラスの一つである。その要因は麻薬組織カルテルとそれに関係している多くの暴力グループが横行していることによるものである。メキ…

メキシコの底力をはばむ麻薬カルテル

ドルからの離脱図る?

2016/10/04  12:43

中国は今年4月に上海の自由貿易区に金取引所を開設した。世界最大の金の生産国であり、また今後も金の保有高を増やす意向が強い。金相場にも影響力を持ちたいとしている。その…

金を買い進める中国とロシア

「自由」の意味が問われている

2016/09/29  13:00

9月16日にスロバキアの首都ブラチスラバで開かれたEU首脳会議で、メルケル首相以外の首脳たちの間で暗黙裡に了解されたことは、メルケル首相がこれ以上移民・難民をヨーロ…

出生率の低下で、イスラム化が進むヨーロッパ

LCCを苦しめる増税

2016/09/28  13:00

荷物入れの蓋には広告が掲載されるライアン航空の機内の様子。 ヨーロッパでナンバーワンの商売人、イタリア人はお客を魅了させて自国の製品を売ることに長けている…

イタリアのレンツィー首相、ライアン航空の投資に協力

テロリスト対策?

2016/09/27  13:00

ドイツ政府は今後テロリストによる攻撃が増えることを非常に警戒している。8月に政府は国民に、「5日分の飲料水と10日分の食料」の備蓄をしておくようにと勧告した。冷戦以…

有事に備えるドイツ政府――国民に5日分の飲料水と10日分の食料の備蓄を勧告

現地は現地で、の日本式支援

2016/09/26  13:30

米国が1990年代にラテンアメリカへの関心を薄くしていた時に、中国はラテンアメリカの資源の開発と輸入を求めて投資を行って同地域に強い影響力をつけた。同様のことがアフ…

日本主導のアフリカ開発会議が目指すもの

地震の衝撃

2016/09/23  13:00

アマトリーチェの風光明媚な風景。 米国国立環境情報センター(NCEI)によると、イタリアでは1957年から現在までマグニチュード3.5以上の地震は52回起…

イタリアのアマトリーチェとその周辺を襲った地震は中世をしのぶ観光地としての将来を完全に奪った

深まるか、中ロの連携

2016/09/22  13:00

中国人民解放軍海軍の空母「遼寧」。 シリア紛争でアサド政権を支えているイランとロシアに中国が加わる可能性が出て来ている。中国がシリア紛争に直接介入すること…

中国がシリア内戦に直接介入することが濃厚になっている

タダ乗りすると?

2016/09/21  18:24

筆者は最近ベルリンに移り住んだので、早速今回は日常的な事柄をテーマに記事を書いてみたいと思います。 Berliner Morgenpostのこのローカルな記事…

改札のないドイツの電車~ベルリンより

トルコのEU加盟は遠のいた

2016/09/20  17:57

昨年11月にロシアの戦闘機をトルコ空軍が撃墜して以来、ロシアとトルコの関係は悪化していた。ロシアはその報復としてトルコに対して経済制裁を課した。トルコからの果物や野…

トルコのクーデター未遂で、いちばん得をしたのはロシア。損をしたのは。。。

情勢安定への期待、高まる

2016/09/19  14:50

南米でこの半世紀の間に800万人の市民が身の安全が脅かされる被害を受け、22万人が暗殺され、4万5000人が行方不明になっているという国がある。そして、多くの住民が…

コロンビア、武装組織との和平合意とその後――半世紀の間に22万人が暗殺された国

ああ、情報鎖国

2016/09/17  15:00

世界のどこかで、毎日必ずといっていっていいほど、けっこうな数のUFO関連記事が掲載されている。それも英語での発信に限ってである。   米・英が圧倒的で、英公共放…

次の黒船がUFO型だったら・・・どうする日本

フォークランドとのつながり

2016/09/16  20:36

英国のEU離脱が決定して、英国は大西洋のフォークランド諸島(アルゼンチン名:マルビナス諸島)への新たな取り組みが必要となっている。特に、それを自国の領土と主張するア…

イギリスのメイ新首相が示した、アルゼンチンとの新たな外交の方針

国民の窮状はベールの向こう

2016/09/12  15:39

ロシアの外交の多くはプーチン大統領の独断的な判断で決めたように思える。それに対して、ロシアの報道メディアから彼の判断を批判する意見は、彼の反発を恐れて存在しない。こ…

ラッキーな男、プーチン大統領

大型船もOK

2016/09/09  12:08

パナマ運河の様子。閘門を閉め、閘室の水位を変えることで、高低差のある場所の間の船舶の航行を可能にする。 6月26日にパナマ運河の拡張工事の完成を祝う式典が…

新パナマ運河、出だし1カ月の活況――LNG船の輸送コスト減で日本にもプラス

奇跡2件を認定

2016/09/05  13:00

「コルカタの聖人」として知られ、貧しい人々の救済活動に一生を捧げたマザー・テレサがカトリック教会の「聖人」に列せられ、4日には列聖式が行われた。バチカンのサンピエト…

マザー・テレサ、カトリック教会の「聖人」に

彼らも”グル”?

2016/09/04  13:10

反政府武装組織コロンビア革命軍(FARC「Fuerzas Armadas Revolucionaria de Colombia」)とサントス大統領が主導するコロンビ…

コロンビア革命軍FARCとベネズエラ政権の麻薬密売での協力関係

もう一つのサグラダ・ファミリア

2016/09/03  17:16

建設中のカテドラル。 バルセロナにあるガウディの作品、サグラダ・ファミリア大聖堂は彼が亡くなった今も建設が続けられている。交通事故で亡くなり、自分の目で完…

カテドラルの建設に人生をかける91歳の老人――スペインから

税高くして、潰れゆく企業

2016/08/27  12:53

政府の支出を抑え、財政収入の増加の必要に迫られてるギリシャ政府は8月に入って新たに政令を発布した。その内容とは、「請求書を発行しない企業に対して、その顧客は支払いを…

ギリシャでは、請求書を発行しないと、48時間の営業停止

最近の報道から

2016/08/26  12:52

ブラジルのリオデジャネイロではつい最近までオリンピックが行われていましたが、今からちょうど80年前の1936年にはドイツのベルリンでオリンピックが開催されました。ち…

ヒトラー政権下で行われたオリンピック

ユーロ圏には残りたいが。。。

2016/08/25  17:49

欧州連合(EU)そして北大西洋条約機構(NATO)における反逆児、ギリシャのチプラス首相がまた問題を引き起こした。ロシアが誇るライフル銃カラシニコフをギリシャで生産…

ギリシャがロシアのライフル銃を自国で生産?

EUは天国か、それとも?

2016/08/24  13:59

フィンランドがNATOに加盟するのではないかという憶測が飛んでいる。7月1-2日とプーチン大統領がフィンランドを訪問した。何故、フィンランドを訪問したのか? …

フィンランドがNATOに加盟すれば、ロシアからの脅威は倍増する

クロップサークルの季節

2016/08/22  16:00

毎年、収穫期になると世界のどこかの畑にクロップサークル(ミステリーサークル)が現れる。最近では2016年8月12日にイギリスのウィルトシャー州で発見されたが、上…

オーストラリア公共放送の"UFO陰謀論"

実権を握りつつある皇太子

2016/08/21  09:48

サウジアラビアでサルマン国王が退位して彼の息子で国防大臣のムハンマド・ビン・サルマン皇太子(30)が新国王に即位するという噂がある。それも年内に起きるというのだ。そ…

年内にも皇太子が即位?サウジ国王の「生前退位」の行方

中国分析に必読

2016/08/20  13:10

『中国4.0』 エドワード・ルトワック・著 文春新書 本体780円+税 中国という困った隣人は一体何を考えて行動しているのだろう。それを…

【習慣新書】『中国4.0』(文春新書)

”クビ切り”で身動き取れず

2016/08/19  13:10

人口2900万人のサウジアラビアでは、出稼ぎの外人労働者がその3分の1を占めている。一方、就業者数で言えば、半分の1130万人が外人で占められているという。彼等の主…

サウジの出稼ぎインド人がピンチ――インド政府は食料を発送

代金は払ったのに。。。

2016/08/18  13:07

6月23日にEU離脱(BREXIT)が勝利すると、ポンドは急落し、夏場のバケーションを目当てに旅行予約をしていた顧客からのキャンセルが相次ぎ、資金繰りが悪化し経営破…

イギリス旅行会社の倒産、12万人の旅行者に影響

「我々が日本国憲法を書いた」

2016/08/17  15:16

人間の権利のなかでも、もっとも大切なものは、自分の身を守ることである。自分の身が安全であってこそ、私たちは財布の中身を気にしたり、いろいろな自分の幸福や人生について…

アメリカに人権を語る資格はあるか――バイデン氏の発言を考える

ヒスパニックの心をつかむのは?

2016/08/17  13:05

米国の次期大統領候補ヒラリー・クリントンもドナルド・トランプもラテンアメリカでは期待されていない。現在のコロンビア、ベネズエラ、エクアドル、パナマを統合した「大コロ…

アメリカの次期大統領に期待を寄せないラテンアメリカ

「自分の国は自分で守る」ということ

2016/08/15  13:25

アメリカでは、共和党のトランプ氏と民主党のクリントン氏が、次の大統領の座を賭けて選挙戦を戦っており、政治の話題をすっかり独占している。 しかし、見逃せないのは…

日本を危険にさらすオバマ政権の“レガシー”づくり――「核の先制不使用」宣言を検討

移民二世の孤立とテロ

2016/08/10  11:14

ニースの美しい町並み。 1990年には、世界で400件のテロ事件が起きた。25年が経過した今、15000件のテロ事件が起きているという(「Voltaire…

フランス人とイスラム教徒の戦いが起きるかもしれない

まずは憲法にメスを

2016/08/05  07:00

11月に控える本選挙を前に論戦が本格化しているアメリカ大統領選では、共和党のドナルド・トランプ氏が窮地に陥っている。これまでも、移民や女性、障害者らを蔑視するような…

「憲法を読んだことがあるのか」――トランプ氏への批判と、日本の政治風景

事前に買ったらどうでしょう?

2016/08/02  14:22

ヨーロッパにおける観光業はどの国においても経済発展に重要な役割を担っている。ヨーロッパで格安航空会社(LCC)が伸展したのも観光業の発展と直接結びついているからであ…

ヨーロッパ格安航空の機内の軽食は、普通の5倍の値段

女性「なら」いいのか

2016/07/30  15:21

11月に投開票されるアメリカ大統領選は、民主・共和両党がそれぞれの党大会を終え、正式に本選挙の火ぶたが切って落とされた。   民主党は大本命のヒラリー・クリント…

「米大統領選、ヒラリー・クリントン氏、初の女性大統領へ」が、偏向報道である理由

投票しないで文句は言えない……

2016/07/29  13:09

英国のEU離脱が国民投票で決定したが、現在まで300万人の有権者が2回目の国民投票を望んでいるという。また、「Leave」に投票した100万人が後悔しているとい…

Brexitの勝利に憤慨する英国の多くの若者

本当はどこもガタガタ

2016/07/28  13:08

イタリアの銀行危機が注目されているが、ドイツそしてポルトガルの銀行も危ない。先ずイタリアの銀行危機について取り上げることにしよう。   2008年のリーマンショ…

イタリアの銀行危機は氷山の一角

加盟に向けた秋波?

2016/07/22  13:31

アルゼンチンのマクリ大統領が昨年12月に就任してから、アルゼンチンはそれまで12年間続いたキルチネール(2003-2007)とフェルナンデス(2007-2015)大…

太平洋同盟に接近するアルゼンチン

LNG輸送船も通れるように

2016/07/20  13:27

パナマ運河。 6月26日にパナマ運河の拡張工事の完成を祝う祝典が開催された。オープニングの最初に通航する船として中国のコスコグループの9472本のコンテナ…

新パナマ運河がたどった工事の騒動と今後

EU加盟は遠のく一方

2016/07/19  19:06

トルコのクーデターが未遂に終わったが、エルドアン大統領の自己クーデターという憶測もある。 トルコではいつクーデターが起きるか、昨年後半より政治アナリストの間で…

トルコのクーデターは、エルドアン大統領の自己クーデター?

税金、高すぎない?

2016/07/16  15:49

「副業をするドイツ人が増えている」というタイトルのFAZによる記事を紹介したいと思います。 日本でもひと昔前に比べると仕事の形態は多様化し、仕事をいくつか持っ…

副業をするドイツ人――税金を納めたくないのは金持ちも庶民も同じ

かわいい異次元世界

2016/07/13  16:45

映画『フォース・カインド』は、エイリアンによる人間のアブダクション(拉致)の実態を衝撃的に暴露したかなり怖い映画だ。信じようと信じまいと、アメリカではエイリアン・ア…

エイリアン・アブダクション・グッズが面白い!

イランの港を開発援助

2016/07/12  13:28

イランのチャバハル港。 5月22日にモディ首相はイランを訪問した。イランとインドは、14項目の合意を交した(「Iran Spanish Radio」)。イ…

インドの改革に向かうモディ首相の新たな外交戦略

「連立できず再選挙」の結果

2016/07/10  08:00

2015年12月の総選挙の際の、ポデーモスの集会。 6月26日、スペインで上下院議会の総選挙が実施された。今回の総選挙ではギリシャのシリザと同じイデオロギ…

スペインでつまづいた反EU政党――与党勝利も、連立の行方は不透明?

UFO教育も

2016/07/08  08:00

7月2日は「世界UFOデー」だった。アメリカ発の記念日で、欧米圏では年々、知名度が上がってきている。 もともとは、1947年のこの頃に起こった、ケネス・アーノ…

街で、学校で、各地で定番化する「世界UFOデー」

住民の不安が現実化

2016/07/07  08:00

5月中旬にスペイン・マドリードから40km南下したトレド県のセセーニャ市でヨーロッパで最大の廃タイヤが放置された廃棄場が延焼。燃えるタイヤが完全に鎮火するまで1週間…

スペインの環境問題――放置の末におきたタイヤ火災

バルト海を挟んだにらみ合い

2016/07/06  08:00

5月12日に北大西洋条約機構(NATO)はルーマニアのデベゼルにミサイル防衛(MD)システムを嫁働させた。イージス・アショアと呼ばれているものである。イージス艦が備…

NATOとロシア、脅威とミサイル防衛

オリンピックの警備が手薄に?

2016/07/03  15:54

ブラジルのルセフ大統領には現在最大180日の職務停止が適用され、公職から離れている。これから上院で弾劾法廷が設けられて上院定員の3分の2の54議席が罷免に賛成すれば…

ブラジル大統領の罷免の背後に誰がいた?

各国で“EU解体”の声

2016/06/27  20:46

英国は4つの異なった文化の集合国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つである。 今回のBrexitを問う国民投票は英国を完全…

キャメロン首相の歴史的な判断ミスが英国のEU離脱を生んだ

責任の重さを見る

2016/06/23  12:03

米陸軍が、ハリウッドと協力して新兵募集の広報官を地球防衛戦の最前線に送り込んだ模様だ。 といっても仮想空間でのこと。米陸軍の新聞アーミー・タイムスによれば、米…

ハリウッドが米陸軍の地球防衛に協力?

大統領の暴走?

2016/06/20  08:00

2014年7月、アメリカのケリー国務長官と会談したダウトール首相。 トルコでダウトール首相が辞任したことで、エルドアン大統領のたがねが外されて中東でのトル…

トルコのダウトール首相はなぜやめたのか

表題には異議ありだが

2016/06/18  08:00

『イスラム化するヨーロッパ 』 三井美奈・著 新潮社 本体720円+税   国内問題とアメリカ大統領選挙の報道で、ここ2、3か…

【習慣新書】『イスラム化するヨーロッパ』(新潮新書)

パナマ運河なかりせば……

2016/06/17  12:46

パナマ運河。 パナマ共和国の存在はパナマ運河で世界に知られている。そして今、パナマは麻薬の中継地としても発展しているのだ。しかも、パナマはタックス・ヘイブ…

中米でも暗躍する麻薬カルテル

加速するパレスチナ入植

2016/06/14  10:34

パレスチナ問題について、現在のEU議会はイスラエルとパレスチナの二つの国家の併存を軸にした外交方針である。しかし、その中にあってドイツはこれまでイスラエルを優先する…

ドイツがイスラエルへの優遇策を見直しも

アメリカ政治を動かす世論の声

2016/06/13  08:00

11月に行われる米大統領選は、共和党が実業家のドナルド・トランプ氏、民主党がヒラリー・クリントン前国務長官の構図になることが確定した。   政治経験のないトラン…

米大統領選は、トランプ対クリントン――「皆の衆」の声を勝ち取るのはどちらか?

ビザなしで、どこまで行けるか

2016/06/10  14:50

今回は「最も価値が高い国籍はドイツ」という内容のこの記事について少しまとめてみたいと思います。 トップの画像では、ある国の国籍を所有することの価値が高い国、そ…

パスポートが世界一通用する国、ドイツ

使えない武器が改良され。。。

2016/06/09  12:44

EUとトルコとの間で、EUに違法流入した移民または難民をトルコに送還し、送還された人数に匹敵するトルコにいる移民または難民をEUが受け入れる、という合意が今年3月に…

シリアからヨーロッパに戻ったテロリストは1000人

さすがUFO先進国

2016/06/08  08:00

世界の新聞、テレビなどのメディアでは、どこかが毎日といっていいほど、UFOの目撃情報を出している。カナダもそんな国の1つだ。 カナダ屈指のUFO研究者といえば…

カナダで初のUFO情報公聴会

殺人事件が続く

2016/06/05  15:06

カラカス中心部。 水不足、薬不足、食料不足、ハイパーインフレ、停電の連続、デフォルト寸前、犯罪の増加、そして大統領は指導力を失い反対派が支配する一院制議会…

ベネズエラ、国家公務員は週に二日間働くだけ?

「核無き世界」は実現するのか

2016/06/01  20:35

5月26、27日に伊勢志摩で開催された主要国首脳会議に参加したオバマ米大統領が、27日午後、現職のアメリカ大統領として初めて、広島を訪れた。 平和記念公園に到…

【社説読み比べ】オバマ米大統領の広島訪問

複雑な調整

2016/05/28  15:00

2010年、「ノルド・ストリーム」の着工記念式典に臨むロシアのメドヴェージェフ大統領(当時)。 昨年12月の年度末の欧州連合会議でイタリアのレンツィ首相が…

ロシアとドイツを直接結ぶパイプラインを阻止する動きが活発化

ロシアへのけん制

2016/05/26  08:51

イランが入手を望んでいるとされるロシアのミサイルシステムS-400。 米国は北大西洋条約機構(NATO)を通してルーマニアに5月よりミサイル防衛システムを…

アメリカがサウジに、NATOと湾岸協力議会の連携を提案

ネタニヤフ首相の訪ロ

2016/05/23  08:00

すでに5年続いているシリア紛争。 ロシアが昨年9月に武力介入してから様相が一変し、米国とロシアの間で紛争解決への協議が展開されるまでに発展した。しかし、アサド…

オバマ大統領、ゴラン高原をシリアに返還させる構え

西サハラ難民問題

2016/05/22  08:00

以下の3つの出来事の根底にひとつの共通の動きがあることを説明したい。   4月20日にオバマ大統領はサウジアラビアを訪問。しかし、リヤド空港ではサルマ…

モロッコが中東の鍵を握る?――アメリカ、ロシアと中東の力関係

つい言っちゃった

2016/05/20  15:58

アメリカ陸軍のトップが、「宇宙人に備えよ」と発言したなら、「ついに始まったか」と世界のUFOファンは”大喜び”するに違いない。 4月、アメリカのノーウィッチ大…

ついに米軍が宇宙戦争を想定し始めた!?――陸軍幹部が衝撃発言

来月、決選投票

2016/05/17  14:10

ペルーで6月5日に予定されているケイコ・フジモリ(40才)とペドロ・パブロ・クチンスキー(77才)は大統領決戦投票に向けて両者は熾烈な戦いを繰り広げている。 …

ペルー大統領選、ケイコ・フジモリ大統領が誕生する可能性は?

公務員の解雇も

2016/05/15  08:00

パナマ文書の公開が昨年11月のアルゼンチン大統領選挙の前であったら、マクリ大統領は誕生していなかった。彼もこの文書に名前が載っているということで国民からの信頼を…

大胆に公共料金を値上げしたアルゼンチン新政権

不人気の王様と後継者

2016/05/14  08:00

前国王のファン・カルロス1世。 スペインのフランコ将軍は、独裁政治のあとに立憲君主制に戻すことを生前から決めていた。そのため、ブルボン家のファン・カルロス…

日本人があまり知らないスペイン王家の裏側――イギリスよりもゴタゴタ?

テレビでも発言

2016/05/13  08:00

アメリカ大統領選のそれぞれの指名争いの裏では、ここ何カ月もある話題で盛り上がっている。 「誰が大統領になれば、UFOの機密情報を暴露してくれるのか?」 …

クリントンは本当に「UFOの機密解除」をするか?――米大統領選、かくれた”争点”

核の懸念も

2016/05/01  12:20

イスラエル国防軍が1999年にドイツから購入したドルフィン級潜水艦。 ドイツ政府が2012年に世論の反対を押し切って、イスラエルにドルフィン級潜水艦を販売…

イスラエルに渡ったドイツ製潜水艦――歴史問題をめぐる微妙な関係

ここにも"Xファイル"

2016/04/27  08:00

人気ドラマ『Xファイル』にちなんだローカルな”Xファイルネタ”が欧米各地の地方紙で話題になっているが、ロシアのザ・モスクワ・タイムスにも、興味深いUFO情報が取り上…

ロシアのUFO研究――モスクワ・タイムズから

とんだ言い間違い

2016/04/26  09:20

アメリカのオバマ大統領がドイツを訪れているようです。 ZDFの記事によると、はじめにHannover(ハノーファー)という都市のメッセ(見本市)を訪れると記事には書…

「私はベルリン市民」と言ったつもりが、「私はジャム入り揚げパン」?――ケネディ元大統領の演説から

クルド人問題がカギ

2016/04/25  08:00

トルコの将来を最も左右するのは、クルド問題の行方である。 シリアで反政府派として戦っているクルド人部隊である人民防衛隊(PYD)とトルコ政府は対立している。そ…

トルコでクーデターが起きる可能性が取り沙汰されている

損害はGDPの3%

2016/04/23  08:00

インカ帝国の遺跡の一つ、エクアドル南部に位置するインガピルカ。 4月16日に起きた南米エクアドルを襲ったM7.8の地震は18日午後6時過ぎまでに犠牲者は4…

​エクアドル地震の現地からの報道

日本に期待されることとは?

2016/04/21  08:00

第二次世界大戦末に人類史上初の核攻撃を受けた広島において、10、11日の両日、「先進7カ国(G7)外相会合」が開かれた。「核なき世界」の実現に向け、政治指導者らに日…

【社説読み比べ】G7外相会合と広島宣言――「核なき世界」と抑止力

他ならぬ選挙の争点

2016/04/20  08:00

1995年の大統領選挙で勝利したフジモリ元大統領と、娘のケイコ氏。 4月10日に行なわれたペルーの大統領と一院制議会選挙でケイコ・フジモリ(40才)は39…

決戦投票へもつれこんだ、ペルー大統領選――フジモリ(父)政権の評価を考える

サッカーチームも乗せられます

2016/04/19  08:00

格安航空会社(LCC)のヨーロッパの最大手ライアン航空(RYANAIR)は格安運賃への追求から常に新しい提案をしている。今度の提案は今年10月から実施するもので、「…

さらに激化する欧州の空、激安合戦――ライアン航空、プライベートジェットにも進出

ホワイトハウスは検討中

2016/04/18  13:00

広島で開かれたG7外相会談では、ケリー米国務長官がアメリカの現職の国務長官として初めて、平和記念公園を訪れるという記念すべき時となった。「核なき世界」を提唱するオバ…

オバマ大統領の広島訪問は、もはや既定路線?――ケリー氏が見せた積極性

核サミットの隠れた成果

2016/04/18  08:00

4月1日と2日、ワシントンで開催された核セキュリティーサミットにおいて、アルゼンチンのマクリ新大統領が待望していた安倍首相との会談が実現した。 日本では両首脳…

アルゼンチンのマクリ大統領が望んでいた安倍首相との会談が実現

殺人の相次ぐ観光地

2016/04/17  08:00

アカプルコのビーチ。 1950年代のメキシコのアカプルコは、ハリウッド映画にも頻繁に登場し豪華なリゾート地として発展し、60年代と70年代には中流層を対象…

カルテルによる犯罪と、観光が共存しているメキシコ

ローマ法王の仲立ちも

2016/04/14  08:00

キューバ革命の英雄である、ホセ・マルティ。「キューバの使徒」として国民の支持を受けている。 オバマ大統領が2才の時にキューバ革命が起きた。1959年の出来…

オバマ大統領のキューバを訪問とその後

飛行機の安全のためにも

2016/04/13  17:00

英国の公共放送BBCが、英国国防省でUFOの調査をしていた元調査官ニック・ポープ氏による「2009年に終了したUFO調査を再開すべき」という記事を掲載した。 …

英BBC「UFO調査は必要」

汚職問題は泥沼化

2016/04/13  13:33

3月にジルマ・ルセフ大統領の議会での罷免の可能性は75%と見られていた。しかし、4月に入り、「その可能性は60%にまで減少した」と金融関係で信頼あるコンサルタント会…

ブラジル、ルセフ大統領の弾劾の行方

外交政策?

2016/04/12  08:00

パナマ文書について、日本のメディアは解明に強い関心をもっていないように見えるが、この機密データの漏洩は世界の多くの国で衝撃を与えている。スペインでは電子紙1社とテレ…

アメリカ人がなぜか出てこない「パナマ文書」――ある仮説

核テロをどう防ぐか

2016/04/11  08:00

4月1日と2日にワシントンで開催された核セキュリティーサミットは過激派テロ組織が核物質を手に入れることを阻止する為の国際協力の必要性を訴えた。 核の拡散防止で…

モルドバが放射性物質の闇取引の巣窟に

難民送還の背景とは

2016/04/08  16:52

移民と難民のヨーロッパへの流入を防ぐために、EUはトルコに総額60億ユーロ(7200億円)の支援金の提供を決めた。しかし、これはEUが自ら撒いた種子でもある。  …

難民問題のため、言論の自由のないトルコにこびるEU

第二のウクライナ?

2016/04/07  16:19

シンクタンク「ゲイトストーン協会」のアミール・タヘリ氏のレポートによると、イランはこれまでシリアに120億ドル(1兆3440億円)の支援金を提供しているという。その…

トルコのエルドアン大統領を失脚させようと画策するアメリカ

移民のモデルになる?

2016/04/06  17:42

ドイツの首都ベルリンにNeukölln(ノイケルン)という地域があります。外国人住民が多く、私は1ヶ月ほどそこで滞在したことがあるのですが、ドイツ語以外の言語をよく…

ノイケルン――ドイツ人が少数派なベルリンの一地域

積年の悲願

2016/04/04  08:00

『ケルチの眺め』 (1839年、イヴァン・アイヴァゾフスキー画) クリミアはウクライナ出身のフルチョフがソ連の書記長に就任すると、党組織の権力争いにウクラ…

プーチン露大統領「責任者の首を吊ってやる」――クリミアとロシアを結ぶ橋の工事の遅れに

自由かテロ対策か

2016/04/03  08:00

フェトフッラー・ギュレン師(写真左)。 3月に入ってトルコで最大の発行部数(65万部)を持つ「ザマン(ZAMAN)」と「トゥデイズザマン(Today's …

危機に立つトルコの言論の自由――有力紙の接収とその後

難民以外にも

2016/03/30  18:00

ドイツにやって来る難民の人口について、最近読んだ記事を簡単にまとめてみたいと思います。 Der Spiegelの記事によると、2015年の間で難民を含めてドイ…

ドイツに移住した外国人は1年間に200万人

サウジをめぐる憶測

2016/03/30  12:24

「サウジアラビアで原油がもたらす富が終われば、中東で戦争を誘発するであろう」と指摘したのは米国の政治アナリストであるヒル・バトゥラー氏だ。   さらに同氏は、「…

中東での大規模な戦争が早い時期に起きる可能性

難民であふれる港町

2016/03/24  08:00

現在ヨーロッパの難民については、トルコ経由からギリシアに渡り、そこからドイツに向かう難民の話題が報道の軸になっている。しかし、英国を目指してフランスで居据わっている…

英国に渡ろうとする難民をコントロールせねばならないフランス

オバマ大統領が急遽訪問

2016/03/23  08:00

マクリ大統領(左)とバイデン米副大統領。 20世紀初頭のアルゼンチンの首都ブエノスアイレスは南米のパリと呼ばれたほどに発展した都市で、アルゼンチンは世界の…

新たな市場を求めるアルゼンチン

入閣の狙いは「不逮捕特権」?

2016/03/21  10:16

ブラジルのルセフ大統領は自らの政治生命に危機が近づいているとして、彼女の政治家としての恩師であるルラ前大統領に救い求めた。彼女が恐れているのは議会で弾劾請求が受理さ…

追われるブラジル大統領、前大統領の入閣は吉か凶か

月で聞こえた「笛の音」

2016/03/20  17:24

NASAは時々不思議な情報を出してくる。 2月24日付の米ハフィントンポスト紙によると、アポロ10号の宇宙飛行士が月の裏側で”宇宙的音楽”のような音を聞いてい…

NASAの新情報「月の音楽」

日本は尖閣諸島対応を見習うべき

2016/03/20  13:15

フォークランド諸島に多く生息するイワトビペンギン。 3月15日にアルゼンチンの領海で違法操業をしていた中国漁船がアルゼンチン沿岸警備艇に撃沈された事件は、20…

中国漁船がアルゼンチン沿岸警備艇に撃沈されるも外交問題にはならない

震災から5年、ドイツから

2016/03/15  12:51

日本において環境大国と称されるドイツでは、エネルギー政策、特に福島を例に反原発を謳う人が多い印象が個人的にはあります。ニュースサイトでも原発のあり方については話題に…

「環境大国」ドイツにおける福島についての報道――原発には感情的なドイツ

スターの行方

2016/03/14  08:11

2014年6月、ワールドカップのブラジル代表としてプレーしたネイマール。 マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティーが、バルサ(FCバルセロナ…

どうなる?ネイマールの去就

シリア侵攻の説も

2016/03/12  08:00

王位第2継承者であるムハマンド・ビン・サルマン国防相。 今年3月にトルコとサウジアラビア(サウジ)の地上軍がシリアに侵攻するという噂がある。この侵攻を中止…

サウジアラビア、王国の崩壊は間近か?

汚職続き

2016/03/11  08:00

2010年大統領選で投票を行ったルセフ氏。 2月22日にブラジル連邦警察はルセフ大統領の選挙参謀を勤めたジョアオ・サンタナ(63)を逮捕した。ブラジル最大…

ブラジルのルセフ大統領、辞任か――捜査は人気者の前大統領にも

詰め替えただけ

2016/03/10  08:00

今年のオリーブオイルの価格は当初50%近く上昇した。現在は、その上昇幅も弱まったが、値上がりの理由はスペインでの干ばつでオリーブの実が不作となったことだ。 スペイ…

【スペイン発】オリーブオイルの産地偽装が発覚――スペイン産が「イタリア産」に

出口のないカオス

2016/03/08  07:55

シリアの内戦はシリア政府軍、ロシア、イラン、ヒズボラの連合軍と反政府軍であるイスラム国やヌスラ戦線を始め反政府穏健派やクルド系勢力なども入り交じっての戦いが続いてい…

シリア紛争と核拡散の懸念――サウジとトルコに核保有の噂

アウトローの世界

2016/03/06  13:48

メキシコでは、2000年からジャーナリストが90人暗殺され﹐、23人が行方不明になっているという(「El Pais」)。これはメキシコの麻薬組織カルテルによる犯罪で…

ジャーナリストにとって最も危険な国、メキシコ――暗躍するギャングたち

世論調査から

2016/03/05  12:56

ヨーロッパ各国に難民が流入している様子はニュースでよく見ることかと思います。特にドイツへ向かう難民は多く、積極的に受け入れようとする人から、受け入れに強く反対する人…

難民の受け入れにいまだ楽観的なドイツ人

日本にも?

2016/03/02  08:00

このほどアメリカで第10シリーズが放映された、ドラマ『Xファイル』というのは、本当にクールでホットらしい。 つい先日、CIAが、ドラマの再開に合わせて過去のU…

どの国にもあるUFOの「Xファイル」

パイロットの悲哀

2016/02/28  08:00

ライアン航空は競合他社を露骨に広告で非難することで知られる。写真の機体後部には、"bye bye Latehansa"(ルフトハンザ(Lufthansa)と遅れる(…

ヨーロッパ格安航空の値引き合戦とその背景

海のシルクロードの終点

2016/02/27  15:00

ギリシャのピレウス港。 米国主導の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に対抗する狙いもある中国の新シルクロードの海路の終点はギリシャのピレウス港になってい…

中国がついに買収したギリシャのピレウス港

「苦しいときの友こそ真の友」?

2016/02/26  15:00

イランの最高指導者であるハメネイ師(写真右)のもとを訪問した習主席。写真左はイランのロウハニ大統領。 中国の習主席の1月中旬からのサウジアラビア(サウジ)…

中東での発言力を強めた中国

宗教と信仰

2016/02/26  08:00

ローマ法王の発言が、ちょっとした議論を巻き起こしている。このほどメキシコを訪問した際に、「どこであれ壁を築くことしか考えず、橋を架けることを考えない人間はキリスト教…

トランプ氏は「キリスト教徒ではない」――ローマ法王の発言と心の問題

変わる中東の勢力図

2016/02/23  08:00

イスラエル西岸地区に建設されている分離壁。 2012年、キッシンジャー元国務長官が「10年後の2022年にイスラエル国家は消滅する」と発言した。そして米国…

「イスラエルは10年で消滅する」――キッシンジャー発言を考える

ワインを出せないなら・・・。

2016/02/22  08:00

2015年、ブーシェフル原子力発電所の前で演説するロウハニ大統領。 イランへの制裁が解除されたあと、ロウハニ大統領の最初の外遊先としてイタリアとフランスが…

イスラム圏から大統領を迎える時、晩餐会をどうするかーーイラン大統領を迎えるフランスとイタリアから

高い失業率、政治も混迷

2016/02/21  08:00

ポデーモスのパブロ・イグレシアス。 昨年12月20日に行われたスペインの総選挙から50日が経過した今も、新内閣が誕生しない状態が続いている。外国の投資家や…

いまだ内閣が発足しないスペインーー新興政党ポデモスが大胆なポスト要求

観光も要注意

2016/02/20  08:00

ブラジルは8月のオリンピック開催を前に、同国が抱えている経済問題以上に深刻な事態が発生しつつある。ジカウイルス熱の感染者が多発していることだ。 ジカ熱の感染が…

ブラジルのオリンピックとジカ熱のパンデミック

刑務所のドラマ

2016/02/18  08:00

ペーニャ・ニエト大統領(左)。2014年、メキシコのグアナファト州セラヤ市に新設されたホンダの新自動車工場のセレモニーに出席した。 現在のメキシコは麻薬組…

メキシコの麻薬カルテル王が刑務所で読んでいる名作とは?

国民の生活は困窮していく一方

2016/02/17  12:43

ロシア国民の預金総額はGDPの6.5%だという。歳入の大半を預かる原油と天然ガスの価格が回復しない限り、この預金総額は今年の半ばに尽きかねない。現在のロシアの状況は…

ロシア経済、万事休す?――原油安と汚職で近づく財政危機

兵士が次々と逃亡

2016/02/15  14:20

イエメンの首都、サナア。 イランが制裁から解除された。その報に焦りを感じているのが中東のもう一方の両雄であるサウジアラビア(サウジ)だ。サウジにとってイエ…

イエメン紛争で傭兵に頼るサウジ

「これまでの秩序」に危険信号

2016/02/11  13:19

「アイオワ州の党員集会で敗れた後のドナルド・トランプは、ノックダウンされたヘビーウェイト・チャンピオンのように振る舞った」と、ニューヨーク・タイムズ紙は伝えた。 …

ニューハンプシャー州で「でっかく」勝ったトランプ氏――党を超える政治のうねりの行方

下がりゆく支持率

2016/02/08  08:00

  昨年のドイツへの難民流入者は110万人だという。政府与党のメルケル首相が率いるキリスト教民主同盟(CDU)とゼーフォーファー党首のキリスト教社会同盟(CS…

難民政策が招いたメルケル首相の危機――与党からも非難の声

対岸にはテロの巣窟

2016/02/06  17:00

2026年の完成を目指して建設中のサグラダ・ファミリア。 最近アラブ諸国とヨーロッパにイスラム国が編纂したビデオが流布された。スペインでは通信社『euro…

「イスラム国」のビデオで、テロの標的になっているスペイン

ご期待にお応えして?

2016/02/05  08:00

アメリカのCIAが、そのホームページに、過去のUFO調査に関する新たな機密文書を公開し、大きな話題となっている。米・英・オーストラリア・露などの大手メディアや地方紙…

CIAがUFOの機密文書を公開して大騒ぎ

朝日、毎日は「お説教」

2016/02/04  17:00

イランのザリフ外相と欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表が、16日にウィーンで共同声明を発表し、イラン核開発疑惑を受けた米英仏独露中の6か国による対イラ…

【社説読み比べ】欧米がイラン制裁解除――影にちらつく北朝鮮

「強権」はこういう時に有利

2016/02/03  15:00

カタールの夜景。 今年1月からロシアはトルコに対し制裁の適用を開始した。昨年11月にロシア戦闘機Su-24がトルコの領空に侵入したとしてトルコ空軍が撃墜し…

駆け引き続くロシアとトルコ――石油の調達に動くエルドアン大統領

入っては出てゆく

2016/02/02  08:00

イタリアの元首相、ベルルスコーニ氏。 イタリアの議会政治は短命内閣が繰り返されて来た。イタリア共和国70年の歴史で現行内閣まで63回の内閣が誕生していると…

イタリアでは国会議員の325人が所属政党を変えた

さらに遠のく和平

2016/01/31  16:02

イスラエルが最近懸念している問題にパレスチナ自治政府が崩壊するのではないかという不安がある。 パレスチナ自治政府はヨルダン川西岸地区とガザ地区から構成される。…

イスラエルが懸念するパレスチナ自治政府の崩壊

もはや公然の秘密

2016/01/30  08:00

アメリカ民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン氏が、ニューハンプシャー州コンウェイの地元紙ザ・コンウェイ・デイリー・サンを訪れ、編集ミーティング中にUFOとエリア5…

ヒラリー・クリントン、「地球にはすでにエイリアンが来ている」?

中都市の多いドイツ

2016/01/29  08:00

今回はドイツに中都市が多い理由と、そのような都市に本社を置いている企業について簡単に書いてみようと思います。 ドイツといえば、日本と同じく自動車産業が重要な位…

プーマとアディダスの本社がどこだか知っていますか?

中東では苦悩も

2016/01/25  10:18

ドイツは世界で兵器の主要輸出国であるというのは日本では意外と知られていない。ドイツは日本と同じ敗戦国で、ナチスによる戦争の加害国という意識は持っていながらも、現在の…

「敗戦国」ながら、武器輸出大国のドイツ

シリア問題でも発言

2016/01/24  10:15

ヨルダン王国のラーニア王妃。パレスチナ人で、クウェート生まれ。 中東で目立たないが同地域の政情の均衡に要の役目をしている国がある。周囲を6カ国(パレスチナ…

中東の「要」のヨルダンの「要」はパレスチナ出身の王妃

経済の低迷が深刻

2016/01/23  10:08

石油公社ペトロブラス社のポンプ。 世界のGDPランキングで7位にあるラテンアメリカ最大の経済大国ブラジル。しかし、現在のブラジルは厳しい経済苦境にある。ル…

ブラジル大統領、オリンピックを乗り切れるのか?

イタリア首相は盤石ながら

2016/01/20  08:00

イタリアのレンツィ首相(41才)が団長となって昨年11月にイタリアの企業経営者ら50人余りを連れてサウジアラビアを訪問した。経済ミッションである。それがコミック映画…

「なんでお前がロレックスなんだ」――イタリア首相の訪問団がサウジで口論

最近「不動産王」が注目されますが。

2016/01/19  08:00

「アパレル王」は「不動産王」を目指すのか。 ポンテガデア不動産(Pontegadea Inmobiliaria)と言っても誰もその素姓は分からないであろう…

ZARAの創業者、不動産王になる日も近い?

国家予算の1/3は軍事費

2016/01/17  08:00

2015年10月のロシア投資フォーラムにて。 1999年8月にソ連の復活を彷彿させるほどに世界政治に強く影響力を与えるロシアを築き上げる人物が政界に登場し…

プーチン人気はどこまで続くか

サウジにもゆさぶり?

2016/01/14  08:00

中東ではスンニ派とシーア派による争いが良く指摘される。 スンニ派とは血統による世襲に拘らない主流派のことで、シーア派は預言者(ムハンマド)の血を引く子孫だけが…

米国にはサウジアラビアを3分割させるプランがあった

首都が標準語ではない?

2016/01/13  15:45

今回はドイツの方言について述べたいと思います。日本と同じく、ドイツにも多様な方言が存在し、よく本や人との会話でも話題にのぼります。 Deutsche Well…

ドイツの方言について――首都ベルリンの言葉は「標準的」ではない

医学分野は40年後退

2016/01/10  09:00

チリ大統領のミシェル・バチェレ氏(右)と会談するベネズエラ大統領のニコラス・マドゥロ氏(左)。 ベネズエラの2015年のインフレは300%に達したという。…

ベネズエラの激しいインフレで、国民生活は・・・・・・。

「イデア論」について

2016/01/09  17:00

ヘルメス・トリスメギストスは紀元前3世紀~後3世紀頃の人物とされていますが、ヘルメス・トリスメギストスが書いたとされる「エメラルド・タブレット」が、プラトン(前42…

プラトンに影響を与えた「エメラルド・タブレット」

スペインから資金が逃げ出す?

2016/01/09  11:31

昨年5月、スペイン紙『ABC』が米国の経営コンサルティング会社「A.T.カーニー」が、「スペインは世界で最も魅力ある20ヶ国の投資対象国のひとつである」と評価したこ…

連立相手が決まらない?混乱が続くスペイン政局

弱肉強食の世界

2016/01/07  08:00

オバマ米政権にとって最後の年となる2016年は、行く先を暗示させるようなスタートとなった。 イスラム教スンニ派のサウジアラビアが、死刑宣告していたシーア派の指…

オバマがつくった弱肉強食の世界――サウジのイランとの国交断絶の背景にあるもの

パイプライン論争

2016/01/04  08:00

イタリアのレンツィ首相。 先月20日に行なわれたスペイン総選挙は、4年間過半数の議席でもってメルケル独首相が提唱する緊縮策を忠実に実行に移して来たスペイン…

レンツィ伊首相がメルケル独首相を激しく非難したのはなぜ?

躍動する監視網

2016/01/03  08:00

  SETI(知的生命体探査)といえば、宇宙の遠い星から送られてくる文明の存在の証拠である信号やレーザー光といった人工の光を探すのが一般的である。しかし、我々の目…

「UFOを追っかけろ!」作戦開始

新政権の行き先はどこに

2016/01/02  15:00

2003年、国内を視察したチャベス氏。 昨年12月に行なわれたベネズエラの一院制議会(定員167議席)選挙で野党連合が112議席を獲得。17年続いたボリバ…

野党連合が勝ったベネズエラの行方

サウジの改革は可能なのか

2016/01/01  12:00

最近の原油価格の下落は原油の輸入コストが以前に比べ安くなるというプラスの影響から輸入国の経済発展に貢献すると見られている。しかし、実際にはその影響は僅かだという。ハ…

原油安が揺るがす中東の均衡

今まで起きていないのは「偶然」

2015/12/30  08:00

ドイツで難民を対象に、サラフィー・ジハード主義者が聖戦への参加を募る活動をしていることを言及した政治外交アナリストのソーレン・カーン氏のレポートが、シンクタンク『G…

ドイツでシリア難民がテロを起こす可能性について――ヨーロッパでの報道から

NATOとサウジがどう出るか

2015/12/29  08:00

2015年6月、プーチン大統領と首脳会談を行ったトルコのエルドアン大統領。 イラクの元首相マリキ氏は先月、「トルコが第3次世界大戦の引き金を引く」と述べた…

トルコが第3次世界大戦のリスクをあえて冒した理由

実効性なき協定?

2015/12/28  08:00

仏・パリで開催された「国連気候変動枠組み条約 第21回締約国会議(COP21)」は、「パリ協定」を採択して閉幕した。同協定は、2020年以降の地球温暖化対策の新しい…

【社説読み比べ】温暖化対策省エネ社会と原発の扱い

混迷する南米の大国

2015/12/26  14:53

2010年、労働者党(PT)の党大会でスピーチしたルセフ氏。 ラテンアメリカで最大経済規模をもつブラジルで、同国のルセフ大統領がその職務を罷免される可能性…

ガソリンもタイヤもないフェラーリが今のブラジルだ

欧州の覇者か混乱の元か

2015/12/24  17:00

初めて議会に進出したシウダダノスのアルベール・リベラ党首(左)と、ポデーモスの党首パブロ・イグレシアス。 12月7日付スペイン経済紙『elEconomis…

スペイン国民の不満の先には、ドイツの緊縮財政とメルケル首相

ロシアとトルコの駆け引き

2015/12/21  17:00

戦闘爆撃機のSu-24。 11月24日に起きたトルコ空軍によるロシア戦闘機Su-24を撃墜したことが発端になって、11月15-16日のトルコで開かれたG2…

イスラム国の原油を日本が輸入している可能性

学問の自由と反日

2015/12/21  10:03

日米韓の三カ国の絆は、自由や民主主義といった共通の価値観に根ざしている――。 アメリカからの目線で、東アジアの国際関係について述べる時に出てくる、お定まりのフ…

アメリカにも、そろそろ「嫌韓ブーム」が必要だ

社会言語学から

2015/12/18  08:00

今年は第二次世界大戦が終わってから70年目ということで日本ではさまざまなところで先の大戦が話題にのぼっていました。それはドイツでも同様であり、今年はヒトラーの死後7…

ヒトラーがドイツ語に与えた影響――『わが闘争』が再版へ

若年失業率は30パーセント

2015/12/17  08:00

11月2日付『el Economista』は、今年のサウジアラビアの財政赤字は20%になる〉とIMFが推定していることを報じた。それにも拘らず、今年始めにはサルマン…

原油安で忍び寄るサウジの財政危機

ロシア経済の辛い現実

2015/12/15  08:00

最近のロシアの世界に与えるイメージはソ連の復活を思わせるかのようで、中東、アジア、中南米で影響力を拡大させている。 そしてウクライナでの内戦に絡み、更にクリミ…

プーチン体制は言論統制のおかげで存続している

フランスとシリアの根深い関係

2015/12/12  09:34

11月に起きたパリの同時多発テロは、あるひとつの出来事が実現されていれば、防げていたかもしれないという。 そのある出来事とは、2012年に当時のシリア政府から…

テロのおかげで、皮肉にも人気が上がった仏オランド大統領

人間らしい生き方を考える

2015/12/09  08:00

ドイツに留学をしていたときに、ドイツ人の友人と、日本とドイツの少子高齢化について話したことがありました。両国とも人口に関して同じような問題を抱えています。Frank…

欧米で寝たきりの老人が少ないと感じるのはなぜなのか

日本が支援をするための条件

2015/12/06  13:00

「歴史戦」という言葉は、かなり広がりを見せている。慰安婦問題などを使って、日本の国際的な信用を傷つけようという中国や韓国の動きに対抗していく取り組みのことだ。しかし…

​「イスラム国」問題の最終解決を考える

完璧な人間などいるだろうか

2015/12/05  13:00

プリンストン大学元学長で、第28代アメリカ合衆国大統領のウッドロー・ウィルソン。 「親日」というのは、韓国では「売国奴」とほぼ同じ意味で使われる。かつて日…

過去を消そうとする学生たち――そして誰もいなくなった?

新政権の手腕はいかに

2015/12/03  06:00

アルゼンチン大統領決戦投票が11月22日に行なわれ、マクリ候補が得票数で僅か3%という僅差で勝利した。12月10日に大統領として就任する。アルゼンチンで民主選挙が実…

アルゼンチン、マクリ新大統領の挑戦

安全か自由か

2015/12/01  08:00

11月13日にフランスのパリで起きた過激派イスラム国の犯行によるとされる同時多発テロは死者130人、負傷者350人以上という結果になった。この規模のテロ事件は200…

フランス、テロを警戒して3000人を常に監視

観光国としての実績は確か

2015/11/29  06:00

日本からスペインへの昨年の訪問者はおよそ45万人。年間に6,500万人以上の外国からの訪問のあるスペインでは日本人観光者は僅かだ。スペインはフランス、米国に次いで外…

世界の観光客を集める国、スペイン

イランとイスラエルのつばぜり合い

2015/11/27  06:00

10月11日にイランは射程距離2000kmのミサイル発射実験に成功したと発表し、15日にはそのミサイルなどを保管出来る秘密地下基地の映像を公開した。何故、今それを公…

優柔不断のオバマ政権はイスラエル支援に踏み込めるか

VWにドイツ銀行

2015/11/23  06:00

ドイツは、この15年間にGDPで21%の成長を遂げた。また政府は緊縮策によって国の歳出を制限し、1995年にGDPの55%を占めていた歳出を、現在44%にまでに減少…

ドイツの国家危機が始まった

中露連携は最悪のシナリオ

2015/11/20  08:00

ロシアがシリアでの過激派組織「イスラム国」(ISIL)の撲滅という理由で9月から軍事介入を開始している。 米国は旧ソ連が崩壊したあとのウクライナ支配を狙ったよ…

オバマが終止符を打つ、中東でのアメリカの威信

変革を臨むアルゼンチン国民

2015/11/18  21:24

ネストル・キルチネール前大統領と、クリスティーナ・フェルナンデス・キルチネール大統領。 アルゼンチンはラテンアメリカにおけるブラジル、メキシコに次ぐ3番目…

まもなくアルゼンチンで大統領選挙――ここでも中国が争点の一つに

テロと拉致

2015/11/17  19:05

フランスのパリで13日に起きた同時多発テロでは、イスラム過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出しています。   「イスラム過激派によるテロ」と言われれば、日本で…

朝鮮半島の「イスラム国」とどう向き合うか

素早かったFacebook

2015/11/16  14:07

フランスのパリで、「イスラム国」による痛ましいテロ事件がありました。犠牲になられた方々に、心から哀悼の意を捧げます。   日本でも多くの人々が、Facebook…

プロフ画像をトリコロールにしたみんなの関心をどう生かせるだろう――パリのテロ事件に思う

経済力かテロの原因か

2015/11/11  15:00

多くのシリア難民は近隣諸国に避難している。内戦のシリアから難民として出国した者はこれまで450万人いるという。その行き先の内訳は、トルコ190万人、ヨルダン63万人…

難民受け入れのメリットとリスク――ドイツの例から

酸性雨か、温暖化か?

2015/11/08  17:00

米国ではディーゼル車の市場は僅かに3%だという。一方で、ヨーロッパでは最近まで50%以上がディーゼル車である。何故、ヨーロッパでディーゼル車が普及したのであろうか?…

フォルクスワーゲン問題に揺れるアメリカ、ドイツ

「自分の国を自分で守る」大切さ

2015/11/01  12:26

「経済的徴兵」という言葉がある。オフィシャルな徴兵制を敷く代わりに、主に経済援助といった恩恵を“エサ”に兵員を集めることで、貧困層からの入隊を促すことを指す。日本の…

アメリカはもう戦えない?――広がる軍と市民との溝

大統領選の裏テーマ

2015/10/31  10:00

オバマ大統領の元上級顧問ジョン・ポデスタ氏が、退任時にツイッターで「最も悔やまれることはUFOファイルの開示ができなかったこと」とつぶやいたとき、多くのメディアが大…

元ホワイトハウス高官のエイリアン発言

商談に隠された狙い

2015/10/24  10:00

米国の世界における強みのひとつがドルと石油を結びつけて「石油・ドル本位制」を確立させたことである。その土台になったのがサウジアラビアの石油であった。 石油の最…

中国が狙う「石油・人民元本位制」習近平が訪英したことの深い意味

中東から引いていくアメリカ

2015/10/22  15:20

9月14日はイスラエルのユダヤ暦5776年目の正月に当たる日だった。イランの最高指導者ハーメネイ師は「イスラエルは25年以内に存在しなくなる」と発言したことが9月9…

「イスラエルは25年以内に中東から消える」イラン指導者の警告とアメリカの動向

上がるばかりの失業率

2015/10/20  13:00

9月4日付のスペイン経済紙『LIBREMERCADO』はこの先半年間でギリシャの30%の経営者が企業を閉鎖する危険性があると報じた。それは138,000人の雇用に繋…

ギリシャのユーロ離脱の可能性は、まだ残っている

日本寄りの国を増やす策とは

2015/10/19  19:01

10月5日に大筋合意に至った環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について、ロシア紙「Sputnik」はラテンアメリカが戦略的に分断されることになると指摘した。 …

ラテンアメリカの勢力を二分させるTPP

はるかノルウェーから参加も

2015/10/17  10:00

9月下旬にイギリスのウェスト・ヨークシャーで毎年恒例の「国際UFO会議」が開催され、この世界で著名な研究者に注目が集まった。 講演者の1人、元英国空軍のデヴィ…

UFO会議は満員御礼

日本の立ち位置は?

2015/10/10  14:39

9月25日に米ワシントンで開かれた米中首脳会談は、明確な成果が得られないままで終わった。 習近平国家主席は、中国の首脳としてアメリカで初の国賓待遇を受けたが、…

【社説読み比べ】米中首脳会談「中国脅威論は行き過ぎ」vs.「日米で中国に圧力を」

ロシアは無視できない?

2015/10/09  16:31

シリアは古代から周辺に誕生する強国によって支配されてきた国だ。 近年ではオスマン・トルコ帝国に支配され、その後フランスの統治下になった。第二次大戦後はエジプト…

​シリア紛争は今後、政治的解決に向かう

「八紘一宇」のユダヤ人保護

2015/10/08  19:33

ヨーロッパ各国に押し寄せるシリアからの難民の受け入れが大きな問題となっている。シリアでは5年近く続く内戦によって約400万人が難民として国外に流出し、国内でも家を追…

大東亜戦争の意義を語るなら、シリア難民は無視できないはずだ

歴史を知らないのはどちらか

2015/10/07  10:00

米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会は9月22日、「第二次大戦中に日本軍に強制連行され、性奴隷にされた韓国の慰安婦たちの惨禍を記念する像を設置する」決議案を、1…

「過去を認めないとは恥を知れ!」日本人を罵倒したサンフランシスコ市議の仰天発言

ネオナチが排斥デモ

2015/10/04  16:01

主にシリアからやって来る難民の対応に追われ、ドイツやEUの政治は揺れています。Frankfurter Allgemeine Zeitungというドイツの全国紙の記事…

難民への対策に揺れるドイツ

地域外交まで変えた中国との関係

2015/10/03  10:00

スタンダード&プアーズは9月9日にブラジルを投資不適格「BB+」に降格させた。投資適格の一番最後の格付け「BBB–」からの降格である。ムーディーズもひと月前に「Ba…

中国ブームはどこへやら投資不適格の国に降格したブラジル

東欧のパワー・バランス

2015/09/28  10:00

黒海に位置するグルジアのポチ港。 黒海は地政学的に重要な位置にある。現在6カ国(ロシア、ウクライナ、ブルガリア、ルーマニア、トルコ、グルジア)が黒海に面して存…

”冷戦”が続く黒海ロシアとNATOの駆け引きの場に

崩れた対中政策の前提

2015/09/26  17:00

習近平国家主席が、国賓待遇で訪米し、25日にはオバマ大統領と首脳会談を行った。国賓待遇は、元首が元首を“国のお客様”としてもてなすものだが、現在の米中関係に儀礼に見…

首脳会談米中友好はこれで最後になるか?

新たな「植民地主義」との戦いへ

2015/09/26  10:00

今年4月、ガーナで開かれた疫病対策についてのアフリコムの医療関係の協力会議。12カ国から60人以上の軍医や医療関係者らが集まった。 アフリコム(AFRIC…

中国をけん制するアフリカの米軍

スターウォーズの仲間入り?

2015/09/25  10:00

地球もやっとスターウォーズの仲間入りができる時代が来たのかもしれない。   別に惑星間の戦争に参画しようとか、エイリアンに支配されそうなので反乱を起こそうなど…

火星に行く人必携?「惑星政府打倒マニュアル」

戦いは続く

2015/09/24  20:25

米サンフランシスコ市議会は22日、慰安婦像や碑の設置を求める決議を採択し、全会一致で可決された。中国系や韓国系の市民団体が運動を行なっていたもの。現地の日系人や日本…

米サンフランシスコ市議会、慰安婦像の設置決議を可決――反対派日本人からのメッセージ

エッセンの語源、ご存知でした?

2015/09/24  10:00

日本と同じくドイツでも面白い地名がたくさんあります。ドイツ語には頭文字を大文字にして、動詞を中性名詞として使うことができるという特性があるのですが、ここでは動詞がそ…

ドイツの変な地名~「食べる」と「吐く」

シリア介入、イスラエルはどう反応?

2015/09/23  10:00

2015年6月、シリア外相とプーチン露大統領の会談の様子。 イランと欧米6カ国による核協議の最終合意は7月に結ばれたが、その前の枠組み合意が4月に交される…

プーチン大統領、アメリカ不在の中東での戦略

イラン核開発合意がもたらす中東危機

2015/09/21  10:00

7月14日、米ホワイトハウスでイラン核協議の最終合意を受けて声明を発表した後、ホールを出てゆくオバマ米大統領(右)とバイデン副大統領。 7月14日のイラン…

勢力均衡を目指すオバマ外交がイランの中東支配への道を開く

シリア難民から米大統領選を考える

2015/09/12  08:00

シリアからの難民がヨーロッパに押し寄せ、EU各国が受け入れをめぐって議論を続けている。この問題は、来年のアメリカ大統領選挙を考える上で、とても参考になるテーマを提示…

オバマの「やるやる詐欺」と、ブッシュの「いけいけミス」

米中首脳会談迫る

2015/09/11  08:00

盛大に開催された、北京での軍事パレードとは対照的に、中国海軍の船がベーリング海で初めて確認されたことについては、あまり関心をもって報じられていない。   米国防…

パレードの陰で、アラスカ沖に船を出した中国海軍その狙いは?

ドイツはどう対応しているか

2015/09/10  10:00

現在、シリアからヨーロッパ、特にドイツを目指して移動する人々が多く、ドイツやEUは難民となった彼らへの対応に追われています。ミュンヘンやフランクフルトなどドイツの大…

自分のできる範囲で難民を支援する人たち

中東はさらにグラつくのか?

2015/09/06  13:00

中東におけるトルコ情勢が不安定な状態になりつつある。 トルコはオスマン帝国の流れを汲み、ペルシャ帝国のイランと同様に、歴史において中東で重要な時代を築いた国で…

トルコで内戦の可能性も「中東の要」とアメリカの綱の引き合い

「反ファシズム戦争」と戦勝国体制

2015/09/06  08:00

国連の潘基文・事務総長が、中国が北京で開いた「抗日戦争勝利70周年」を祝う軍事パレードに出席した。以前から、潘氏は歴史認識をめぐって日本を批判する発言をして問題にな…

国連の何たるかを遺憾なく示した、潘事務総長の中国軍事パレード出席

UFOで町おこし?

2015/09/05  13:00

UFOの墜落と言えばロズウェル事件だが、実は他にもあちこちで起こっている。そんな中で、今年は"ペンシルベニアのロズウェル"と言われる事件が50周年を迎える。地元ピッ…

”ペンシルベニアのロズウェル”から50年今もささやかれるUFO事件の黒幕

スエズとパナマの運河競争

2015/09/04  18:00

エジプトのスエズ運河の拡張工事が今月完了した。1869年に開通し、1956年に当時のナセル大統領によって国有化された。全長190kmで、今回の拡張工事で35kmの新…

中国のニカラグア運河は望み薄?そもそも完成できるのか

ベネズエラの深刻な危機

2015/09/02  11:00

長く物資の不足が続くベネズエラで、ついに医薬品も深刻な不足事態が今も続いているという。5月3日付のベネズエラのノティオイ電子紙で既に同国の医師連盟会長レオン・ナテラ…

医薬品も不足しているベネズエラ、病院の医薬品不足は95%

スペイン、サウジで試運転に成功

2015/08/31  10:00

7月30日付のスペイン電子紙『Vozpopuli』は、現在サウジアラビアにて建設中のスペイン高速列車(AVE)の最初の試運転が無事完了したことを報じた。サウジアラビ…

走れ、砂漠の超特急!

なぜそのように解釈されたのか

2015/08/30  17:00

スペインを代表する通信社であるEFE通信社。 先日の終戦70周年の追悼式にて天皇陛下のお言葉の中に「深い反省」と表現されたことがスペインや中南米の紙面のタ…

戦後70周年追悼式、天皇陛下のお言葉の「異訳」

生産性についての考察

2015/08/28  13:00

私は今ドイツのミュンスターで夏休みの語学コースに参加し、ドイツ語を勉強しています。クラスにあまりアジア人はおらず国籍も皆多様です。今まで何回かドイツでの語学学校の授…

労働時間が短くともGDPは世界4位のドイツ~ミュンスターから

綱引きに挟まれたトルコと微妙な変数

2015/08/28  10:00

トルコは将来的に天然ガスのヨーロッパへの供給に2つのパイプランの建設計画をもっている。「TANAP」と「Turkish Stream」である。前者はアゼルバイジャン…

米ロの確執に揺れるトルコのパイプラインからみあう国際政治とクルド問題

中国依存は是か非か

2015/08/27  16:05

週明け8月24日の月曜日は中国が発信源となって世界規模で株価が下落した。その前触れが今月の3日間続いた人民元の切下げであった。   その結果、対ドルで4.65%…

中国経済ショック、中南米を直撃

混乱つづく?

2015/08/25  10:00

原油の価格は、3月にいったん底を打って上昇に転じたものの、再び下落している。   原油価格が極度に下落をしたのは昨年11月-12月頃からである。世界のオイル需要…

イラン核合意の余波波乱ぶくみの石油市場の行方は?

国際世論をつくる

2015/08/24  19:00

1982年に起きた英国とアルゼンチンによるフォークランド戦争では、双方から900人を越える死者を出した。そして今も両国は、この島の領有権で対立している。当時と現在の…

北方四島とフォークランドの類似性

次から次へと押し寄せる

2015/08/22  10:00

ギリシャの経済危機以上に問題になりつつあるのが難民問題である。アフリカや中東からの難民の多くがこれまでイタリアへの入国を目指していたのが、向かう先をギリシャに変えて…

財政より危機的な、ギリシャの難民問題

現地より

2015/08/20  15:39

前回の記事で述べたように私はただ今ドイツのミュンスターにいます。今回はドイツのさまざまな都市について書きたいと思います。 ドイツの面積は日本の面積の95%程度…

多様な都市が存在するドイツ~ミュンスターから

フェアな目で見た歴史とは?

2015/08/17  14:29

広島、長崎では、戦後70年目の原爆忌を迎えた。今年、「広島原爆の日」の慰霊式典には、キャサリン・ケネディ米駐日大使と共に、ローズ・ガテマラー米国務次官が参列した。同…

原爆投下「アメリカは謝罪すべき」60%露メディアが日本で調査

UFO月間

2015/08/13  16:05

1947年の6月から7月にかけて、アメリカではケネス・アーノルド事件やロズウェル事件といった世界的なUFOの目撃事件が起きたため、毎年この時期にUFOの記事がドッと…

UFO鎖国中の日本”黒船”は来るのか?

現地レポート

2015/08/12  15:01

ただいまドイツのミュンスターという街に少しの間滞在しています。この街は日本人の多いデュッセルドルフから電車で2時間ほどかかる小さな都市で、教会や旧市街など昔からの街…

伝統が息づくドイツでの生活~ミュンスターから

結局あなたの主張は何ですか?

2015/07/20  13:00

(編集部サマリー) ジョン・マケイン氏の娘であるミーガン・マケイン氏はこのほど、「共和党員も #Lovewins」というツイートを発信した。#Lov…

「わたしは保守・・・だけど」と中間層を取り込もうとする政治ってなんなんだ?

夏だ!UFOだ!

2015/07/19  13:00

「UFOの露出が激増」といっても、空ではなくメディアへの露出である。6月から7月にかけて「UFO」という言葉が毎年、世界のメディアにあふれる。(ちなみに今年の6…

夏は世界でUFOの露出が激増

ミステリーの季節

2015/07/06  10:00

夏と言えばクロップサークルの現れる季節だ。 日本ではミステリーサークルとも言われる、畑の作物をなぎ倒して作られる不思議な模様のことだ。作物がなければ模様は作れ…

毎年恒例のクロップサークル、今年も世界の畑に現る

こちらが歴史修正主義

2015/07/04  13:00

戦後70年を迎えた今年、中国は第二次大戦に日本に対して「戦勝」したことを、式典の開催などを通じて強調しようという取り組みを強化している。 中国国務院新聞弁公室…

「抗日」の歴史を強調する中国共産党「戦勝」記念日にパレード

高度すぎて分からない冗談?

2015/06/22  10:00

(写真左は2012年のCPACで演説するサラ・ペイリン。右はティナ・フェイ) (編集部サマリー) 現代では、風刺した文章はブログやソーシャルメ…

冗談が冗談として通じない時代のジャーナリズム

元閣僚の熱意

2015/06/11  10:00

カナダのモントリオール、トロント、カルガリー、バンクーバーで、ポール・ヘリヤー元同国国防相が、「アメリカは政治的陰謀で隠蔽しているUFO情報を公開せよ」と訴える講演…

カナダ元国防相、UFO情報公開を求め世界を駆け巡る

結果平等で学力格差は解消しない

2015/06/10  10:00

アメリカのハーバード大学の入学選考で、「アジア系アメリカ人への差別」が問題になっている。このほど、64の団体が連盟を組み、米教育省公民権局に対し、意義申し立てを行っ…

「できすぎる」アジア人への逆差別米ハーバード大で

核兵器が国を守るという現実

2015/06/02  13:00

世界の核軍縮・不拡散について5年に1度話し合う核兵器不拡散条約(NPT)の運用検討会議が、22日まで、米ニューヨークの国連本部で約1か月にわたって開催された。 …

【社説読み比べ】日本はいかに核を議論すべきかNPT会議の決裂から考える

日本は独自に国防強化を

2015/05/23  08:00

先月末の訪米で、中国対策を意識した日米同盟の強化を実現した安倍晋三首相の外交について、「対米追従」という批判が、言論の左右を問わずに出ている。 リベラルの側に…

オバマ大統領「温暖化がテロの遠因」

新たな日米同盟の未来

2015/05/22  13:45

「今日では、これまでになかったほどに、外交問題は国内問題になってきています」 共和党から来年の米大統領選への出馬を表明しているマルコ・ルビオ上院議員は、13日…

米大統領選「中国に自由を」と呼びかけるルビオ上院議員本当の「アジア回帰」は2017年に始まる?

歴史問題で共闘の中露

2015/05/19  08:00

ロシアの首都モスクワで9日、「対ドイツ戦勝70周年式典」が行われ、中国の習近平国家主席、北朝鮮の金正恩第1書記の代理の金永南・最高人民会議常任委員長や、ロシアと友好…

【社説読み比べ】ロシアの対ドイツ戦勝70周年式典「ロシアもドイツに見習え」という声も

「初」はヒラリーや民主党の特権か

2015/05/16  08:00

2008年2月、民主党の予備選挙中にミネアポリスで演説したヒラリー・クリントン氏。 (編集部サマリー) 民主党の大統領選候補者であるヒラリー・…

「初の女性大統領」の影に潜む、メディアの印象操作

スフィンクスはどれだけ古い?

2015/05/09  14:00

ヘルメス哲学に非常に詳しい哲学者、数学者のシュヴァレ・ド・ルービッチの研究書をわかりやすく解説したジョン・アンソニー・ウエストの『天空の蛇』という本があります。 …

古代文明は発展中ではなく既に遺産だった

聖地は2つもあった

2015/04/25  08:00

エジプトに2つも「ヘルメスの町」があったことをご存知ですか?   一つは上エジプトと下エジプトの中間点にあった「ヘルモポリス・マグナ」というところで、現在のエル…

ヘルメス思想の聖地エジプトにあった「ヘルメスの町」をご存知ですか?

言いがかり、再び

2015/04/21  17:15

米ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)が、安倍晋三首相に対し、これまで再三にわたって歴史問題での謝罪と解決を求めてきたことは広く知られている。「右翼のナショナリスト」…

歴史問題を安倍首相のせいにするニューヨーク・タイムズ訪米前に社説

留学生は「日本代表」

2015/04/15  14:00

留学中に受けていたドイツ語のスピーキングの授業では、毎回グループかペアになってあるテーマについてお互いに話し合うという時間がありました。 ある日、私はイタリア…

留学中に感じた、意見を持ち主張することの大切さ

父の地盤を広げられるか

2015/04/09  21:15

2016年の米大統領選に向け、共和党の有力候補が出馬表明を始めている。先月下旬に出馬を表明した保守派のテッド・クルーズ上院議員に続き、7日にはランド・ポール上院議員…

米大統領選相次ぐ出馬表明ランド・ポールに続き、ヒラリー・クリントンも間近か

独裁者に頼る政治は機能しない

2015/04/08  07:00

(編集部サマリー) ベネズエラでは物資不足が続いており、トイレットペーパー探しが国民的行事になっているくらいだ。 問題はマドゥロ大統領が、社会主…

トイレットペーパー探しはもはや国民的行事ベネズエラの物資不足と社会主義

3カ国が分かる人も珍しくない

2015/04/03  16:11

留学中、毎日のように私はドイツ語の授業を取りさまざまな国籍の人と共にドイツ語を学んでいました。日本の大学のように日本人学生と外国人留学生がはっきりと分けられることは…

ヨーロッパにおける多言語主義

イスラエルのネタニヤフ首相に続いて安倍首相も演説 同盟国を重視する共和党外交

2015/03/30  07:00

次のアメリカの大統領選挙までは、まだ1年半以上もある。まだ候補者が出馬表明をする時期でもない。しかしアメリカ政界ではすでに、外交の分野で政権交代に向けた準備が始まっ…

安倍首相がアメリカ議会で演説へ「オバマ後」へ準備を進める共和党

黒人やヒスパニックを採用するために基準を下げる警察

2015/03/29  07:00

(編集部サマリー) フロリダ州サラソータ州の警察署長は、有色人種などマイノリティーの警察官を増やすために、採用基準から準学士(associate d…

アメリカではびこる人種「逆差別」

プライバシーをどう守る?

2015/03/27  17:00

3月24日、スペインのバルセロナからドイツのデュッセルドルフへ向かう予定だったジャーマンウイングスの飛行機がフランスのニース近郊で墜落しました。乗客144人の中には…

なぜ被害者の顔写真を載せるのか――ジャーマンウイングスの墜落事故で感じたこと

世界の歴史に影響を与えた宗教改革

2015/03/16  07:00

私はこの1年ドイツに留学していたのですが、宗教改革には元々関心があり、ある日ヴィッテンベルクに行こうと突如思い立ち、その時訪れていたベルリンから日帰りで訪ねたことが…

あと2年で宗教改革500周年――ヴィッテンベルクを訪ねて

CPACレポート オバマ社会主義への保守派の危機感

2015/03/06  07:00

「2016年に、アメリカは戦時大統領を選ぶ必要がある」   リック・サントラム元上院議員は、半年前にイスラエルを訪問した際に、ネタニヤフ首相の顧問の1人からこう…

もし安倍首相がアメリカで大統領選に出たら共和党は「チェンジ」の6年で失われたアメリカを取り戻せるか

西洋よりも進んでいたイスラム医学

2015/03/05  07:00

血液循環説を発見したのはセルベート(1509-53)といわれていますが、その3世紀も前にアブル=ハサン・アリー・イブン・アン=ナフィース(1202-88)によって発…

血液循環説の本当の発見者はアラビア人

CPACで鮮烈に外交政策を語った注目の女性候補

2015/03/03  07:00

米ワシントンで開かれた、CPAC(Conservative Political Action Conference)に参加してきた。アメリカ保守連合(ACU)が主催…

ヒラリーを痛烈にこき下ろす元女性CEOは大統領選の目玉となれるか

WSJは自縄自縛と批判 NYTは戦争を招くと批判

2015/03/03  07:00

オバマ米大統領は、いわゆる「イスラム国」に対する軍事行動の承認を求める決議案を、議会に提出している。オバマ政権はこれまで、「イスラム国」に対して空爆で対応してきたが…

手を縛られたガリバーか、次なる戦争の入り口かオバマ大統領の「イスラム国」対策に賛否両論

父ロン・ポール氏のリバタリアン思想を引き継ぎつつ、いかに支持層を拡大できるか

2015/02/27  07:00

来年の米大統領選に向けては、まだ共和党内は混戦状態と言っていいが、各候補はどのように頭一つ抜け出すかを考えている。ランド・ポール上院議員は、他の候補に先駆けて、4月…

米大統領選ランド・ポール上院議員が出馬表明へ

「イスラム国」問題は元をたどればイラク戦争 

2015/02/26  07:00

来年に控える米大統領選は現時点で、「クリントン家」対「ブッシュ家」の争いという構図が、有力なシナリオの一つになっている。ブッシュ家からの3人目の大統領を狙う共和党の…

「3人目のブッシュ大統領」に付きまとう「イラクの影」

軍人よりもお友達、戦略よりも国内世論を重視する大統領の外交政策の行方は

2015/02/25  07:00

アッシュトン・カーター前国防副長官が17日、オバマ政権で4人目となる国防長官に就任した。イラクやシリアで勢力を広げるいわゆる「イスラム国」の問題や、ウクライナに介入…

カーター新国防長官は「どうせ影響力ない」「お友達内閣」になったオバマ政権はレガシーを残せるのか

大企業と外国政府とクリントン財団との近しい関係 大統領選に影響するか

2015/02/24  07:00

2016年の米大統領選で民主党の公認候補の本命となっているヒラリー・クリントン前国務長官について、自身が理事を務める財団の寄付金をめぐる問題が持ち上がっている。焦点…

ヒラリー・クリントン氏の財団に海外マネー次の大統領は「チャイナ・マネー」から中立でいられるか?

イスラムに言及しない過激派対策の会議で問題は解決するのか

2015/02/23  07:00

オバマ米大統領が19日にワシントンで開いた、過激派対策のサミットでは、60カ国以上の閣僚らが出席。いわゆる「イスラム国」のテロ行為を非難した上で、若者らが過激派の宣…

エジプト大統領「イスラム教には宗教改革が必要だ」オバマ大統領の“配慮”は問題解決につながるのか

それでもウクライナは勝たせられない

2015/02/16  19:00

ウクライナ東部で激化していた親ロシア派との戦闘をめぐる停戦が、15日に発効した。しかし、散発的に戦闘が行われている地域もあり、停戦が維持できるか不安の声もあがってい…

ウクライナで停戦が発効アメリカが検討する武器供与は戦闘のエスカレートを招かないか

「イスラム国」よりも大きな課題は、イランの勢力の行方

2015/02/14  07:00

いわゆる「イスラム国」は、イラクとシリアにまたがる広い範囲に“帝国”を築こうとしているが、アメリカを中心とした有志連合の反撃によって徐々に劣勢に立たされつつある。中…

「お前、核持つの?じゃあ俺も」になりかねないイランの核交渉米上院軍事委員会でキッシンジャー元国務長官が懸

富裕層を攻撃するオバマ大統領に対し、自由経済で景気を良くできると示せるかが共和

2015/02/11  07:00

3日の米ウォールストリート・ジャーナル紙(WSJ)に載っていた政治コラムのタイトルが目を引いた。そのタイトルとは、「ジェブ・ブッシュと積極的思考の力(Jeb Bus…

2016年米大統領選の結果を左右するのは、「積極的思考の力」?

グローバルスタンダードや植民地主義を欧米は反省できるか

2015/02/10  14:00

シリアやイラクで勢力を広げる、いわゆる「イスラム国」の台頭を受けて、アメリカを軸としたテロとの戦いが、再び本格化している。   日本も蚊帳の外で見ているわけには…

オバマ大統領「キリスト教徒だって十字軍をやった」と発言イスラム・テロの解決に必要な「歴史を見る目」

安倍首相の演説の検証を求める朝日と毎日 一国平和主義への後退に警鐘を鳴らす読売

2015/02/09  14:00

「イスラム国」に拉致された日本人の人質が2人とも殺害され、事件は最悪の結末となった。それを受けて、日本国内では、民主党や共産党をはじめ、安倍晋三首相の言動を追及する…

【社説読み比べ】「イスラム国」邦人人質殺害事件からの教訓

Wide Range of Articles Including Malari

2015/02/08  13:00

It was in 1967 when the United States of America sank and engulfed into the war in…

Chinese Counterfeits Flood African Markets

ヘルメス思想の広まりはイスラム教徒がヘルメス文書を守っていたことによる

2015/02/07  14:00

ヘルメス思想は、15世紀にフッチーノによって『ヘルメス文書』が翻訳され、それに伴い一気にラテン世界に大流行したと一般に言われています。背景には、「ヘルメス・トリスメ…

イスラムの力によって、イタリア・ルネサンス以前にラテン世界で大ブレイクしていたヘルメス思想

モディ首相がオバマ大統領を国賓接待 空港まで出迎える異例の厚遇

2015/02/07  07:00

アメリカとインドの間で、関係強化に向けた動きが続いている。 オバマ米大統領は、インドの「共和国記念日」の式典に、現職の米大統領として初めて主賓として招かれ、1…

親密度を増す米印関係中国対策にどこまでつなげられるか

親米派の大統領が辞任を表明し、高まるイランの影響力

2015/02/06  13:00

イエメンで、アメリカの対テロ政策が危機に陥っている。同国では「アラブの春」の時期に、それまで20年以上続く独裁政権を守ってきたサレハ大統領が退陣し、選挙を経てハディ…

オバマ政権の「テロとの戦い」は正しかったかイエメンで岐路に立つテロとの戦い

温暖化に懐疑的なマルコ・ルビオ、テッド・クルズ両上院議員が温暖化対策の鍵を握る

2015/02/06  07:00

日本では、地球温暖化は人間が発生させた温室効果ガスによるものだという考え方が、広く受け入れられている。政府や民間による世論調査でも、この問題に関心があるかを尋ねるこ…

「温暖化は人間のせいだと思う」アメリカでは50%共和党の躍進で議論が再燃?

オバマケアに対抗する代替案の他に、フラットタックスを主張 減税は選挙の争点にな

2015/02/05  07:00

2016年に行われる次の米大統領選に向けて、政権奪還を目指す共和党の動きが活発になっている。前回の公認候補だったミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事は、次期リー…

次のアメリカ大統領選の本命は誰だ?ロムニーが不出馬で、ダークホースは元脳神経外科医?

ブッシュを批判したオバマは、同じ間違いを繰り返す?

2015/02/04  07:00

いわゆる「イスラム国」の問題ですっかり影が薄くなってしまったが、シリアをめぐっては2011年から続く内戦をいかに終わらせ、アサド政権を退陣させるかという問題も残った…

シリア問題で戦略を示せずにいるオバマ大統領「ISILを破壊する」と「アサドは退陣せよ」をどう両立するのか

中世が「暗黒時代」だったのはヨーロッパだけ イスラム文明は栄えていたことを忘れ

2015/01/31  07:00

テロの問題など、「イスラム教」は誤解されやすいと思いますが、「イスラム文明」も正しく評価されていないのではないかと思います。   最近までは、「暗黒の中世」とい…

イスラムは誤解されていないか?西欧の歴史観にごまかされないようにしよう

佐藤優氏の秀逸な解析!?

2015/01/28  17:00

「イスラム国」はネットを駆使したコミンテルン 佐藤優氏の秀逸な解析!? なるほど、コミンテルン、国際組織としての位置付け。しかしなぁ.. 夕刊フジ…

「『イスラム国』はネットを駆使したコミンテルン」は正しいのか?

緊縮反対派が大勝 IMFなどの「構造改革」路線に一石も

2015/01/28  07:00

25日に投票が行われたギリシャの総選挙は、緊縮財政に反対する急進左派連合(SYRIZA)の圧勝に終わった。同党は、単独過半数には届かなかったため、反緊縮の政策で一致…

ギリシャの選挙に、ビビッているのは財務省?EUで始まった経済を国民の手に取り戻す戦い

「政府が養う」よりは民間を自由に 共和党が示すべきオバマ・鳩山路線への対抗軸と

2015/01/24  07:00

前回は、オバマ米大統領の考え方が鳩山由紀夫首相とそっくりになってきていることを紹介し、富裕層への増税について触れた。   オバマ大統領の「鳩山化」といえば、教育…

「鳩山化」するレームダックのオバマ政権(下)アメリカは誰のもの?カリブ海は「友愛の海」?

こんなに似ている、オバマと鳩山 「鳩山化」するホワイトハウス

2015/01/22  17:01

残り2年の任期を残して、「オバマ政権はすっかりレームダックになった」とよく言われる。しかし、せっかく鳥に喩えるなら、レームダック(足の悪いアヒル)よりは、鳩の方が的…

「鳩山化」するレームダックのオバマ政権(上)お金持ちを憎む左翼政権の共通項

「シャルリー・エブド」を機に考える 本当は寛容な宗教

2015/01/20  15:00

フランス週刊誌のパリ本社への襲撃事件以来、イスラム教が問題視されている。 確かに、暴力事件は許せる行為ではないが、理由もなく襲撃するはずはない。 その背…

イスラム教にもヘルメス思想が流れていた

表現の自由が成立するには、条件が2つある

2015/01/19  18:00

フランスの新聞社シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)が襲撃された事件の後、信仰と表現の自由を巡って様々な議論が交わされているようです。今回の記事では、こ…

​「いいえ、わたしはラッサナです」

『ハムレット』などでおなじみの世界の文豪をつくったのはヘルメス思想だった

2015/01/19  14:00

シェイクスピアとヘルメス思想 シェイクスピア(1564-1616)は、イギリスの劇作家、詩人であり、文学史上不朽の人間像を創造した人物である。   そして、シ…

シェイクスピアに大きな影響を与えた思想とは

「シャルリー・エブド」襲撃で仏首相が「対テロ戦争」を宣言

2015/01/18  17:00

「テロとの戦い」を掲げたブッシュ米大統領が、不人気な2つの戦争を残して退陣してから5年。世界は再び、「テロとの戦い」へと戻りつつある。 きっかけは、テロリスト…

ブッシュの退場から5年「テロとの戦い」を再び始める欧米

地元ブロガーが写真でレポート

2015/01/15  17:00

ウガンダ北部の、カルマ水力発電所で作業する中国人労働者。中国企業の中国水電は、210万ドルでダムを、2900億ドルで送電線を建設している。カバレ市の議員であるア…

【現地レポート】ウガンダの中国企業は地元を潤したか?

Chinese Investments are Eating up Local

2015/01/15  15:22

It's  now  four  decades since the then President, Field  Marshal and General Idi …

The Rise of China in Africa: Challenges, Opportunities and Lesson

ムハンマドの過激な風刺はどこまで許されるのか?

2015/01/13  13:00

フランスで起きた連続テロ事件は、「国内でのテロ計画をいかに防ぐか」「表現の自由と宗教への寛容性とのバランスをどう保つか」という課題を示したものと言える。 週刊…

「言論の自由」か「ヘイトスピーチ」か仏週刊誌テロが示す寛容な社会を創る難しさ

企業へのサイバー攻撃で国家に制裁を強める初のケースに

2015/01/07  17:00

映画製作会社「ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)」へのサイバー攻撃をめぐり、アメリカが北朝鮮への圧力を強めている。 オバマ米大統領は2日、北朝鮮…

アメリカが北朝鮮への制裁を強化

金正恩を暗殺するソニーの映画はバカ売れ

2015/01/03  17:00

北朝鮮の金正恩第一書記の暗殺を描いた映画「ザ・インタビュー」が好調だ。劇場公開に先立って12月24日に始まったネット配信では、4日間で1500万ドル(約18億円)の…

アメリカと北朝鮮水面下でサイバー戦争映画を公開させたオバマの「宣戦布告」

ウクライナ問題でも国民の支持は揺るがなかったが、経済苦が長引けばほころびも

2014/12/26  07:00

ロシアの通貨ルーブルの相場が暴落している。ロシアは豊富な外貨準備を持っているため、すぐにデフォルトに陥ることはないと見られるが、通貨危機は1998年、2008年に続…

ロシア・ルーブル大安売りプーチン政権に影響はあるか?

テロ支援国家に再指定も 金融制裁で金正恩体制を揺るがせられるか

2014/12/25  13:00

米朝関係がにわかに緊迫してきている。北朝鮮が関与していると見られる勢力が、映画会社「ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント(SPE)」にサイバー攻撃を仕掛けたこ…

北朝鮮、やっぱりテロ支援国家?ソニー映画ハッキングは北朝鮮の仕業

サウジが石油を減産しない理由 国内産業と安全保障から考える

2014/12/23  17:00

原油価格が下落しているようです。原油価格はOPECバスケットで1バレルあたり56.30ドルまで下落しました(12月18日現在)。OPECバスケットは、ここ2週間ほど…

サウジアラビアの試練

キューバとの国交正常化は米外交の大転換 注目は中米政策の前線「グアンタナモ基地

2014/12/19  15:52

年の暮れになり、2014年を総括する段階になったなあと思っていたら、アメリカがキューバと国交正常化というビックリなニュースが入ってきました。 この国交正常化が…

オバマ大統領の最後の足掻き

オバマ外交 中露を引き離す戦略はあるか 制裁だけでいいのか

2014/12/17  17:00

アメリカとロシアとの、けん制合戦が続いている。経済制裁以外にも、演説を通じた応酬も行われている。 ロシアのプーチン大統領は4日、首都モスクワで1千人を超える要…

制裁で攻撃、言葉で応酬プーチンとオバマの演説合戦

オバマ政権はイラン核交渉で外交成果を得られるか イスラム国がカギになる?

2014/12/12  17:00

11月24日が期限になっていた、イランの核開発をめぐる同国と米英独仏中露との交渉は、来年の7月1日まで期限が延長になった。今後の交渉を進める上でのひとつの課題は、イ…

アメリカがイランと組むワイルド・カード?イランがイラク領内で空爆

環境保護者か?それとも環境破壊者なのか?

2014/12/11  08:00

悲報!!ナスカの地上絵荒らされる!!! 毎年200億円以上の寄付を世界中から集める環境保護団体グリーンピースが首謀者!? これでは環境破壊団体か、環境…

悲報!!ナスカの地上絵荒らされる!!!

懲りない、やめない、蠢く(うごめく)組織!!

2014/12/03  07:00

オーストラリアに慰安婦像を!!コリアンwith 中華ロビーのリベンジ!! オーストラリアの韓国ロビー団体と中国ロビー団体が今年の4月に頓挫した慰安婦像設置運動…

オーストラリアに慰安婦像を!!コリアンwith中華ロビーのリベンジ!!

ヘーゲル国防長官も懸念 オバマ大統領はシリアでイスラム国とアサド大統領の両方を

2014/11/30  17:00

イスラム教過激派組織「イスラム国」の掃討を目指すアメリカは、イラクとシリアで空爆を行っている。 しかし、シリアはアサド大統領側と反体制派との内戦の真っ最中で、…

二匹のウサギは追えるのかシリアで二正面作戦を迫られるオバマ大統領の曖昧な戦略

産経スクープ 米政府の8年がかりの調査で慰安婦強制連行の証拠はなし

2014/11/30  13:00

旧日本軍が女性を強制的に慰安婦にしたという証拠は、日本政府が調査を行っても見つからなかった。そしてこのほど、米政府の調査でも見つからなかったことが判明した。 …

墓穴を掘った反日中国人団体14万ページ探しても、「慰安婦は性奴隷」の証拠はどこにもない

アメリカの根深い人種問題

2014/11/27  06:00

白人警官が黒人少年を射殺した事件をめぐり、アメリカの人種対立の根深さが浮き彫りになっている。 米ミズーリ州ファーガソンで、今年8月、18才の黒人少年が白人警官…

米黒人少年射殺事件警官の不起訴に激しいデモ

オバマ政権の中東政策は、更迭より構想が必要

2014/11/25  19:00

オバマ米政権は残り2年の任期を残して、間もなく4人目の国防長官を迎えることになる。オバマ大統領が24日の記者会見で、ヘーゲル国防長官の辞任を発表したためだ。中間選挙…

ヘーゲル国防長官は、「生贄」?

諮問機関が報告するアメリカを悩ますジレンマ

2014/11/23  13:00

アメリカ政界で、中国の脅威に対する警戒感が強まっている。 米連邦議会の超党派の諮問機関である「米中経済安全保障調査委員会」は、20日に発表した年次報告書の中で…

米中友好のために、同盟国を捨てるべきか

安全保障の最優先課題は地球温暖化?

2014/11/19  07:00

中国・北京で行われた米中首脳会談については、温室効果ガスの削減目標を相互が打ち出し、米中という二つの大国が、地球温暖化対策で画期的な合意を結んだと盛んに報じられた。…

暴走するオバマの温暖化外交が、中国の脅威を野放しにする

原油価格で神経戦

2014/11/18  07:00

原油価格の低迷が続いている。国際エネルギー機関(IEA)は14日に発表した月報の中で、原油価格の下落が来年にかけて続く可能性があり、かつての高水準に戻ることは考えが…

サウジの意地がシェール・バブルを潰す?

25年で発電量6割増と試算

2014/11/17  17:00

鹿児島県の川内原発が年明けに再稼働にこぎつけるが、全国的に原発への反対運動も根強い。「今すぐ原発をゼロにしろ」という声も聞こえるが、世界では今後もエネルギーを原発に…

増え続ける世界の原発とどう付き合うか

共和党から「弱腰大統領」への突き上げは必至

2014/11/16  17:00

イラクやシリアで勢力を広げているイスラム過激派組織「イスラム国」については、米軍の空爆だけでは掃討できないという声が強まっている。今度は、米軍トップの口から地上軍の…

イスラム国対策米軍制服組トップが地上軍派遣の可能性に言及

米国中間選挙後、なぜすぐ訪韓か?

2014/11/15  18:00

悲報! 慰安婦像建立の米グレンデール市一行 韓国友好都市訪問!? 世界初の海外での慰安婦像設置の市長さん達・・・・韓国訪れ、絶賛旅満喫中!! 世界よ!こ…

米国中間選挙後、グレンデール慰安婦像設置の市長ら、なぞの韓国訪問を決行!

米中首脳会談は協力とけん制

2014/11/15  13:00

ケリー米国務長官が「米中関係は世界で最も重要だ」と発言するなど、米中関係の改善によって世界の問題を解決できるようにしようという意見は根強い。しかし、協力できる要素は…

握手しながら繰り出すジャブ

オーストラリアが潜水艦で日本と組む事情とは?

2014/11/13  08:30

今回の記事は、オーストラリア海軍が日本の潜水艦を導入するのではないかという記事から、話を進めていきたいと思います。 アボット政権下におけるオーストラリアの安全…

アボット首相の現実的な選択

経済政策が共和党の命運を握る

2014/11/11  16:00

米中間選挙は、オバマ大統領の不人気のあおりを受けた民主党の大惨敗で終わり、同党は上院の過半数を失った。2016年に行われる次の大統領選までは、大統領か議会の共和党か…

ねじれのアメリカ政治、突破口は?

イスラム国対策で戦力の逐次投入

2014/11/11  07:00

イラクやシリアで勢力を拡大する過激派組織「イスラム国」に対する米軍の空爆作戦が始まって、8日で3カ月が経った。しかし、同組織の勢いは衰えを見せず、シリア北部まで影響…

オバマは本気なのか?

失業率改善も、長期失業は高止まり

2014/11/10  17:00

アメリカ経済の順調な回復が続いている。   米労働省が7日に発表した10月の雇用統計は、失業率が5.8%と、約6年ぶりの低水準となった。また非農業部門の雇用者数…

アメリカ経済回復実感するには早い?

真犯人は、CO2?

2014/11/09  13:00

地球温暖化の深刻さと取り組みについて、世界的に関心が高まっている。 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は2日、地球温暖化の科学的な評価と対策を盛り…

残り時間は30年?温暖化でIPCCが警告

「それでも前に進むしかない」

2014/11/08  15:00

米ヴァージン・ギャラクティック社の民間宇宙船が、先月末に墜落する事故があったが、同社は今後とも宇宙事業を継続する意向を明確にしている。 同社のジョージ・ホワイ…

墜落後もあきらめない民間が主導するアメリカの宇宙開発

宗教を装った殺人集団の実態

2014/11/06  07:00

イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」が、イラク西部のアンバル県で、同じスンニ派だが同組織に敵対するアルブニムル族を襲撃し、これまでに女性や子供を含む322人…

イスラム国見せしめに部族虐殺

死に体のオバマ政権

2014/11/05  14:43

米メディアの報道によれば、4日に行われた米中間選挙で、共和党が上院で6議席以上を積み増しし、過半数を確保した。下院でも過半数を維持する情勢で、議会の両院とも共和党の…

共和党が上下院とも過半数米中間選挙

外出禁止は是か非か

2014/11/05  13:02

エボラ出血熱の世界的な流行が続いている。 WHO(世界保健機関)は、10月末の時点で、西アフリカを中心に感染が広がっているエボラ熱の感染やその疑いのある人が1…

カナダがエボラ熱対策で入国制限豪に続き

アメリカの歴史教科書はこんなに偏向していた!

2014/11/04  17:39

昨日の産經新聞のスクープですが、こちらもロスアンゼルスからの記事です。最近連発ですね!!かっちょいい!! 11月3日 産経新聞 米教科書に「強制連行」「2…

LA発!米教科書に「強制連行」「20万人の日本軍慰安婦」の行方

制裁はプーチン政権を動揺させるか?

2014/10/24  18:56

ロシアのシルアノフ財務相は22日、ドル不足、ユーロ不足に対応するため、外貨預金の入札を実施することを明らかにした。欧米からの制裁で苦しい経済状況にあるロシアでは、通…

ロシア外貨不足

2年後の米大統領選は早くも混迷模様?

2014/10/15  13:06

中間選挙を来月に控えたアメリカでは、すでに2年後の大統領選挙を見越した駆け引きが始まっている。民主党はヒラリー・クリントン前国務長官が圧倒的な支持を集める一方で、共…

共和党ではロムニー待望論も

言論の自由のために戦った先人への冒涜

2014/10/14  11:48

韓国検察が、出国禁止処分にしている産経新聞の加藤達也・前韓国支局長の在宅起訴に踏み切った事件について、国際的な批判が相次いでいる。 ソウルに駐在する外信記…

韓国産経前支局長の起訴に国際的批判が相次ぐ

印パの友好のかけ橋になれるか

2014/10/13  11:40

ノルウェーのノーベル賞委員会はこのほど、2014年のノーベル平和賞を、パキスタンのマララ・ユスフザイさんとインドのカイラシュ・サトヤルティ氏に授与することを発表した…

「ノーベル平和賞」は、マララさんとサトヤルティ氏に

中国のプロパガンダ機関

2014/10/09  13:07

アメリカの大学で、「孔子学院」が相次いで閉鎖されている。9月27日にはシカゴ大学、今月2日にはペンシルベニア州立大学が閉鎖を決めた。   孔子学院は、中国が「ソ…

アメリカの大学で孔子学院の閉鎖が相次ぐ

治安悪化に歯止めをかけられるか

2014/10/03  14:03

アメリカとアフガニスタンはこのほど、2015年以降も米軍の駐在を可能にする「米・アフガン安全保障条約」に署名した。 アフガニスタンではアシュラフ・ガニ元財務相…

アフガン新政権米軍駐留を認める

自分の失敗の後始末に追われるオバマ

2014/09/17  15:24

イラクやシリアで勢力を拡大しているイスラム過激派「イスラム国」に対して、オバマ米政権が掃討作戦を本格化させている。14、15日の両日、米軍はバグダッドの南西部で、「…

アメリカが「イスラム国」対策に本腰

学者や記者が訪英して視察も

2014/09/16  16:22

18日に行われる英スコットランドの独立を問う住民投票は、世界中の独立運動を活気づける可能性がある。それは日本とも無縁ではない。沖縄を日本から独立させる「琉球独立論」…

スコットランド独立に色めき立つ沖縄の活動家

プーチンを追い詰めることの逆効果

2014/09/06  16:15

ウクライナ内戦の停戦が5日に成立した。今回の停戦をめぐっては、制裁などで経済的に傷ついたロシアがいったん事態の鎮静化を目指し、譲歩した面がある。これを契機に、ウクラ…

経済制裁は侵略を止めるか、戦争を招くか

「民主主義を広める」アメリカの“善意”は脅威にもなる

2014/09/06  16:14

内戦が続くウクライナで、東部で独立を目指す親ロ派武装勢力と政府との停戦が実現した。今回の停戦を機に、危機が収束に向かうのかが注目される。 鍵を握るのは欧米、特…

ロシアから見たウクライナ問題

「原発いらない」が日印関係を阻んでいる?

2014/09/03  16:39

モディ印首相の来日で、日印関係が進展を見せている。 1日には首脳会談が行われ、共同宣言には「特別な戦略的パートナーシップ」という文言が盛り込まれた。友好国との…

4年間たなざらしの原子力協定、今回も合意を見ず

貯金が好きなドイツ人は“禁じ手”に不満

2014/06/09  13:48

欧州中央銀行(ECB)は5日、定例理事会を開き、デフレ防止のための政策を発表した。ECBは2%のインフレ目標を定めているが、4月のEUのインフレ率は0.5%にまで落…

EUは「マイナス金利」でデフレを防げるか

「中国の脅威」は“でっち上げ”か 数字から考える

2014/06/07  13:39

米国防総省は5日、中国の軍事活動に関する年次報告書を発表。中国の軍事力強化が進んでいるとして、警鐘を鳴らした。これに対して中国国防省は、「中国の軍事的脅威を騒ぎ立て…

ペンタゴンのレポートに噛みついた中国

TOP NEWS

すでに10年服役。78歳。

2017/05/12  10:50

アルベルト・フジモリ元大統領の恩赦は実現するか

物事をどこから考え始めるか

2017/04/02  19:24

ぶつかり合う「幸福とは何か」――イギリスのEU離脱から

絶対的君主「スルタン」の誕生?!

2017/05/05  10:17

独裁体制を固めるトルコのエルドアン大統領

「学校を選ぶ自由」を認めるべき

2017/04/21  10:38

教育の自由

それでもまだまだ少数

2017/04/02  19:49

変わろうとする学校